株式会社鹿児島銀行カゴシマギンコウ

株式会社鹿児島銀行

九州フィナンシャルグループ
業種 地方銀行
本社 鹿児島

先輩社員にインタビュー

経営企画部 収益管理室
岡本 恒平(32歳)
【出身】慶応義塾大学  理工学部 機械工学科 卒
【年収】非公開
これが私の仕事 銀行の“収益”を管理・サポートする仕事
銀行は、お客様のより豊かな人生をサポートすることで“収益”を生み出しています。例えば、親が我が子の将来のために備える定期預金、夢のマイホーム実現をお手伝いする住宅ローン、先代から受け継いだ会社を営むための資金の融資などがあげられます。このように、銀行がお客様の夢の実現に向けてお手伝いした結果得られた銀行の“収益”を管理するのが私の仕事です。各支店の収益状況を管理し、時には、他の部署と連携するなどして各支店をサポートしています。お客様に満足していただくことの積み重ねが当行の“収益”につながるため、それを管理・サポートする役割を担うことで、間接的ではありますが、お客様への満足度を高め、また、銀行の掲げた収益目標を達成することにやりがいを感じています。
 
だからこの仕事が好き!
一番うれしかったことにまつわるエピソード
銀行の各支店の仕事を左右する大きな仕事
私の仕事の一つに、各支店の“収益”の予算を策定する仕事があります。この仕事は、お客様の目に直接触れることはありませんので、銀行の仕事でいうと、まさに裏方の仕事にあたります。しかし、お客様と直接触れ合う各支店の予算を策定することは、間接的にその支店とお客様との関わりや、お客様から見た当行の印象を変えられることだと思い、この仕事にやりがいを持って取り組んでいます。重要で責任を感じる仕事であり、お客様を想いながら、各支店をより良く変えていけるように働きかけること、それが今の仕事のやりがいにつながっています。
 
ズバリ!私がこの会社を選んだ理由  ここが好き 一緒に働きたいと思う先輩行員との出会い
私は大学入学を機に、初めて鹿児島県外で生活しました。その生活は私にとって非常に魅力的で、就職も鹿児島県外でするのが当たり前のように感じていました。そんな私が当行の説明会に参加したのは、「地元の企業も1社くらいは見てみようか」という軽い気持ちからでした。その説明会では、入行5年目の先輩行員に質問できる時間が設けられており、私のグループを担当した先輩は、鹿児島銀行のことを真っ直ぐに、かつ丁寧に説明してくれました。そのとき抱いた「こんな先輩がいる会社なら、他にも良い行員はたくさんいるだろう。」という自分の直感に従い、鹿児島銀行への入行を決めました。長く勤める会社は、人間関係が大切だと思ったからです。ちなみにですが、現在、その説明会で出会った先輩行員と同じ部署で働いています。
 
これまでのキャリア 【宮崎支店】後方業務・店頭営業(2年5ヶ月)→【西紫原支店】個人営業(2年)→【熊本支店】法人営業(2年2ヶ月)→【総合企画部収益管理室】営業店収益管理(現職)

この仕事のポイント

職種系統 財務・会計・経理
仕事のスタイル 慎重さと正確さが問われる仕事
仕事で身につくもの 客観的に整理・分析する能力が身につく仕事
特に向いている性格 何事にも粘り強さで勝負する人向きの仕事

先輩からの就職活動アドバイス!

学生の皆さんに伝えたいことは一つ。「義を言うな(鹿児島弁で「文句を言うな」です)」です。要は、社会人になったら「言われたことはどんなことでもまずはやってみる」という覚悟を持って就職活動に臨んでほしいということです。

株式会社鹿児島銀行の先輩社員

個人や企業のお客様への貸出や資産運用の提案

日向支店
山崎 辰也
福岡大学 経済学部 経済学科

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になる 気になるリストに追加済 インターンシップ・仕事体験エントリー
閉じる
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
閉じる