加藤木材工業株式会社カトウモクザイコウギョウ
業種 建材・エクステリア
設備・設備工事関連/文具・事務機器・インテリア
本社 愛知

先輩社員にインタビュー

生産1部 生産2課
T.I(33歳)
【出身】愛知淑徳大学  ビジネス学部 ビジネス学科 卒
【年収】非公開
これが私の仕事 木材をカットする。機械操縦も僕の仕事。
当社の製品は、リサイクルした木材にメラミンという素材を貼り付けて作られています。
僕は、その芯となる木材をカットする工程を担当しています。
機械を使ってカットするのですが、機械1台を任されていますので、トラブルが起きた時に対応するのは自分。使い方やメンテナンスの仕方次第で機械が思い通りに動いてくれるので、それもおもしろさの一つです。
また、機械は自社で開発したもの。だから、社内の人しかトラブル解決できないんです。
機械メーカーに問い合わせてもわからない問題を解決する先輩たち。
「すごい!」って思います。
 
だからこの仕事が好き!
一番うれしかったことにまつわるエピソード
できることが増えていく。人に認められて自信がつきました。
フォークリフトの資格を取得したのは、素直にうれしかったですね。「一緒に頑張ろう!」って励ましあった同期もいましたし、なにより、資格取得で仕事の幅が広がったことがうれしい。
それに、「失敗しても、できるようになれば、それでいい。」と、失敗したことより、できるようになったことを評価してくれるので、「もっとできるようになりたい!」って思えるんです。
「僕ができる仕事」の領域をどんどん広げていくことが、僕の目標です。
 
ズバリ!私がこの会社を選んだ理由  ここが好き 社長の人柄に惚れました。
社長と話して「この人を信じてついていこう」と、直感で決めました。今もその気持ちはかわらないですね。
社内には、社員や派遣スタッフ、外国人留学生もいます。いろいろなタイプの上司がいます。そうした異なった価値観を認め合うのも当社の社風。
僕には「社長」という「目標となる人」がいる。だからこそ、自分は頑張れるんだと思います。
「目標となる人」を意識してから、素直に人の言葉が入ってくるようになりました。この会社に入社してから、謙虚な姿勢で人の話が聴けるようになったと思います。自分の変化にビックリしています。今では、上司には報告・連絡・相談をマメに、同僚には自分から声をかけるようにしています。たくさんの人と話をすると、自分の知らなかったことが自然と学べるんです。みんなが先生って感じです。
 
これまでのキャリア 入社から芯材カットを担当しています。

この仕事のポイント

職種系統 生産管理・品質管理・メンテナンス
仕事の中身 人の成長やスキルアップ、キャリアアップをサポートする仕事
仕事のスタイル 忍耐力と集中力が必要な仕事
仕事でかかわる人 海外の人と接することが多い仕事
仕事で身につくもの 新しいモノを生み出す力が身につく仕事
特に向いている性格 信念を持って物事に取組むことのできる人向きの仕事

先輩からの就職活動アドバイス!

この会社に入って「自分の考え方次第で、モノの見方や捉え方が変えられる」ということに気づきました。
どんな自分になりたいか明確な人は、それに近づける会社かどうか、
将来の自分像が明確でない人は、「こういう大人ってカッコイイ」と思う先輩がいる会社かどうか、
会社訪問や先輩座談会などでチェックすることも大切かなって思います。
今よりカッコイイ自分になっていてほしいな。

加藤木材工業株式会社の先輩社員

正しさが求められる仕事

春日井本社工場 生産2部
T.K
福井県立大学 経済学部 経済学科

オリジナル製品をつくっています

春日井本社工場 生産2部
T.A
春日丘高等学校 特進科

ものづくりのすべてを勉強しています

春日井工場
M.H
名古屋学芸大学 メディア造形学部 デザイン学科

信頼されるモノを送り出す

多治見工場
Y.M
金城学院大学 人間科学部 多元心理学科

事務アシスタント 製品の出荷手配を担当しています

生産企画1部
M.N
名古屋経済大学 経営学部 経営学科

製造ラインをトータルに見守る責任者を任されています。

製造部 生産一部一課 課長
H.K
名古屋学院大学 人間健康学部

先輩社員をすべて見る

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になる 気になるリストに追加済
閉じる
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
閉じる