加藤木材工業株式会社カトウモクザイコウギョウ
業種 建材・エクステリア
設備・設備工事関連/文具・事務機器・インテリア
本社 愛知

先輩社員にインタビュー

春日井本社工場 生産2部
T.A(29歳)
【出身】春日丘高等学校  特進科 卒
【年収】非公開
これが私の仕事 オリジナル製品をつくっています
メラミン化粧板を曲げる「曲げ加工」を担当しています。
カトモクの特許技術のひとつであり、カトモクだけが作りだせる製品をつくる工程を担当しています。だから、ひとつひとつの製品をつくるごとに勝負する、そんな気持ちで仕事をしています。
気を抜いたり、確認作業を怠ると大量の不良品をだしてしまいます。
常にその時ベストな状態に機械を調節して維持することも、私の大切な仕事です。
 
だからこの仕事が好き!
一番うれしかったことにまつわるエピソード
メンバー全員で不良品率の目標をクリア
私は一点ものオーダー製品をつくる部署に所属しています。なので、さまざまなサイズや柄の製品を扱います。ひとつひとつオーダーに合わせて作るので、「一人ひとりの注意力」が要求される部署です。でもそれだけではありません。「仲間との連携」それがとても重要なんです。
部署全員が一丸となって「いいものをつくるぞ」と意識して連携する。それが不良品率という数字に表せた時、本当に嬉しかった。仲間との結束も強くなった気がしました。
 
ズバリ!私がこの会社を選んだ理由  ここが好き 成長しようという姿勢がカッコイイ
工場見学で「カトモク独自の製品をつくるために、製品をつくる機械まで独自に開発した」と知りました。また、「唯一無二のアイデアで今のカトモクがある。そしてまだまだ成長する可能性を持っている」と、専務から話を聞きました。
現在に甘んじることなく、さらに成長していこうという情熱、攻める姿勢が「カッコイイ」と思ったんです。この会社で働きたいと思いました。
 
これまでのキャリア 入社してから、オリジナル製品をつくる工程を担当しています。

この仕事のポイント

職種系統 生産・製造技術開発
仕事の中身 生活にプラスアルファな喜びや潤いを提供していく仕事
仕事のスタイル 慎重さと正確さが問われる仕事
仕事でかかわる人 その道のプロと呼ばれる人と一緒に進める仕事
仕事で身につくもの 新しいモノを生み出す力が身につく仕事
特に向いている性格 大勢の人と協力しながら進めるのが好きな人向きの仕事

先輩からの就職活動アドバイス!

ひとつひとつの出会いを大事にして、先入観だけで判断しないでほしいです。
気になった企業に対しては「よく知ること」。 相手をよく知ることは、とても大切なことです。
その他には、機会があれば、自分の選択肢からはずれた企業の話も聞くといいと思います。
思いがけない出会いがあるかもしれませんし、自分がただ知らないだけで、可能性をつぶしてしまうのはもったいないですから。

加藤木材工業株式会社の先輩社員

正しさが求められる仕事

春日井本社工場 生産2部
T.K
福井県立大学 経済学部 経済学科

ものづくりのすべてを勉強しています

春日井工場
M.H
名古屋学芸大学 メディア造形学部 デザイン学科

木材をカットする。機械操縦も僕の仕事。

生産1部 生産2課
T.I
愛知淑徳大学 ビジネス学部 ビジネス学科

信頼されるモノを送り出す

多治見工場
Y.M
金城学院大学 人間科学部 多元心理学科

事務アシスタント 製品の出荷手配を担当しています

生産企画1部
M.N
名古屋経済大学 経営学部 経営学科

製造ラインをトータルに見守る責任者を任されています。

製造部 生産一部一課 課長
H.K
名古屋学院大学 人間健康学部

先輩社員をすべて見る

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になる 気になるリストに追加済
閉じる
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
閉じる