浜理薬品工業株式会社ハマリヤクヒンコウギョウ

浜理薬品工業株式会社

医薬品、化学、化粧品、食品、有機合成、ペプチド合成
業種 医薬品
化学/化粧品/食品
本社 大阪

先輩社員にインタビュー

研究開発部 合成第2グループ
N ・ T
【出身】岡山大学大学院  自然科学研究科化学生命工学専攻 卒
【年収】非公開
これが私の仕事 医薬品原薬や中間体の研究開発
研究開発部の主な業務内容としては、医薬品原薬や中間体の受託検討、製法検討になります。
高品質の製品を安定して得るために、合成ルートや反応条件、精製条件などの検討を日々おこなっており、実験の際は細かな観察やデータ取りが求められます。検討を重ねて良好な結果や重要な知見が得られたときは、仕事の面白さを感じることができます。
また、検討した品目を工場で製造することもあります。スケールアップするとラボと違う結果になったり、実験では見られなかった現象が起きたりすることもあるため、大変なことも多いですが、製品が無事得られたときの喜びや達成感は非常に大きいです。
担当テーマによっては顧客と直接やりとりする機会もあるので、そういった面でもやりがいを感じることができます。
 
だからこの仕事が好き!
一番うれしかったことにまつわるエピソード
初めての製造テーマでお客様に無事製品を出荷できたとき
入社3年目のときに受託製造の新規テーマを担当しました。生産拠点での製造の研修はありましたが、自分が主担当として製造に関わるのは初めてでした。当初は製造に向けた準備や段取りなどわからないことだらけでしたが、上司や先輩のサポートもあり、なんとか製造を開始することができました。製造は失敗してしまうと会社にとって多大な損失になってしまうため、プレッシャーも大きかったですが、責任感をもって取り組みました。
製造が始まってからも予期していないトラブルが起きましたが、なんとか製造をやりとげることができ、目的の品質の製品をお客様の元へ無事出荷することができたときはとても嬉しかったです。
また、会社の売上に少しでも貢献することができ、大きなやりがいを感じました。
 
ズバリ!私がこの会社を選んだ理由  ここが好き 会社の雰囲気と自分のやりたいことと一致していたから
就職活動をおこなうときに企業を選ぶ上でいくつかポイントがありました。
まずは、学生時代有機合成の研究室に所属していたため、その知識や経験を活かせることです。また、ラボ検討だけでなく、自分が検討したものを製造までスケールアップするところまで関わることができることも大きなポイントに挙げていました。
浜理薬品はそれらのポイントに合致していたこと、また、採用試験の際に出会った社員の方々の印象が非常に良かったこと、一次面接の際に研究室を丁寧に案内してもらい雰囲気の良い職場だと感じたことから「この会社で働きたい」と強く思うようになりました。
 
これまでのキャリア 入社1年目は研究開発部に所属→2年目は生産拠点にて製造研修→3年目から再び研究開発部に所属(現職・現在入社4年目)

この仕事のポイント

職種系統 応用研究・技術開発
仕事の中身 ヒトの美容や健康を支える仕事
仕事のスタイル 慎重さと正確さが問われる仕事
仕事でかかわる人 その道のプロと呼ばれる人と一緒に進める仕事
仕事で身につくもの 客観的に整理・分析する能力が身につく仕事
特に向いている性格 何事にも粘り強さで勝負する人向きの仕事

先輩からの就職活動アドバイス!

最初から絞ってしまうのではなく、幅広く企業や業界を調べたりいろいろな企業の説明会に足を運んだりしながら、本当にやりたいことや企業を選ぶポイントを明確にすることが大事だと思います。
そうすることで、企業の優先度や志望度が明確になり、就職活動がスムーズに進みますし、入社前後のイメージのギャップも少なくなると思います。
うまくいかない時期もあるかもしれませんが、焦らず前向きにがんばってください。

浜理薬品工業株式会社の先輩社員

医薬品原薬の品質管理

品質保証部 品質管理課
T・S
近畿大学 農学部バイオサイエンス学科

入社5年目 お薬の原薬(有効成分)を製造している企業です

営業開発部営業第二課
M・T
宇都宮大学大学院 工学研究科物質環境化学専攻

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になる 気になるリストに追加済
閉じる
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
閉じる