奈良県庁
ナラケンチョウ
2022
業種
公社・官庁
その他サービス/教育関連/福祉・介護/医療関連・医療機関
本社
奈良

昨年度の採用予定人数・気になる登録人数

採用予定人数

※下記以外でも採用がある可能性があります。
総合職行政・大学卒(新卒) 未定

気になる登録人数

気になる登録人数 表示可能なデータがありません

モデルケース

総合職行政・大学卒(新卒)

採用人数 2021年卒予定 未定
初年度
月収例
月20万円程度(月給制)
選考例
応募・選考時
提出書類
成績表、その他
その他の
ポイント
入社3年後定着率90%以上、平均勤続年数15年以上、ノー残業デー、住宅補助あり、いろいろな職種を経験できる
※昨年度の採用情報を掲載しております。

募集要項

募集概要

職種(募集状況) 【令和2年度(令和3年4月1日採用予定)奈良県職員採用 I 種試験について】

○採用予定職種・人数については、令和2年4月下旬以降、決まり次第下記ホームページ上でお知らせします。


【令和元年度(令和2年4月1日採用予定)奈良県職員採用 I 種試験の実施結果】

○採用予定職種と最終合格者数(最終合格者数は、追加募集を含む。)
<総合職>
行政A   65人程度(69人)
行政B   10人程度(10人)
総合土木 19人程度(11人)
建築     9人程度( 5人)
設備     6人程度( 6人)
化学     7人程度( 7人)
農学     2人程度( 3人)
林学     4人程度( 3人)
畜産     2人程度( 2人)

<警察行政職>
警察行政  7人程度( 7人)

<資格職>
薬剤師    6人程度( 6人)


-奈良県人事委員会事務局ホームページ-
http://www.pref.nara.jp/9723.htm


【令和元年度のその他の試験の実施について】
県職員採用試験として、上記の I 種試験の他に、以下の試験を実施しました。

<高校卒業程度の問題を出題する試験>
■奈良県職員採用II種試験(総合職(一般事務)・警察事務職)
■奈良県社会人経験者採用試験(総合職行政・土木建築)
■市町村立小・中学校事務職員採用試験(A区分・B区分)
■障害者を対象とした選考試験

<市町村と共同で実施する試験>
■奈良県・市町村土木職員採用共同試験( I 種・ II 種)

令和2年度の実施予定は、決まり次第、奈良県人事委員会事務局ホームページでお知らせします。

勤務地 原則として奈良県内での勤務となります。
(異動により、奈良県東京事務所や国の官庁、他府県など、奈良県外で勤務する可能性があります。)

【総合職・資格職】
○知事部局
 ・奈良県庁本庁
 ・出先機関(奈良県内):県税事務所、土木事務所、福祉事務所、こども家庭相談センター、保健所、農林振興事務所など
 ・出先機関(奈良県外)東京事務所、奈良まほろば館
○県議会
○教育委員会などの各種行政委員会
○水道局
○各種研究センター など

【警察行政職】
○警察本部、各警察署、運転免許センター など
勤務時間 原則として、8:30~17:15(12:00~13:00休憩)
フレックスタイム制度あり。(コアタイム10:00~16:00)
採用ステップ&スケジュール 【令和元年度 奈良県職員採用 I 種試験(大学卒業程度)の場合】
 ※令和2年4月1日採用予定

1  試験日程等の公表
       ▼
2  試験案内の公表・配布開始(5月10日)
       ▼
3  受験申込(5月13日~5月30日正午)
   ※ホームページより電子申請
       ▼
4  第1次筆記試験(6月23日)
   ※教養試験・専門試験・論文試験(総合職行政Bは教養試験・論文試験)
       ▼
5  第1次口述試験対象者発表(6月28日)
       ▼
6  第1次口述試験(7月9日~7月12日のうち指定する1日) 
   ※集団面接・適性検査 (資格職は適性検査のみ)
       ▼  
7  第1次合格発表(7月22日)
       ▼
8  第2次試験(7月30日~8月13日のうち指定する1日)
   ※個別面接・グループワーク
       ▼
9  最終合格発表(8月19日)
       ▼
10 任命権者による健康診断、意向聴取
       ▼
11 採用者の決定

