アイシン・ソフトウェア株式会社アイシン・ソフトウェア

アイシン・ソフトウェア株式会社

アイシングループ / 自動車部品 / ソフトウェア / 車両情報
業種 ソフトウェア
自動車/情報処理/輸送機器/機械
本社 愛知

先輩社員にインタビュー

走行安全制御開発部
H.J
【出身】岐阜大学  工学研究科 卒
【年収】非公開
これが私の仕事 先行開発(自動車のブレーキシステム開発)
自動車用のブレーキシステムの開発をしています。
自分が開発に携わった製品を搭載したクルマが、日本だけではなく世界中で走っています。
世界中の人々に関わる製品の開発業務に関わることができて嬉しいです。
 
だからこの仕事が好き!
一番うれしかったことにまつわるエピソード
担当した製品を搭載した車を街で走っている姿を見た時
配属されて8カ月後、知識もなく視野も狭かった私に、初めて一人で任せてもらえた仕事が北米向けのブレーキのシステム開発のプロジェクトでした。
分からないことは、知見者に聞きに行き、直接確認することを徹底していました。
進捗は日々先輩に報告しアドバイスをいただきながら問題をクリアにしていくことで、技術の知識を身に付けていきました。
当時は苦労しましたが、この経験を通じて視野が広くなっていくことを実感できたこと、仕事が面白いと感じるようになってきたことを覚えています。
大変ながらも日々前進出来ていたのは、上司がしっかり管理してくれていたからだと感謝しています。
男女関係なく大きな仕事のチャンスを与えてもらえたこと、自分が携わった製品が世界の人々の生活に役立てていることが嬉しいです。
 
ズバリ!私がこの会社を選んだ理由  ここが好き ソフトウェア領域で世界を舞台に開発ができること、女性が活躍できること
大学に入る前から「情報」と「バイオ」に興味があり、就職活動を進めていく中でどちらに進むか悩みましたが、「車」に興味があったこと、今後拡大していくソフトウェア開発に携われるという点に魅力を感じ、当社の採用選考を受けました。

生涯を通して開発者として働きたいと考えていた私は、採用選考が進む中で当社の産休・育休制度の充実と、仕事と子育ての両立を応援する制度が整っていることを知りました。
この会社なら出産後も子育てを両立しながら開発者として働き続けることができ、女性も活躍できる職場環境という点にも魅力を感じました。
最終面接で「僕と一緒に働きましょう!」と技術部の部長に言っていただき、会社と自分の考え方が同じ方向だと感じることができ、私もこの会社で世界を舞台に活躍したいと思い入社を決めました。
 
これまでのキャリア 2009年新卒入社
入社以来、ブレーキシステムの開発

この仕事のポイント

仕事の中身 日常生活や身の回りで欠かせないモノやサービスを扱う仕事
仕事のスタイル 目標をきちんと予定通り進めることが必要な仕事
仕事でかかわる人 その道のプロと呼ばれる人と一緒に進める仕事
仕事で身につくもの 客観的に整理・分析する能力が身につく仕事
特に向いている性格 使命感に燃えやすい人向きの仕事

先輩からの就職活動アドバイス!

主体性をもつことです。
自分がどうしたいのか、常日ごろから考えて受け身にならないようにすることが自分の未来を切り開くために大切です。
主体性をもつとは自分と向き合うということ。
就職活動では、自分は何がしたいのか自分とよく向き合って、納得のいくまで自分に合う会社を探してください。

アイシン・ソフトウェア株式会社の先輩社員

体重検知センサのソフトウェア開発

ボデー制御開発部
T.O
岩手県立大学 ソフトウェア情報学部 ソフトウェア情報学科

電気自動車やハイブリット車に搭載する電動負圧ポンプ用ソフトウェアの開発

走行安全制御開発部
K.I
名古屋大学 工学研究科

「世界初」を生み出す

基盤技術開発部
T.S
中京大学 情報理工学部 機械情報工学科

要素技術を磨き上げ、製品化に貢献する!

基盤技術開発部
M.Y
北海道大学 理学院 数学専攻

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になる 気になるリストに追加済 インターンシップ・仕事体験エントリー
閉じる
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
閉じる