株式会社鹿児島銀行カゴシマギンコウ

株式会社鹿児島銀行

九州フィナンシャルグループ
業種 地方銀行
本社 鹿児島

先輩社員にインタビュー

日向支店
山崎 辰也
【出身】福岡大学  経済学部 経済学科 卒
【年収】非公開
これが私の仕事 個人や企業のお客様への貸出や資産運用の提案
私は、個人や企業向けの営業担当として、会社員や自営業、ご退職された方など、年代も職種もさまざまなお客様と毎日接しています。例えば、ご年配のお客様であれば、老後の生活資金として今ある資産をどのように運用していけば良いかを一緒に考え、また、住宅ローンを返済中のお客様であれば、住宅ローンの借り換えによる返済額の見直し等をご提案しています。
お客様との会話の中から、お客様自身が気付かれていない潜在的なニーズを私が見つけ、一人ひとりに合ったプランをご提案していくことで、「お客様の満足につなげていく」ことが私の仕事です。
 
だからこの仕事が好き!
一番うれしかったことにまつわるエピソード
営業の仕事を通じて「人と人とのつながり」に日々感動
営業の仕事の面白さは、お客様のニーズに合ったプランを作成し、その提案を通じてお客様に喜んでいただけることに尽きます。複数の金融機関から住宅ローンの借り換えのご提案を受けられたお客様が、最終的に当行でお申し込みをされた際、「あなただからお願いする。」と言っていただき、胸が熱くなったこともありました。ときには、お客様から別のお客様をご紹介いただいたり、私が他の支店へ異動する際に感謝の言葉をいただいたりと、営業という仕事を通じて、日々「人と人とのつながり」に感動しながら仕事をしています。それが私のエネルギーの源となっています。
 
ズバリ!私がこの会社を選んだ理由  ここが好き 研修制度が充実し、行員一人ひとりを大切にする会社
私はもともと金融機関で働くことを志望していました。鹿児島県外の大学に通っていた私にとって、地元鹿児島の金融機関である「鹿児島銀行」は一つの候補でした。最終的に入行の決め手になったのは、「研修制度が充実し、行員一人ひとりを大切にする会社」だと思ったからです。例えば、行内人材公募制度(ポストチャレンジ・トレーニーチャレンジ)という専門分野への人材派遣制度や行内外への短期・長期研修制度が整備され、キャリアアップを図るプログラムが充実しています。私もこの制度を利用して「上海トレーニー」に応募し、上海で2年間、鹿児島の企業が中国へ進出する際のサポートをさせていただきました。海外での勤務は、日本とは違う刺激があり、物事を多面的に見ることができるようになり、現在の営業の仕事に活かされていると感じています。
 
これまでのキャリア 【吉野支店】(3年)→【米ノ津支店】(2年4ヶ月)→【鴨池支店】個人・法人営業(1年8ヶ月)→【上海駐在員事務所】(2年6ヶ月)→【本店営業部】(1年5ヶ月)→【日向支店】個人営業(現職)

この仕事のポイント

仕事の中身 日常生活や身の回りで欠かせないモノやサービスを扱う仕事

先輩からの就職活動アドバイス!

「まず自分の足で動いてみること」を大切にして下さい。現在の就職活動では、インターネットの情報でその企業を判断してしまう傾向があると思います。インターネットから得られる情報も重要ですが、自分の足で動き、実際に見て集めた情報というのは「自分で確かめた本当の情報」であり、面接での受け答えに自信を持って臨むことができると思います。

株式会社鹿児島銀行の先輩社員

銀行の“収益”を管理・サポートする仕事

経営企画部 収益管理室
岡本 恒平
慶応義塾大学 理工学部 機械工学科

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になる 気になるリストに追加済 インターンシップ・仕事体験エントリー
閉じる
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
閉じる