公益財団法人日本国際教育支援協会
ニホンコクサイキョウイクシエンキョウカイ
2022
業種
団体・連合会
公社・官庁/教育関連/その他金融
本社
東京

私たちはこんな事業をしています

■教育支援のフロントランナーとして、学生、国際間理解に貢献■
わが国の教育・学術の発展並びに国際間の理解と親善に寄与することを目的に、国内外の学生に対し奨学金、保険等の支援を行うとともに、日本語教育の水準の向上に必要な事業を行っています。

当社の魅力はここ!!

企業理念

わが国の教育・学術の発展や国際間の理解と親善に寄与

本協会は、わが国の教育・学術の発展ならびに国際間の理解と親善に寄与することを目的に設立されました。日本人学生及び外国人留学生等に対して必要な援助を行うとともに、「日本語能力試験」をはじめとする試験の実施・運営にもあたっています。平成24年からは公益法人制度改革にともない公益財団法人に移行し、日本人学生及び外国人留学生等に対する支援を、より拡充させてきました。私たちは幅広い支援の中心的主体となって活動することにより、各事業のさらなる充実・発展に努めるとともに、今まで以上に社会に貢献していきたいと思っています。

事業・商品の特徴

日本人学生及び留学生、日本語学習者のための幅広い事業を展開

約50人の少数精鋭の団体で、年間約1000人への奨学金支給、全国の大学の約9割280万人が加入している学生向けの保険(通称「学研災」)、日本学生支援機構の奨学金の利用者の約半数が利用する機関保証事業等、幅広く、規模の大きな事業を展開しています。また、外国人の日本語能力や日本語教育の水準向上を目的とする試験の実施・運営を行い、日本語教育のインフラを整えています。1人1人の職員が重要なプレーヤーとなり、学生の未来、日本語教育の未来に貢献できる、やりがいの大きな仕事ができる団体です。

仕事内容

教育支援事業の舵取り

幅広く展開する教育支援事業の舵取りとなって活躍。学生生活の柱となる各種事業の遂行にあたっては、大学等の教育機関と連携をしながら、情報収集、事業の企画から、連絡調整、資料作成、広報、実施まで、幅広い仕事を行います。例えば「奨学金」については、特色のある奨学金の企画、寄付の開拓から、教育機関と連携しながら、奨学生の募集、選考、給付まで一貫して仕事を行います。また、日本文化を知ってもらうイベント企画等を通じて、実際に留学生と関わる機会もあります。刻々と変わる社会や教育情勢の変化にアンテナを張ながら、いかに効果的に事業を推し進めることができるか自ら考え、周りを巻き込んで取り組むことが求められます。

会社データ

事業内容 ・日本人学生及び外国人留学生等の修学・生活支援事業
・外国人留学生等の民間宿舎入居促進のための補償事業
・外国人の日本語能力及び日本語教育の水準向上のための事業
・日本学生支援機構が行う学費の貸与に係る保証事業
・学生の教育研究活動における災害補償事業
設立 昭和32年(1957年)3月
資本金 18億円(基本財産)
従業員数 51名(2020年3月時点)
売上高 1,307億円(予算)
代表者 理事長 井上 正幸
事業所 【本部】
東京都目黒区駒場4-5-29

【内幸町オフィス】
東京都港区西新橋1-13-1 DLXビルディング12階
沿革 昭和32年    日本国際教育協会(AIEJ)設立
平成16年    日本国際教育支援協会(JEES)に改組
平成24年1月    公益財団法人に移行
ホームページ http://www.jees.or.jp/
気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました

ログイン・会員登録

ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
まだ会員でない方は
会員登録(無料)

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)