株式会社ツカサツカサ

株式会社ツカサ

壁紙、床材、カーテン、副資材等のインテリア資材総合卸
業種 商社(インテリア)
商社(建材・エクステリア)/商社(繊維製品)/商社(総合)
本社 京都

先輩社員にインタビュー

営業部 係長
神谷 善寛(2009年入社)
【出身】大阪経済大学  経済学部 経済学科 卒
【年収】非公開
これが私の仕事 どれだけお客様との距離を縮める事ができるか
商品を販売する以前に、まずはお客様と私自身との信頼関係が一番大切です。入社して間もない頃は、とにかく自分の顔と名前を覚えてもらえるようにと働きかけていましたが、5年もこの業界にいれば、新入社員の時とは違い、より専門性のある仕事ぶりをお客様は求めてこられてますので、“お客様からの質問、要求に対して素早く対応する”という事を心掛け、知識や経験もしっかり身に付けるよう努力しています。私の場合、新規開拓の仕事も兼任していますので、人間性を買ってもらうことももちろんですが、やはり商品知識なども新規のお客様に関しては大事。とはいえ、既存のお客様から新規のお客様をご紹介いただくこともありますので、その時に紹介して頂けるような信頼関係が既存のお客様と持てているかということは、一番気にかけている部分ですね。
 
だからこの仕事が好き!
一番うれしかったことにまつわるエピソード
「ありがとう」の一言が何よりの起爆剤
当社ではノルマではなく、目標は自己申告制です。達成できなかったときは自分でその理由をちゃんと探して反省する。だから、サボろうと思うと意外にサボれてしまうんです。でもそれでも頑張って仕事をしている理由は、やっぱりお客様からの「ありがとう」じゃないでしょうか。お客様に「ありがとう」って言われると、本当にうれしいですから。やっててよかったあ、と本気で思いますね。どんな職種でもそうだとは思いますが、仕事は大変なことだらけ。月並みですが、自分が取り組んだ結果、お客様に喜んで頂けると、それがまた次への起爆剤となるんです。
 
ズバリ!私がこの会社を選んだ理由  ここが好き 社内の雰囲気が良いところ
社内の雰囲気(人間関係)はいい方だと思います。同世代の社員ともそうですが、上下関係もギスギスしてない。協調協力の姿勢ということもあるでしょうし、やはりそれぞれが自己管理を徹底しながら仕事に取り組んでいるからかもしれません。
自己管理や様々な人との人間関係が重要だと聞くと、どこか難しくも聞こえます。私も最初は自分にできるのかな、と思っていました。でもだんだん親方と仲良くなってくると面白いですし、親方もむちゃを言いますが、こちらもむちゃ言いますし。そういう人間関係が楽しめれば、違った角度から仕事が見れます。それに、「ああ、無理だ、しんどい」って思ったら、周りの先輩に助けを求めればいいんです。後輩から甘えられると、先輩としては嬉しいものなんです。
 
これまでのキャリア 営業職(今年で8年目)

この仕事のポイント

職種系統 営業(企業向け・新規開拓中心)
仕事の中身 日常生活や身の回りで欠かせないモノやサービスを扱う仕事
仕事のスタイル 特定のお客様と長いおつきあいが続く仕事
仕事でかかわる人 企業を相手に商談を行う仕事
仕事で身につくもの 顧客の嗜好を洞察する力が身につく仕事
特に向いている性格 ヒトの気持ちを理解し、相手に合わせた対応がとれる人向きの仕事

先輩からの就職活動アドバイス!

営業も採用活動も一緒です。自分をいかに相手に売り込むか。どこで他との差をつけるのか。これに限ると思います。これまでの部活動やサークル、アルバイトや勉学での経験を羅列するのではなく、その中で得た経験が、どのようにその企業にとって役立つのか考えて話すことで、きっと企業は皆さんを魅力に感じることだと思います。

株式会社ツカサの先輩社員

コミュニケーション能力だけでなく知識も重要

営業部 主任
富永 修平 (2013年入社)
熊本県立大学 総合管理学部 総合管理学科

資材の販売だけでなく、施工依頼にもお応えしています。

営業部 主任
泉 啓太 (2012年入社)
大阪学院大学 経済学部 経済学科

内装(インテリア)資材の卸営業。ルート営業と新規顧客獲得へ向けた営業。

営業部 係長
上田 太良 (2006年入社)
帝塚山大学 法政策学部 法政策学科

人間関係を大事にする営業。

営業部 課長
原 健 (2003年入社)
佛教大学 社会学部 社会学科
[指向タイプ]ポジティブな実践派

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になる 気になるリストに追加済
閉じる
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
閉じる