日本鉄道電気設計株式会社ニッポンテツドウデンキセッケイ

日本鉄道電気設計株式会社

JR東日本パートナー会社/鉄道/電気/電子/設計/施工監理/インフラ
業種 鉄道
電力・電気/設備・設備工事関連/その他サービス/建設コンサルタント
本社 東京
インターンシップ・1day仕事体験の評価(-件)
  • 総合評価
  • -
  • 評価が高い項目
  • -

先輩社員にインタビュー

本店 信号第一部 技術職
椎名 太
【出身】慶應義塾大学  理工学部 電子工学科 卒
【年収】非公開
これが私の仕事 信号保安設備の設計
列車の運行を制御し鉄道の安全・安定輸送を司る
信号機や踏切の設備から、身近なところでは
ホーム上の非常停止ボタン設備まで、
信号保安設備全般の設計を行っています。

仕事の流れとしては、
(1)資料収集等事前準備
(2)現場調査
(3)設計図面作成
(4)積算
(5)納品
という形になっています。

担当する地域によって
状況に合わせた設計を行うように心がけております。
 
だからこの仕事が好き!
一番うれしかったことにまつわるエピソード
毎日利用している駅の設計に携われたこと
小さな案件をいくつかこなし仕事にも慣れてきた3年目、
初めての大きなプロジェクトとして
地元の駅の連動装置更新の設計を担当することになりました。

連動装置とは、列車を安全に運行するために
信号機・転てつ器を制御しその進路を確保するための、
いわば列車運行の中核を担う装置になります。

駅が高架上ということもあり、
ケーブルを通すルートや新旧機器室間での切替方法など
設計をしていく上で様々な課題があり
経験の浅い自分では解決方法を見つけることが困難でしたが、
ベテランの先輩社員に相談し解決方法のアドバイスをいただきながら
なんとか成果品を形にすることができました。

普段から利用している駅の設計に携わることができたことは、
非常に喜びを感じました。
 
ズバリ!私がこの会社を選んだ理由  ここが好き 表には見えてこない、けれど鉄道の安全・安定輸送を支える頭脳を作る
学生時代より、
日本の中で最も公共性の高く多くの人々が利用している
鉄道に関する仕事をしたいと思っていました。

その鉄道業界の中でも、
特に安全・安定輸送を支える信号保安設備に
携われればと考え当社を選びました。

また、若手社員でも活躍できる環境や
充実した研修制度・資格取得のサポートといった
教育体制にも魅力を感じました。
 
これまでのキャリア 2012年4月 新卒入社、関連教育機関にて研修(5ヶ月)
2012年9月 関連施工会社に出向OJT(3ヶ月)
2013年1月 本店 信号第一部に配属
2015年3月 東北支店 信号部に異動
2018年4月 信号第一部に異動(現職)

この仕事のポイント

職種系統 機械・電機・電子機器設計
仕事の中身 生活基盤や社会インフラを作り上げる仕事
仕事のスタイル ひとつのプロジェクトを長期間かけて進める仕事
仕事でかかわる人 その道のプロと呼ばれる人と一緒に進める仕事

先輩からの就職活動アドバイス!

社会人生活というのは、
これまで皆さんが過ごしてきた学生生活までの
倍以上の期間を過ごすものです。

自分のやりたいことが何かというのをしっかりと決めて、
やりがいのある仕事・これなら生涯をかけてできると思える
仕事を見つけてください。

日本鉄道電気設計株式会社の先輩社員

鉄道に電気を送り届けるための設備設計。

本店 発変電部 技術職
千葉 文彦
日本大学 理工学部 電気工学科

鉄道の送電設備設計

本店 送電線部 技術職
高木 祥太
神奈川大学 工学部 電子情報フロンティア学科

駅構内や線路等の電力機器の設計

本店 電力部 技術職
渡邊 与典
法政大学 大学院 工学研究科 電気工学専攻
[指向タイプ]活動的なイノベーター

人がいない駅や線路で現場調査もします。不思議な感覚です。

東北支店 信号部 技術職
宮下 煕
東京電機大学 理工学部 理工学科 電子・機械工学系

鉄道信号設備の設計業務

本店 信号第二部 技術職
上松 理悦
東京理科大学 理工学部 電気電子情報工学科

鉄道の通信設備設計と社内の知恵の集積を利用するシステム作り

本店 通信第一部 技術職
吉永 武史
九州工業大学 大学院 工学部 電気電子工学専攻

先輩社員をすべて見る

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になる 気になるリストに追加済 説明会・イベント予約 インターンシップ・仕事体験エントリー
閉じる
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
閉じる