その他の試験については、下記ホームページでご確認ください。
【奈良県人事委員会事務局ホームページ】
http://www.pref.nara.jp/9723.htm
過去3年間の採用 I 種試験における男女別の最終合格者の状況 【令和元年度 I 種試験最終合格者の男女別内訳(追加募集を含む)】
<総合職>
行政A   69人(男性31人、女性38人)
行政B   10人(男性 7人、女性 3人)
総合土木 11人(男性10人、女性 1人)
建築     5人(男性 2人、女性 3人)
設備     6人(男性 6人、女性 0人)
化学     7人(男性 4人、女性 3人)
農学     3人(男性 0人、女性 3人)
林学     3人(男性 2人、女性 1人)
畜産     2人(男性 1人、女性 1人))

<警察行政職>
警察行政  6人(男性 2人、女性 4人)

<資格職>
薬剤師    5人(男性 3人、女性 2人)


【平成30年度 I 種試験最終合格者の男女別内訳】
<総合職>
行政A   69人(男性37人、女性32人)
行政B   10人(男性 4人、女性 6人)
総合土木 14人(男性11人、女性 3人)
建築     1人(男性 1人、女性 0人)
設備     3人(男性 2人、女性 1人)
化学     3人(男性 1人、女性 2人)
農学     8人(男性 7人、女性 1人)
林学     7人(男性 2人、女性 5人)

<警察行政職>
警察行政  6人(男性 2人、女性 4人)

<資格職>
薬剤師    5人(男性 2人、女性 3人)


【平成29年度 I 種試験最終合格者の男女別内訳】
<総合職>
行政A   73人(男性38人、女性35人)
行政B    5人(男性 3人、女性 2人)
総合土木  8人(男性 7人、女性 1人)
建築     3人(男性 1人、女性 2人)
化学     2人(男性 1人、女性 1人)
農学     3人(男性 3人、女性 0人)
林学     5人(男性 5人、女性 0人)

<警察行政職>
警察行政  8人(男性 2人、女性 6人)

<資格職>
薬剤師    6人(男性 1人、女性 5人)

給与・福利厚生(待遇)

給与 令和2年4月1日採用の月給(初任給)です。

奈良県職員採用 I 種試験において採用された場合
  月給202,097円
 (大学新卒で奈良市内勤務の場合。一律地域手当(奈良市内の場合は7.1%)を含む。)

■職務経験のある方や大学院修了者には加算される場合があります。
諸手当 給与のほか、扶養手当、住居手当、通勤手当、超過勤務(時間外)手当、期末・勤勉手当などが条件により支給されます。
昇給 年1回
賞与 期末・勤勉手当(いわゆるボーナス)
年2回(6月、12月)
■令和元年度実績は年間4.5か月分でした。
休日休暇 原則として土曜日、日曜日、祝日

【休暇一覧】
年次有給休暇、結婚休暇、出産休暇、病気休暇、介護・看護休暇、夏季休暇、
ボランティア休暇、育児休業 など

【出産・育児に関する休暇等の概要】
育児休業の取得状況(平成30年度実績)は、女性100%、男性3.1%

出産休暇:産前産後8週間に取得可。
育児休業:3歳未満の子を養育するために取得可。
部分休業:小学校3年生まで、1週あたり18時間45分を上限に取得可。
子どもの看護休暇:12歳までの子の看護のため、年5日を上限に取得可。
育児時間休暇:1歳3か月未満の子の育児のため、始業・終業時に1日60分を上限に取得可。
遅出勤務:子どもの保育所等への送迎で、正規の始業時間までに出勤困難な場合、勤務時間を15分又は30分送らせることができる。
配偶者の出産に伴う休暇:出産時の付添、入院中の世話、出生の届出等のため3日間取得可。
男性の育児参加のための休暇:小学校就学前の子の育児のため、妻の産前産後8週間の期間中に5日の範囲内で取得可。
保険 地方職員共済組合
福利厚生 ○健康管理
 定期健康診断(年1回)、健康相談、メンタルヘルスカウンセリングなどを実施しているほか、人間ドック受診に対する助成制度もあります。
○給付・貸付
 病気やけが、出産、災害などに対する給付制度のほか、生活資金や住宅資金などの貸付制度も整備されています。
試用期間 あり(条件付採用期間)
入庁後6か月間。条件は本採用時と変更なし

