加藤木材工業株式会社カトウモクザイコウギョウ
業種 建材・エクステリア
設備・設備工事関連/文具・事務機器・インテリア
本社 愛知

先輩社員にインタビュー

多治見工場
Y.M(28歳)
【出身】金城学院大学  人間科学部 多元心理学科 卒
【年収】非公開
これが私の仕事 信頼されるモノを送り出す
できあがった製品を梱包し発送する仕事をしています。
製品にキズはないか、品質は大丈夫か、最終チェックする役割もあるので、「カトモク製品はやっぱりイチバンだね」と信頼される製品を送り出す責任の重さを感じています。
 
だからこの仕事が好き!
一番うれしかったことにまつわるエピソード
自分の存在価値を感じる毎日です
不良品のチェックは、各工程でも行っています。それでも見つけられなかった不良箇所を私が見つけた時、工場長が「ありがとう!」って言ってくれたんです。
私は自分の仕事をしただけなんですよ。
【みんなでカバーし合って、みんなでいいモノを作ろう】という一体感が工場内にあって、とても
心地いいですし、役割を果たせたという自分の存在価値を感じることができて、とてもやりがいがあります。
 
ズバリ!私がこの会社を選んだ理由  ここが好き 優しい社長、優しい社風が大好きです
社長面接のとき、緊張で話せない私に、私の好きなアニメの話をして、話しやすい雰囲気をつくってくれたんです。学生相手に気配りをしてくれる社長がいる会社は、きっと和やかなんだろうな、私自身が優しい気持ちで働けるんだろうな、そんな会社で働きたいな、そう思ったんです。
実際、私が所属する多治見工場のメンバーは、ミスをしても誰も責めたりしません。ミスが起きた原因を共有して、みんなでミスをなくそうという雰囲気があるんです。
面接のときに感じた【カトモクの優しさ】は、私にとって居心地がよく、働きやすいです。
 
これまでのキャリア 入社から2年、多治見工場で梱包と発送の仕事をしています。
今後は製品をつくる仕事もしてみたいと思っています。

この仕事のポイント

職種系統 生産・製造技術開発
仕事の中身 日常生活や身の回りで欠かせないモノやサービスを扱う仕事
仕事のスタイル 慎重さと正確さが問われる仕事
仕事でかかわる人 その道のプロと呼ばれる人と一緒に進める仕事
仕事で身につくもの 新しいモノを生み出す力が身につく仕事
特に向いている性格 大勢の人と協力しながら進めるのが好きな人向きの仕事

先輩からの就職活動アドバイス!

私は、自己分析をして、業種や職種をしぼって就職活動をしましたが、業種や職種をしぼらずにいろいろな会社を見るのもいいと思います。
どんな仕事が自分に合っているかに気づいたのは、職場見学をしてからだったんです。
私の場合は、担当する仕事を一人でするより、みんなで協力してひとつのものをつくる仕事が向いていると、カトモクの職場見学で気づきました。
実際に見て感じるものを大切にしてほしいと思います。

加藤木材工業株式会社の先輩社員

正しさが求められる仕事

春日井本社工場 生産2部
T.K
福井県立大学 経済学部 経済学科

オリジナル製品をつくっています

春日井本社工場 生産2部
T.A
春日丘高等学校 特進科

ものづくりのすべてを勉強しています

春日井工場
M.H
名古屋学芸大学 メディア造形学部 デザイン学科

木材をカットする。機械操縦も僕の仕事。

生産1部 生産2課
T.I
愛知淑徳大学 ビジネス学部 ビジネス学科

事務アシスタント 製品の出荷手配を担当しています

生産企画1部
M.N
名古屋経済大学 経営学部 経営学科

製造ラインをトータルに見守る責任者を任されています。

製造部 生産一部一課 課長
H.K
名古屋学院大学 人間健康学部

先輩社員をすべて見る

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になる 気になるリストに追加済
閉じる
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
閉じる