鬼頭工業株式会社キトウコウギョウ

鬼頭工業株式会社

トヨタ自動車1次請け/生産設備/機械設計/電気/ロボット/自動車
業種 機械
自動車/輸送機器/金属製品/機械設計
本社 愛知

先輩社員にインタビュー

SE部
前田 拓也
【出身】中部大学  工学部 機械工学科 卒
【年収】非公開
これが私の仕事 クルマのメインボデーを溶接するための全自動化生産設備ラインの設計
メインボデーが溶接され、クルマが完成しつつある大規模な生産ラインになります。工程には溶接ロボットや自動搬送機、組付治具等が投入されており、開発から設計、製作、工場据付までをチームで行っていきます。中でも私は各種ボデーの仕様に応じて正確に搬送させる自動搬送機システムの設計に携わっています。ボデーの3Dデータをコンピュータの仮想空間上で溶接、搬送させ、生産設備の作業性やタイムサークル、品質等、すべてをデジタル上でシミュレーション、検証の上、完成車メーカーの技術者へ提案。上手く・早く・リーズナブルに高品質なクルマづくりを可能にする工程設計を行っています。
 
だからこの仕事が好き!
一番うれしかったことにまつわるエピソード
世界最適生産に対応。海外の自動車工場へ新作の生産設備ラインを導入
私たちがつくる生産設備なくして、クルマを完成させることはできません。国内TOYOTA車のほとんどの工場で当社の生産設備が使われています。さらに世界競争力のあるクルマづくりをするため、海外の自動車工場でも当社の生産設備が広く使われ始めています。今まさに、海外の工場へ導入する設備開発を行っていますが、従来にない新しいクルマのつくり方にチャレンジしています。2019年には完成、導入を予定。自分たちが開発した生産設備で、ものづくり改革が図られ、世界中の工場へ展開されていくかと思うと、今からワクワクドキドキしています。
 
ズバリ!私がこの会社を選んだ理由  ここが好き プラモデルが好き!クルマが好き!他、いろいろ好きとやりがいに満たされる
クルマは実に多くの部品でできています。自分はその中のいち部品をつくるよりも、部品をどう組み立て、完成させるか。その生産ラインをつくることに興味がありました(スケールは全然違いますが、プラモデルが好きな人は楽しめる仕事だと思います)。また、一緒に働く人たちの人柄や仕事に対する熱さ、社員を大事にする福利厚生、ちなみに毎日お昼が楽しみになるランチは絶品!オススメです。さらにクルマ好きとしては、当社がSUPER GTのLEXUS TEAM SARDチームパートナーというのもポイントが高かったですね。プライベートでは入社2年目にハリアーを購入。お気に入りのクルマで快適通勤しています。
 
これまでのキャリア 2017年4月入社→教育チームで4か月間、基礎を学ぶ→2018年から現在部署にて設計を担当

この仕事のポイント

職種系統 生産・製造技術開発
仕事の中身 日常生活や身の回りで欠かせないモノやサービスを扱う仕事
仕事のスタイル 目標をきちんと予定通り進めることが必要な仕事
仕事でかかわる人 その道のプロと呼ばれる人と一緒に進める仕事
仕事で身につくもの 新しいモノを生み出す力が身につく仕事
特に向いている性格 大勢の人と協力しながら進めるのが好きな人向きの仕事

先輩からの就職活動アドバイス!

自分にとって「誇りの持てる仕事」を選ぶ。それが一番大事だと思います。日本のモータリーゼーションを支え、新しいものづくり改革で未来のモビリティー社会へつなぐ。当社の生産設備は次世代に向けた「トヨタ産業技術記念館」にも展示されていますが、世の中に大きく貢献しているかと思うと、やりがいを感じずにはいられません。将来、家族を持って子供にも自慢できる…そんな仕事だったらシアワセですよね。

鬼頭工業株式会社の先輩社員

自動車エンジン部品を製造する設備の電気設計

MC部
山田 大希
中部大学 工学部 電子情報工学科

生産設備ラインを新しい車種に対応させるための設計(改造案件)

SE部
都筑 星香
名古屋外国語大学 現代国際学部 現代英語学科

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になる 気になるリストに追加済 説明会・イベント予約 インターンシップ・仕事体験エントリー
閉じる
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
閉じる