エネサーブ株式会社
エネサーブ
2022

エネサーブ株式会社

大和ハウスグループ/エネルギー/電力設備・小売/省エネ・環境
業種
電力・電気
エネルギー/安全・セキュリティ産業/メンテナンス・清掃事業
本社
滋賀
インターンシップ・1day仕事体験の評価(-件)
総合評価 - 評価が高い項目 -

私たちはこんな事業をしています

<最適なエネルギーソリューションをワンストップで提供する総合エネルギーサービス企業>

電気設備の保守点検、省エネルギー、電力小売。3つの事業を柱に、
企業の心臓を守る「エネルギーのドクター」として存在感を高めている企業です。

電力設備の安全とエネルギーの有効利用を促進することで
エネルギーコストの低減と地球環境保全を目指し、
全国約4,000社のお客様のエネルギーインフラを支え続けています。

当社の魅力はここ!!

事業・商品の特徴

あの有名な企業も、あの有名な大学も、私たちのお客様です。

<電気設備の保守点検事業>は、当社設立当初からの主力事業。独自の「24時間遠隔監視システム(G-Pacs)」を活用し、企業や施設の電気事故を未然に防ぐ点検や提案を行っています。2004年スタートの<電力小売事業>は、今まさに拡大期。電力完全自由化により急速に取引が増加しています。さらに、<省エネルギー事業>は、地球環境問題がクローズアップされている時代に欠かせない事業として存在感を高め、防災対策である<BCP対策事業>も昨今の自然災害を背景に新たな柱として着実に成長中。業界でも数少ない「総合エネルギー企業」である当社は、企業の心臓を守る『エネルギーのドクター』として、多くの企業に頼られる存在です。

仕事内容

多くの人が行き交うビルや工場の活動を<技術>で支える誇り

<技術>の仕事は、電気のある当たり前の社会を支えること。電気を安定して供給する為、電気設備の保守点検をし、安全を確認しています。商業・オフィスビル、工場、太陽光発電所等あらゆる施設で活躍して頂きます。設備によって点検方法も異なり、電気を止めない活線点検や復旧のための緊急対応等、ひとつとして同じ現場や繰り返しの作業はありません。電力は、社会活動の基盤となるエネルギーインフラ。「大手のお客様が多く、『自分の仕事がこの企業活動を支えているんだ』とワクワクする」「担当した駅ビルで多くの人が行き交う様子を見て、『社会を支える仕事ができている』と実感した」先輩達の声が、この仕事のやりがいを表しています。

仕事内容

大規模施設を担当すると<知識>や<提案力>も磨かれる

<営業>はお客様である企業や団体に対し、電気設備の保守点検、電力小売、省エネなど、電力に関する非常に幅広い提案を行います。ひとつの案件で扱う金額は、数百万~数億円単位。まずは、営業以外の事務などを含めた一通りの流れを学び、先輩と一緒に案件を積み重ねていきます。お客様としっかり会話し、正確にニーズを把握することが最善の提案に繋がる近道。電力供給のブレーンとしてお客様の信頼を得られることが何よりの喜びです。「挑戦的な大規模案件が知識や提案力を磨いてくれる」「桁違いの取引額案件は、やりがいも桁違い」と先輩は語ります。お客様に誠実に向き合い、学び続けることで、あなたもこの言葉を実感する日が必ず来ます。

会社データ

事業内容 総合エネルギーサービス業
1.電力設備の保守・点検代行サービス業務
2.電力小売事業
3.電力負荷平準化、省エネルギー化、CO2削減化に関する調査、 
 実施案の策定、提案と実施
4.分散型自家用発電装置の販売、施工、整備、レンタル業務
5.そのほかエネルギー関連の総合サービス
設立 1965年12月
資本金 76億2,950万円
従業員数 245名(2020年6月1日現在)
売上高 474億274万円(2019年3月期)

【経常利益】
8億2,940円
代表者 井上 博司
事業所 仙台事業所、埼玉事業所、千葉事業所、東日本支社(東京)、横浜事業所、名古屋事業所、京滋事業所、大阪事業所、電力小売推進部(あべのハルカス33階)、中国事業所、福岡事業所、南九州出張所、エネルギーセンター(大津・綾部・天道)
平均年齢 44.2歳(2020年6月1日現在)
平均勤続年数 9.2年(2019年12月1日現在)
沿革 1965年12月 「関西精密計測株式会社」を設立。電気設備保守点検代行サービス業務を開始
1970年    日本万国博覧会で各パビリオンの電気設備の検査一式を受託
1981年    安全保障への貢献により科学技術庁長官賞を受賞
1984年    他社に先駆け「分散型自家用発電装置」(オンサイト方式)を開発
1986年    CMS(Computerized Maintenance System/24時間遠隔監視システム)を開発。
2000年8月  ナスダック・ジャパン市場(現・ヘラクレス市場)に上場
2001年7月  天道工場が「ISO 14001」の認証取得
2001年8月  東京証券取引所 市場第一部に上場
2002年3月  天道工場が「ISO 9001」の認証取得
2003年11月 特定規模電気事業者(PPS)として経済産業省に届出
2004年4月  大津エネルギーセンターを開設。電力小売事業を開始
2005年8月  綾部エネルギーセンターを開設
2006年1月  天道工場内に天道エネルギーセンターを開設
2007年2月  A重油によるオンサイト発電事業から撤退完了
2007年3月  本社機能を滋賀県大津市に移転
2007年5月  大和ハウス工業株式会社の連結子会社化
2008年4月  CO2排出量計測・電力設備監視システム(G-Pacs)を販売開始
2008年11月 大和ハウス工業株式会社の完全子会社化
2009年8月  東京都地球温暖化対策ビジネス事業者として登録
2009年10月 本社敷地内にデモセンターを開設
2010年7月  多機能次世代型 大型リチウムイオン電池システム(e-Libs)を販売開始
2014年5月  環境省「二酸化炭素削減ポテンシャル診断事業」の診断機関として登録
2015年6月  「エネルギー使用合理化等事業者支援補助金」事業のエネマエ事業者として登録
2016年4月  経済産業省「小売電気事業者」として登録
ホームページ http://www.eneserve.co.jp/
【WEB開催】 【ご来社不要!】新型コロナウィルス対策として、1DAY仕事体験はWEBで開催します。全国より安全にご参加いただけます。まずはリクナビでエントリーの上ご予約ください。
気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました

ログイン・会員登録

ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
まだ会員でない方は
会員登録(無料)

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)