全農グリーンリソース株式会社
ゼンノウグリーンリソース
2022
業種
団体・連合会
倉庫/その他商社/陸運(貨物)/農林
本社
東京

私たちはこんな事業をしています

【育休取得率100%】
【社宅補助あり】
【入社3年後定着率100%】

私たち全農グリーンリソースは、肥料原料・製品ソースの選定・調査・輸入・配船から
港湾での荷役・保管・輸送までの一貫した業務を担う、全農グループの一員です。
農業生産に必要な諸資材の取り扱いを通じて、農業と社会の発展に貢献しています。

当社の魅力はここ!!

戦略・ビジョン

農業の新たな可能性を追求し続けます

当社がカバーする事業領域は、農業用肥料のみにとどまりません。これまでに培ってきた豊富なノウハウと幅広いネットワークを背景に、安心・安全なフレキシブルコンテナや農業用フィルムなど低価格農業関連資材の開発・輸入も手掛け、全国の農家の生産性向上・コスト低減に努めています。また 2018年からは、園芸用ロックウール培地の世界的なトップブランドであるオランダのロックウール社(Grodan)と販売店契約を締結し、高度施設園芸用資材の取り扱いをスタート。均一で高品質な農産物の生産が可能なうえに、環境にもやさしい高度施設園芸の普及・拡大に取り組んでいます。今後も農業の新たな可能性を追求するべく、私たちの挑戦は続きます。

事業・商品の特徴

肥料原料の安定した供給体制を担うJA全農グループの一員です

私たち全農グリーンリソースはJA全農グループの一員として、各種農業用肥料原料および製品の輸入から国内物流まで、一貫した事業を展開しています。設立は1969年、以来半世紀もの長きにわたって農業生産に欠かすことのできないさまざまな肥料を全国の農家へお届けし、農業の発展に貢献してきました。肥料の主要成分は窒素・リン酸・加里ですが、その原料のほとんどは海外から輸入されており、肥料原料の安定した供給体制を担う当社の役割は、日本の農業にとって非常に重要なものです。これからも長年培ってきた輸出入・荷役・保管管理・輸送等のノウハウを生かし、わが国の農業ひいては社会のさらなる発展に寄与していきたいと考えています。

事業優位性

活躍の舞台はワールドワイドに広がっています

長い歴史の中で大切に築き上げてきたグローバルネットワークが当社の強みです。肥料原料の長期安定輸入と新規ソースの開拓を目的に、ベトナム・南アフリカ・ロシア・ドイツ・中国・マレーシア・モロッコなど、世界各地の肥料原料メーカーと強固なパートナーシップを構築。マレーシア産尿素、ロシア産塩化加里、中国・ベトナム・南アフリカ産リン鉱石、中国産リン安をはじめとする良質な肥料原料の安定した供給体制を具現化しています。また近年は新たな有機肥料としてインド産ひまし油粕などの取り扱いを開始するとともに、ラトビア産ピートモスといった土壌改良資材のソース拡大にも注力。活躍の舞台はますますワールドワイドに広がっています。

会社データ

事業内容 1. 倉庫業
2. 埠頭業
3. 港湾運送事業
4. 海上運送事業
5. 貨物自動車運送事業
6. 海運代理店業
7. 貨物利用運送取扱事業
8. 船用品販売業
9. 物流加工業
10. 前各号に関する施設・装置の賃貸借、管理および請負業
11. 次の商品に関する輸出入、売買、製造・加工、代理および仲立業
(1)肥料、肥料原料
(2)農薬、農薬原体
(3)その他農業関連資材とその原材料
(4)鉱工業製品とその原材料
12. 農産物加工原材料の輸出入、売買、代理および仲立業
13. 前各号に関する調査、研究、開発の請負業
14. 前各号に付帯する一切の業務
設立 1969年5月15日
資本金 8億円
従業員数 99名(2019年3月末時点)
売上高 202億円(2019年3月期)
代表者 代表取締役社長 福井 秀憲
事業所 【本社】
東京都千代田区神田小川町一丁目10番地

【新潟支店】
新潟県新潟市北区太郎代451番地

【広島支店】
広島県江田島市江田島町秋月四丁目9番40号

【鹿島支店】
茨城県神栖市知手中央十丁目1番8号

【衣浦支店】
愛知県半田市11号地18番25

【八戸支店】
青森県八戸市江陽三丁目1番100号

【上海駐在員事務所】
中華人民共和国
上海市浦東新区陸家嘴環路1000号 07-132室
沿革 1969年5月 新東バース株式会社設立(新潟東港肥料コンビナート設置)
1970年11月 新潟東港において事業開始(新潟営業所)
1976年10月 広島県江田島町において事業開始(広島営業所)
1988年4月 社名を「全農バース株式会社」に改称
1990年4月 八戸・鹿島営業所を開設
1992年10月 全農輸入肥料について業務調整を実施し元請業務を開始
1993年4月 衣浦営業所を開設
1994年4月 広島支店でカオリンの取り扱い開始
1995年11月 新潟支店で農薬の取り扱い開始
1997年7月 新潟支店でカオリンの取り扱い開始
2000年3月 ISO品質・環境システム認証取得
2005年4月 肥料、農薬等の輸出入業務を開始し、社名を「全農グリーンリソース株式会社」に改称
2005年10月 上海駐在員事務所開設
2006年8月 グリーン経営認証取得
2007年6月 バンコクに現地法人を開設
2009年10月 全農・瓮福戦略的パートナーシップ協定の締結
2010年4月 八戸営業所を八戸駐在員事務所に改称
2012年8月 中国「瓮福紫金リン安」の輸入開始
2012年9月 中国「瓮福紫金リン安」の当社が傭船した“JA全福”での輸送開始(広島支店入津)
2014年8月 飯野海運(株)との「戦略的パートナーシップ」の締結
2014年11月 農薬殺菌剤トリホリン事業を買収
2018年7月 オランダロックウール社と販売店契約を締結、Grodan製品の取り扱い開始
ホームページ http://www.zgr.jp/
気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました

ログイン・会員登録

ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
まだ会員でない方は
会員登録(無料)

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)