合資会社 浅越機械製作所
アサゴエキカイセイサクショ
2022
業種
機械
本社
岡山

私たちはこんな事業をしています

■圧倒的な世界シェアを誇る断片織機メーカーです■
明治10年に畳表の製造販売からスタートした当社の歴史。
昭和に入り自動畳表製造織機を自社開発した時から、
技術企業として歩み始めました。
時代の流れに揉まれながらも、
新製品の開発や海外マーケットの開拓などに積極的に挑み、
今では世界の【ASAGOE】として広く知られる存在となっています。

当社の魅力はここ!!

事業・商品の特徴

アジア・アフリカ地域の生活必需品をつくりだす日本製織機。

日本ではあまり目にしなくなった「ござ」や「むしろ」ですが、アジア、アフリカの国々では国連の救援物資になるほど、現地の暮らしに欠かせないものとなっています。 当社は、そのゴザを製造する織機メーカー。世界で圧倒的なシェアを誇り、そのブランドは各国の織物メーカーで広く知られる存在です。ナイジェリアのある企業家はこう言いました。「他社の機械で作るゴザより、ASAGOEの機械で作るゴザのほうが沢山売れるんだよ。消費者は良質な製品を長く使い続けるほうが得だとわかっているんだ。」 〈良いものをつくる〉という日本のモノづくりの姿勢を、私たちはこれから発展していく国々へダイレクトに伝えています。

仕事内容

からくり時計をつくっているような、おもしろさがあります。

「この会社では機械製造の全工程を学ぶことができるので、幅広い分野に精通した技術者になりたいと思っています。」「みんなで一つのものをつくりあげる楽しさがあります。先輩方の精密な技術にはただ見とれるばかり。早く追いつきたいです」「モノづくりが好きな人にはたまらない職場。自分の手で世界ブランドをつくっていることに誇りを持っています」…若手社員の言葉です。オートメーションでは実現できない手作業の技術が残る世界。まるでからくり時計をつくるような繊細さとおもしろさがあります。時には海外へ技術指導に出かけることもあるなど、日本のモノづくりの強みを存分に学び、修得できる職場です。ぜひチャレンジして下さい。

魅力的な人材

140年の歴史はチャレンジの歴史。職場改革にもチャレンジ中です!

昭和初期、自動畳表製造織機を自社開発した時から、私たちは技術企業として歩み始めました。この分野の自動織機としては全国でも先駆けであり、まさに断片織機の歴史は私たちが切り拓いてきたと言えます。現在、持前のチャレンジ精神で、職場改革を実行中です。若い女性担当者が中心となって、より楽しく働ける、よりやりがいのある会社にするために、様々な新しい取り組みを始めました。特に若手採用には力を入れており、柔軟で新鮮な若者の意見を職場改革に活かしていきたいと考えています。古き良き職人魂を守りながらも、時代や市場の変化に応じて柔軟に改革できる。それこそが世界に通用するカンパニーであり続ける理由です。

会社データ

事業内容 織機、食品包装機、PP用エクストルーダの開発・製造・販売

【代表的商品】
 自動織込花筵織機
 自動畳織機
 自動むしろ織機
 かます織機
 スダレ織機
 ノリミス織機
 レピア織機
 蒲鉾包装機
 PP用エクストルーダ
設立 1939年7月
※創業明治10年(1877年)
資本金 2009万円
従業員数 34名
売上高 3億3千万円(2017年11月期)
代表者 代表社員 浅越正章
事業所 本社/岡山県岡山市南区箕島950-1
主要取引先 ユニプラス(株)
萩原工業(株)
(株)岡山県通商センター
萩原(株)
ワタナベ工業(株)
積水成型工業(株)
チッソ開発(株)
(株)原田産業
当社の歴史 ■明治10年  
畳表製造販売会社「浅越商店」として創業。
      
■昭和5年  
畳表自動織機の開発に成功。
この分野の自動織機としては全国先駆けとなる。
織機部を新設し、織機メーカーとして本格的に始動。

■昭和10年  
むしろ・かます自動製筵機の開発に成功。(特許21件を獲得) 
        
■昭和14年  
織機部が浅越商店から分離。
「浅越機械製作所」を創設。 
       
■昭和32年  
浅越機械製作所の鋳造部を新設。
鉄道車輌などの部品素材の製造に進出。
        
■昭和36年  
自動車部品(ホイルシリンダー)の製造開始。
その専門部署・工機部を新設。 
        
■昭和39年  
鋳造部を分離。
傍系会社アサゴエ工業株式会社として独立。
全自動ジャガード式織込花筵織機を開発。
畳表以外(ゴザ類)の織機開発に力を注ぎ、新しい市場を開拓。 

■昭和42年  
新製品PP花筵織機を開発。
東南アジア(インドネシア、タイなど)へ販売開始。 
        
■昭和60年  
東アジア(韓国など)へ販売開始。 
        
■昭和63年  
中東アジア(イラクなど)へ販売開始。 
        
■平成元年  
自動車部品部門を中国ハイドリック工業として分離。 

■平成12年  
電子ジャガード式全自動織込花筵織機を開発。 
アフリカ(ナイジェリアなど)へ販売開始。 

■現在
断片織機メーカーとして世界シェア98%
気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました

ログイン・会員登録

ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
まだ会員でない方は
会員登録(無料)

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)