株式会社日能研ニチノウケン
業種 教育関連
商社(教育関連)/その他サービス/コンサルタント・専門コンサルタント/出版
本社 神奈川

先輩社員にインタビュー

学習スタッフ
東川 高弘(34歳)
【出身】法学部 法律学科 卒
【年収】非公開
これが私の仕事 子ども達一人ひとりと向き合う学習支援
教室の学習スタッフをしています。マニュアルのない中で「その子」と「その保護者」のことを考えた学習支援で、学習・合格をサポート。また、教室の生徒募集業務全般も行っています。子どもや保護者に直接関わるだけではなく、自分以外の学習スタッフや各クラスの教務スタッフを含めたチームをディレクションすることも大切な仕事です。
 
だからこの仕事が好き!
一番うれしかったことにまつわるエピソード
試験前の子を励ましたい、という思いが通じて感激しました
中学入試の本番で、まさかの不合格が二度続いてしまった子がいました。三回目の試験の朝、受験する学校の入り口まで応援に行ったところ、うつむいているその子の姿があったんです。落ち込んだ顔を見ていると、その子を励ますための特別な言葉はどうしても出てこなくて「頑張ってこいよ」としか言えませんでした。結果的にその子は、みごと合格。お母様がわざわざ電話をくださり、「東川さんが声を掛けてくれたことが、子どもの勇気につながりました」とお礼の言葉をいただきました。私自身は気持ちに言葉がついていかず、もどかしい思いをしていただけに、思いはちゃんと通じていたのだとわかって…。あの時は嬉し涙が出て来ましたね。
 
ズバリ!私がこの会社を選んだ理由  ここが好き 子どもたちの合格の先を考える、という会社の姿勢に共鳴して
「誰かに影響を与えたい」「私という人がいて良かったと思われたい」という気持ちがあったので、就職にあたっては「自分だからこそできる」と言えるような仕事をしてみたいと考えました。そして、それがいちばん実現できそうな教育業界を選択。塾を検討する中では「合格者を何名出すために……」といったフレーズばかりが目についたのですが、そんなとき「合格を超えての進学」という日能研の言葉に行き当たって、ハッとしましたね。実際に現場で働いている先輩と話をしても、合格のことだけでなく「個々の子どもの中身をしっかり見ている」と実感できたんです。合格の先を見据えた「進学準備教育」という姿勢に共鳴して、入社を希望しました。
 
これまでのキャリア 子どもの学びをつくることは何でも仕事。教室やチームのマネジメントもしています。

この仕事のポイント

仕事の中身 人の成長やスキルアップ、キャリアアップをサポートする仕事
仕事のスタイル 自分の仕事を自分で決めていく仕事
仕事でかかわる人 子供と接する機会が多い仕事
仕事で身につくもの 交渉力・折衝力が身につく仕事
特に向いている性格 最後まで自分でやらないと気がすまない人向きの仕事

先輩からの就職活動アドバイス!

「自分を飾って入社できたものの、実際には自分に合わない職場だった」。これは、私が学生時代の友人たちからしばしば聞く話です。入社後につらい思いをするよりも、ありのままの自分を受け入れてくれる会社を選ぶのがベストだと思います。もちろんそのためには、ありのままの自分が何なのか、を知っている必要があるし、それを相手に伝えようとする必要がありますが…。最後まであきらめずに、頑張って就職活動を行ってください。

株式会社日能研の先輩社員

子どもの数だけ学びの方法があります。

学習スタッフ
中島 綾子
法学部 政治学科

子どもの学びを真ん中にした教材作り

モデレーター/研究開発本部
森垣 諒二
文学部 日本文学科

子どもたちと一緒に学びの場をつくっています

モデレーター
宮下 英恵

子ども一人ひとりが学びやすい環境づくりをする

砂田勇気

子どもの学びに一番近くで関われる、子どもの学びに寄り添う仕事

田丸みなこ

子どもの学習支援およびイベントの企画や集客などに関する営業全般

坪井大智

先輩社員をすべて見る

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になる 気になるリストに追加済
閉じる
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
閉じる