一般社団法人波の家福祉会ナミノイエフクシカイ
業種 福祉・介護
教育関連/その他サービス
本社 兵庫

先輩社員にインタビュー

波の家学院 施設長
渋田見 萌(27歳)
【出身】大阪教育大学  教育学部 特別支援教育課程 卒
【年収】非公開
これが私の仕事 障がいのあるお子様の支援
保護者の方の思いを形にするために、お子様一人ひとりに応じた支援を、職員同士で日々試行錯誤しながら考えていき、実践していきます。子どもたちの気持ちにも寄り添いながら、一緒に目標を達成できるように工夫していきます。
 
だからこの仕事が好き!
一番うれしかったことにまつわるエピソード
日々お子様の成長を身近で実感できる
自分の思いを伝えることが難しかったお子様が少しずつ伝えられたりなど、今まで出来なかった事少しずつ出来るようになる姿を見られた時とてもやりがいを感じます。子どもたちが出来た事を、保護者の方が喜ばれたり、子どもたち自身が喜んでいる姿を見るとこちらも嬉しい気持ちになり一緒に頑張ってきて良かったなと思います。
 
ズバリ!私がこの会社を選んだ理由  ここが好き 女性が中心となって働ける場所
大学で特別支援教育を学んでおり、子どもが好きなので、以前から福祉施設で働きたいと思っておりました。多くある福祉施設の中で、この職場は、現場で働かれている職員の大半を女性が占めており、生き生きといつも元気に働かれている所に魅力を感じたので応募しました。年2回の職員研修では、支援方法などを専門職の方に直接聞けたりと学ぶ機会も充実しており勉強になります。
 
これまでのキャリア 大学で特別支援教育を専攻。
教員免許を取得。
2015年波の家福祉会入職。

この仕事のポイント

職種系統 販売・サービススタッフ
仕事の中身 人の成長やスキルアップ、キャリアアップをサポートする仕事
仕事のスタイル 臨機応変な対応力が必要とされる仕事
仕事でかかわる人 子供と接する機会が多い仕事
仕事で身につくもの 臨機応変な対応力が身につく仕事
特に向いている性格 ヒトの気持ちを理解し、相手に合わせた対応がとれる人向きの仕事

先輩からの就職活動アドバイス!

自分がやりがいを感じることの出来る仕事を選ぶことが大切だと思います。面接を受ける時はここで働きたいという思いを堅くならずに素直に伝えると、必ず伝わると思います。

一般社団法人波の家福祉会の先輩社員

子どもたちの笑顔

大久保駅前発達支援センター マネージャー
十川 奈央子
大阪府立大学 地域保健学域教育福祉学類

元気を届ける

第3波の家 施設長
玉木 愛里
武庫川女子大学 文学部 心理・社会福祉学科

気づきを大切に

魚住福祉会館 魚住福祉会館副センター長兼就労Bセンター施設長
松本 麻希
神戸学院大学 総合リハビリテーション学部 社会リハビリテーション学科

ゆっくりと成長する子どもを見守ることが私の仕事

第4アスペ マネージャー
佐伯 亜美
夙川学院短期大学 児童教育学科

自分の役割

二見発達支援センター 施設長
田中 咲希
第一学院高等学校 専攻科

笑顔を忘れず

兵庫明石高等学院 主任
森田 はるか
神戸親和女子大学 発達教育学部 児童教育学科

先輩社員をすべて見る

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になる 気になるリストに追加済
閉じる
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
閉じる