株式会社柿本商会
カキモトショウカイ
2022

株式会社柿本商会

電気、空調、環境、通信設備等の企画・設計・施工・メンテナンス
業種
設備・設備工事関連
建設/プラント・エンジニアリング/エネルギー/建築設計
本社
石川
インターンシップ・1day仕事体験の評価(-件)
総合評価 - 評価が高い項目 -

私たちはこんな事業をしています

創業70年を超える「設備」のエキスパート。
「総合力」というコンセプトのもと、事業領域の多角化を推進。
人々の暮らしに寄り添う身近な設備から「え!?これも!?」という設備まで
多種多様な設備の設計、施工管理、メンテナンスまでを一貫して手掛けています。
また、オールラウンドな技術・サービスを提供する体制づくりを進めており、その実績は全国各地に広がっています。

当社の魅力はここ!!

事業・商品の特徴

群を抜く技術力で建物に生命を吹き込む

建物を単なる「構造物」としてとらえるのではなく、そこに空気という血液や電気という神経を、水という消化機能を、つまり‘生命’を吹き込むことにより人々の快適な生活を支えていくこと、これが使命だと考えています。しかもそのフィールドは学校や病院、オフィスビルや工場などの建物にとどまらず、上下水道施設や融雪設備などの水処理設備、中央監視システム、さらにはCO2の削減やESCO事業、小水力発電事業にも取り組んでいます。柿本商会は「設備」という事業領域を通じ、人が暮らし、働き、そして触れ合うためのより良い環境づくりに「総合力」と長年にわたって培ってきた「技術力」でお応えします。

仕事内容

地図に残る私たちの仕事~すべての仕事がチャレンジ~

お客様のご要望を理解し、よりよい提案を行う「営業」。設備の設計、施工管理を行う「技術」。両者が協力し‘お客様に満足を納める’ために奔走します。より快適にするためには、より満足いただくためには…。すべての仕事が、頭、体、心へのチャレンジです。こうして出来上がる設備や建物とは一生モノのおつきあい。「ここは自分が携わった!」という誇りは何にも代えられません。地図の上に自分が関わった跡が残る喜び。当たり前にみていた風景を、みる側からつくる側の人間に。カキモトの仕事は人々が安心して暮らせる社会づくりを担う仕事。そのフィールドは北陸のみならず全国各地に広がっています。

会社データ

【新型コロナウイルス感染症への対応】 <8月5日更新>
インターンシップ当日は、受付時に検温を行います。
検温時に発熱がある場合はご参加いただけません。
そのため、ご自宅を出る前にご自身で検温の実施にご協力をお願いいたします。
※上記に該当する方には別日程での実施を調整させていただきます。

来社に不安のある方は、個別に電話での相談に応じます。
会場にはアルコール消毒薬を備えています。
事業内容 ・電気設備、空調・衛生設備、防災設備、上下水道設備、環境設備、情報・通信設備、土木、建築工事等の設計・施工・メンテナンス
・建築設備機器、産業機器、情報通信機器等の販売
・コンピュータ制御関連事業
・省エネコンサルティング、ESCO事業、小水力発電事業、新エネルギー事業
設立 1951年1月
資本金 3億円
従業員数 365名
売上高 191億9,700万円(2019年1月実績)
193億8,800万円(2018年1月実績)
188億6,900万円(2017年1月実績)
代表者 取締役社長 柿本 自如
事業所 <本社>石川県金沢市
<支店>東京、富山、福井、名古屋
沿革 1946年 創業
1951年 株式会社柿本商会に改組
1951年 富山支店開設
1957年 福井支店開設
1975年 名古屋支店開設
1987年 東京支店開設
2000年 ISO9001取得
2008年 ISO14001取得
2009年 国内クレジット制度排出削減事業の承認
2015年 小水力発電事業へ進出
2017年 ISO55001認証取得
特約店 株式会社日立製作所、日立グローバルライフソリューションズ株式会社、株式会社日立産機システム
会社ホームページ http://www.kakimoto.co.jp/
TOPICS1 ~奨学金返済支援制度の創設~

この制度は、奨学金返済の経済的・心理的負担を軽くし、安心して仕事に専念してもらうための制度です。
ぜひ活用してください。
TOPICS2 ~北陸の建設業界初!“ISO55001”認証取得~

昨年8月、アセットマネジメントシステムの国際規格 “ISO 55001”の認証を取得いたしました。
これは、北陸の建設業界では初めてのことです。
“ISO 55001”は上下水道、道路、橋梁、鉄道などの社会インフラ分野で計画的かつ効率的な施設管理を行い、初期の機能を継続的に発揮していくための国際規格です。
当社は上下水道施設の長寿命化、維持管理及び保守に関する計画業務を通して豊かな社会づくりに貢献してゆきます。
TOPICS3 ~先進的な取り組みで地域に貢献する柿本商会の新エネルギー事業~

再生可能エネルギーの利活用と低炭素・循環型社会の実現をめざし、当社では新エネルギー事業を積極的に展開しています。
その一例が「平沢川小水力発電所」の建設・管理運営です。
これは、石川県が「エネルギーの地産地消」「砂防堰堤周辺の環境向上」「県有施設の有効活用」という方針を掲げ、民間の発電事業者を公募したもので、全国的にみても先駆的な事業モデルと言えます。
また、中能登町「バイオマスメタン発酵事業」では産学官の共同研究・開発に参画。
下水汚泥や食品残さなどの混合バイオマスを高濃度で処理することにより「メタン発酵槽の小型化」を実現しました。
今後、小規模処理施設におけるバイオマスの活用が期待されています。
気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました

ログイン・会員登録

ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
まだ会員でない方は
会員登録(無料)

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)