職場情報

過去3年間の新卒採用者数・離職者数
過去3年間の男女別新卒採用者数
平均勤続年数 18.3年(2019年4月1日時点)
うち、一般行政職:平均勤続年数20.0年
平均年齢 40.9歳(2019年4月1日時点)
うち、一般行政職:平均年齢42.4歳
研修 あり:複雑・多様化する行政課題や県民ニーズに対応できる職員を育成するため、次のような研修を実施しています。

【職位基本研修】
新規採用、係長級、課長補佐級、課長級など各職位で必要とされる能力を習得するための研修です。

・新規採用職員研修
新たに県職員となった方の研修です。先輩職員からの講義や宿泊研修により幅広く奈良県のことを学ぶほか、「接遇研修」や「仕事の進め方研修」により社会人生活をスタートするために必要な知識を習得します。

・2年目(3年目)職員研修
採用2年目、3年目に実施される研修で、職場における自己の役割を認識し、戦力として期待される県庁職員になるべく、様々な知識・技術を習得する研修です。
福祉の現場を体験する研修や政策形成能力を向上する研修などがあります。


【能力開発研修】
業務上の課題解決や県民サービスの向上を目指して能力開発に主体的に取り組む研修です。(例:クレーム対応研修、プレゼン能力研修、パソコンスキル研修など)


【派遣研修】
専門知識の習得や行政課題の研究、民間企業との連携や協働などを学ぶための研修です。(例:自治大学校など)
自己啓発支援
メンター制度
キャリアコンサルティング制度
社内検定等の制度
月平均所定外労働時間
有給休暇の平均取得日数 12.1日(2018年度実績)
育児休業取得者数(男女別)
役員・管理職の女性比率

その他の情報

参考データ

キャリアステップについて 【配属・異動について】
 年1回提出する自己申告書に記載された本人の希望や適性などを参考にして、配属先が決定されます。おおむね3~5年で配置転換が行われます。

採用後の一般的な異動のパターンは、次のとおりです。
<行政系区分>
採用後、本庁に配属
      ↓ 
3,4年後 出先機関に配属
      ↓
本人の意欲、適性等により本庁、
出先機関等様々な所属に配属


<技術系区分・資格職>
採用後、本庁又は出先機関に配属 
      ↓
3,4年後、これまで本庁配属の場合は出先機関へ
これまで出先機関配属の場合は本庁へ
      ↓
本人の意欲、適性等により本庁、
出先機関等様々な所属に配属

【昇任について】
 昇任は、人事評価(職員の能力・業績)、経験年数、適性など総合的に評価して行われます。
基本的な職制は以下のとおりです。
 主事級>主任主事級>主査級>係長級>課長補佐級>課長級>次長級>部長級
管理職の女性比率 ■本庁課長級以上 8.7%
■本庁課長補佐級以上 13.5%
(平成31年4月時点)
新規採用職員全体に占める女性の割合 ■全体    37.1%
   事務職 42.3%
   技術職 25.7%
   資格職 33.3%
(平成30年4月2日から平成31年4月1日まで)

採用実績校

愛媛大学、大阪教育大学、大阪工業大学、大阪市立大学、大阪大学、大阪府立大学、大阪薬科大学、鹿児島大学、金沢大学、関西大学、関西学院大学、京都工芸繊維大学、京都産業大学、京都女子大学、京都大学、京都府立大学、京都薬科大学、近畿大学、慶應義塾大学、高知大学、神戸大学、島根大学、摂南大学、中央大学、東京農業大学、東北大学、鳥取大学、同志社女子大学、同志社大学、奈良教育大学、奈良県立大学、奈良女子大学、三重大学、立命館大学、龍谷大学、和歌山大学、早稲田大学
新規採用者が多い出身校(大学院含む。)の例。
この他、全国の様々な大学から、学部・学科を問わず採用実績があります。

