コクネ製作株式会社
コクネセイサク
2022

コクネ製作株式会社

コクネグループ
業種
金属製品
半導体・電子部品・その他/機械
本社
愛知

私たちはこんな事業をしています

【電子部品をプリント基板に配置するチップマウンターや工作機械に不可欠な鋳物部品の機械加工、組立、販売】

世界のチップマウンターのシェア約25%を占めるヤマハ発動機様をはじめ大手メーカーと取引。
薄肉で複雑形状の軽くて丈夫な鋳物を作り上げる技術力が高く評価され
2013年 「Castings of the Year 2013(日本鋳造工学会)」
2016年 経済産業省より「はばたく中小企業300社」に認定など様々な賞を受賞しています。

当社の魅力はここ!!

事業・商品の特徴

軽くて丈夫な鋳造品を加工し、大手メーカーに採用されています。

工作機械や半導体製造装置には、「鋳物製品」が欠かせません。なぜなら、溶かした鉄くずにカーボンやシリコンを加えて固めた鋳物は鉄より複雑な形に加工しやすく、音や振動を吸収する利点があるからです。そんな優れた性質を持つ鋳物を、軽くて丈夫な製品に加工できる技術を持つことが、他社には真似のできない当社の大きな強みです。特に、電子部品をプリント基板に配置する装置のチップマウンターの鋳造フレームは業界トップクラスのシェアを持つヤマハ発動機様をはじめとする大手メーカーに納入しています。当社で加工したチップマウンターが使われている工作機械で、スマホや家電製品など、私たちの身近な製品の主要部品が作られています。

戦略・ビジョン

メイドインジャパンにこだわり、当社にしかできない技術を確立!

「鋳物」は、日本に古くからある技術です。かつては当社のような鋳物会社の技術者と、発注を行う大手メーカーの担当者が熱い議論を戦わせながら、より良い製品にする方法を考えていました。しかし、バブル崩壊以降、大手メーカーから渡される図面通りに安く作ることが求められるようになり、鋳造の仕事の多くが中国などの海外に流出してしまいました。しかし、当社は今でも以前のように私たちから提案を行い、「メイドインジャパン」にこだわって、当社にしかできない鋳物技術に挑戦し続けてきたのです。三次元CADやCAEシステムなどの最新技術を取り入れることで、今までの鋳物には無かった軽くて丈夫な鋳物製品を提案し、カタチにしています。

社風・風土

人間関係での心配は一切無用です!

5面加工機やマシニングセンター、三次元測定機などを導入した工場内はクリーンで、働きやすい環境です。当社の社風は「フレンドリー」そのもの。例えば月1回の改善提案提出時、それに対する部長のコメントは、まるで交換日記(笑)。一緒に働いているという「ご縁」を大事にして、入社年次や役職に関係なく、誰とでも気軽に相談をしたり、話ができ、仲間を「信頼」し、「勇気」を持って挑戦する風土が根付いています。仕事以外でも親睦を図れるようゴルフや釣り、音楽など様々なサークルがあります。ちなみに社長もバンドメンバーです(ギター担当)。相手が社長といえども、演奏に失敗したら手加減なしです(笑)

会社データ

事業内容 IT関連機械や工作機械などに使われる
鋳物部品の機械加工・組立~販売
※最近はアルミ製品など、新しい分野に事業を拡大しています。
設立 1970年1月
資本金 3750万円
従業員数 55名
売上高 22億2000万円(2019年3月期)
18億2000万円(2018年3月期)
代表者 代表取締役 社長 古久根 靖
事業所 碧南本社工場/愛知県碧南市須磨町1-22
西尾工場/愛知県西尾市法光寺町流20-3
東京営業所/東京都千代田区神田須田町2-25 GYB秋葉原ビル5F 514号室
グループ会社 株式会社古久根(鋳鉄鋳物部品の製造~販売)
株式会社コクネ(木工機械・産業機械の販売と改造・メンテナンス)
主要取引先 ヤマハ発動機(株)
(株)古久根
中星工業(株)
(株)青山特殊鋼
三光機械(株)
平田機工(株)
(株)ニシヤマ
THK(株)
(株)DISCO
ソニーEMCS(株)
JUKI産機テクノロジー(株)
DMG森精機(株)
東京エレクトロン株式会社
 ほか
受賞歴・認定など 2012年2月 内閣総理大臣表彰「第4回ものづくり日本大賞 優秀賞」受賞
2012年5月 公共社団法人日本鋳造工学会から「豊田賞」受賞
2013年 公共社団法人日本鋳造工学会から「Castings of the Year2013」受賞
2016年 経済産業省から「はばたく中小企業・小規模事業者300社」に認定
三次元CADやCAEシステムなどの最新技術を活用 「鋳造」は長い歴史を持ち、日本でも弥生時代から
銅鐸や銅矛などの鋳造品を作っていました。

そうした長い歴史を持ち、当社でも約70年にわたって
鋳造に取り組み、様々なノウハウを社内に蓄積しています。
そうしたノウハウや経験値に頼るだけで無く、
最新のIT技術も積極的に導入しています。

三次元のCAD/CAMに加え、CAEソフトを導入し、
湯流れ過程や凝固過程の解析を行い、
高品質な製品を製造する方法を研究しています。

さらに、位相最適化(トポロジー)の技術も取り入れ、
強度を保ちながら軽量化する挑戦を続けています。
位相最適化を行う設備を当社のような規模の企業で持っているところは
ほとんどありません。
また、複数の部品を一体化することでコストダウンや軽量化を
実現する取り組みも行っています。

こうした最新技術を使った提案力が、大手企業から
評価される理由の一つです。
将来ビジョン 日本の製造業がグローバル競争に勝ち抜くためには、
中堅企業がリーダーとなって数社のチームを作り、
チームで力を合わせて付加価値を高めていくしか無いでしょう。

そこで、当社もコクネグループ各社に加えて、
関連する企業とチームを組み、鋳物技術を核とした
他ではできない製品やサービスを提供していきたいと考えています。
当社はその中核となって、チームを牽引していきます。

そうした考えに基づいて、
近年では従来から取り組んできた鋳物製品の加工にとどまらず、
アルミ加工やアッセンブリを始めて、
大手半導体製造装置メーカーに納入しています。
2019年4月に東京営業所を開設したのも、そのためです。
今後も、チーム力を活かして、新しい分野や
新しい顧客の開拓に力を入れていきます。
【新型コロナウイルス感染症への対応】 ・説明会会場にアルコール消毒薬を用意します。
気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました

ログイン・会員登録

ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
まだ会員でない方は
会員登録(無料)

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)