詳細情報

主な募集職種
事務系 技術系 専門系
技術系で特に生かせる専攻:機械系、数学系、電気・電子系、情報工学系、物理・応用物理系、建築・土木系、生物・生命科学系、化学・物質工学系、資源・地球環境系、農業・農学系、水産系、畜産・酪農系、薬学系(4年制)、薬学系(6年制)、獣医系、その他理系
主な勤務地
東京、奈良
応募資格
短大、専門、高専、大学、大学院卒業見込みの方 または 短大、専門、高専、大学、大学院卒業の方(2015年3月~2020年3月卒の方)
上記は主にI種総合職を受験の場合。試験・職種等により、受験可能年齢・資格が異なるので、試験案内で必ず確認してください。
積極採用対象
大学生(文系)、大学生(理系)、大学院生(文系)、大学院生(理系)、短大生、専門学校生、高等専門学校生、海外大生
採用予定学科
法学・政策系、経済・経営・商学系、社会・環境情報系、外国語・国際文化系、人文系、教育系、生活科学系、医療・保健系、その他文系、機械系、数学系、電気・電子系、情報工学系、物理・応用物理系、建築・土木系、生物・生命科学系、化学・物質工学系、資源・地球環境系、農業・農学系、畜産・酪農系、薬学系(4年制)、薬学系(6年制)、獣医系、その他理系
気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました

ログイン・会員登録

ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
まだ会員でない方は
会員登録(無料)

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

昨年度の採用予定人数・気になる登録人数

気になる登録人数とは、2019年4月1日〜2020年3月31日の期間(※1)、リクナビ上でこの企業(※2)を「気になる」(※3)登録した人数です。実際の応募数ではないことにご注意ください。

「採用予定人数に対する気になる登録人数の割合」が大きいほど、選考がチャレンジングな企業である可能性があります。逆に、割合の小さい企業は、まだあまり知られていない隠れた優良企業である可能性があります。

  • ※1 リクナビ上で情報掲載されていた期間は企業によって異なり、この期間より短い場合もございます。
  • ※2 募集企業が合併・分社化・グループ化または採用方法の変更等により、企業名や採用募集の範囲が変更になっている場合があります。
  • ※3 時期に応じて、リクナビ上で「気になる」は「プレエントリー候補」へと呼び方が変わりますが、全て含めた人数となります。
モデルケースの見方

モデルケースは、採用データのサマリー情報になります。
参考データであり、給与の規定などは各社によって異なります。

採用人数 該当モデルケースにおける「今年の採用予定人数」と「昨年度の実績(見込み)」の人数です。
初年度月収例 該当モデルケースにおける、入社初年度の月収例です。各種賞与を含み、年間で支給される給与を月割した金額になります。
詳細は、「採用データ」内の「給与・福利厚生(待遇)」欄をご確認ください。
Pick Up
時給制、日給制、週給制、月給制
時間、日、週、月あたりで支払われる給与の単位です。各種賞与は定められているケースが多いです。
年俸制、半期年俸制
年間、もしくは半期(6カ月)で支払われる給与の全額です。各種賞与が含まれている場合があります。
選考例 該当モデルケースにおける選考項目、および実施目安時期になります。
代表的な項目のみですので、記載事項以外の選考項目がある場合もあります。
Pick Up
WEBプレエントリー
リクナビなどの就職サイトで行われる、選考に進む前の「事前エントリー」です。
OpenES
リクナビ独自のエントリーシートサービスです。詳細は、こちら
内々定
日本経団連に所属している企業が、2021年10月1日前に出す「内定」のことを指します
その他のポイント 「有休取得率」「育児・介護制度」などの福利厚生・待遇面や「平均勤続年数」「女性役員在籍」など風土に関するデータです。
気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)