株式会社日本ピスコニホンピスコ

株式会社日本ピスコ

空気圧機器の開発・製造・販売
業種 機械
半導体・電子部品・その他/精密機器/その他製造
本社 長野

先輩社員にインタビュー

技術開発グループ・開発三チーム
後藤大樹
【出身】工学院大学  工学部第一部 環境エネルギー科(現 環境化学科) 卒
【年収】非公開
これが私の仕事 ◎真空発生器の開発・性能評価
開発三チームでは新製品の開発や既存製品の改良等を行っています。私は真空発生器を担当し、コストや性能を改善するために部品の設計変更をしています。私は入社後、プラスチック成形(2年2か月)と金属加工(1年)を経て、開発に異動しました。これらの部署の経験は今の業務に大きく役立っています。例えば、プラ部品や金属部品を設計する時に、生産現場での加工性に配慮した設計をしています。また、生産現場には共に働いてきた仲間がいるとともに専門知識もあるため、現場との調整もしやすく業務効率が良いと感じています。
 
だからこの仕事が好き!
一番うれしかったことにまつわるエピソード
◎難しい成形を乗り越えたこと
プラスチック成形をしていた時、特注品の生産を任されたことがありました。過去の生産実績も無く、機械を動かしても良品が排出されるか分からない状態からのスタートでした。何回も成形条件を変えて作り直してやっと形になった時には、成長できたという喜びや達成感がありました。
また、同じチームの仲間や先輩方と協力して、一緒に解決できたことも嬉しかったです。
 
ズバリ!私がこの会社を選んだ理由  ここが好き ◎空気圧機器の将来性と働きやすさ
製品に魅力と将来性を感じて応募しました。空気はローコストで無限の資源であり、当社の製品は、ものづくりには必要不可欠な生産財なので、今後も伸びていくだろうなと感じていました。
また、職場の雰囲気に魅かれていました。実際に働いていて風通しの良さを感じています。年の離れた先輩方も多いですが、仕事の相談だけでなく一緒にバスケやボードを楽しむ仲の方もいます。それから、本人の適正に合わせた中長期的な育成プランの基に働けるところも、良いなと感じます。若いうちに複数の職場を経験して、必要な知識や技術を習得できるので、成長できる環境が整っています。
 
これまでのキャリア プラスチック成形(約2年)
金属加工(約1年)
開発(現職:4か月目~)

この仕事のポイント

職種系統 生産・製造技術開発
仕事の中身 生活基盤や社会インフラを作り上げる仕事
仕事のスタイル 慎重さと正確さが問われる仕事
仕事でかかわる人 その道のプロと呼ばれる人と一緒に進める仕事
仕事で身につくもの 新しいモノを生み出す力が身につく仕事
特に向いている性格 何事にも粘り強さで勝負する人向きの仕事

先輩からの就職活動アドバイス!

入社後、すぐに希望部署に就くのも良いかもしれませんが、関連部門に行くことで、必要な専門知識を身に付けることが出来ます。今、何をやりたいか、自分はどんな仕事が向いているのかに注目しがちですが、能力や可能性が発揮されるのは社会に出て経験を積んでからだと思います。逆算して最終的にやりたい仕事のために、どういった職場が適切なのか、どんな経験や知識が必要なのか長期的な視点を持って職業選択をすることをおすすめします。

株式会社日本ピスコの先輩社員

自社製品『空気圧機器』の品質管理

品質保証グループ品質管理チーム
田中 佑磨
信州大学 繊維学部応用生物科学系

生産技術(社内生産設備の設計・製造)

技術開発グループ生産技術チーム
山口 賢臣
諏訪東京理科大学 システム工学部 機械システムデザイン工学科

◎「資産の維持管理」+「労働環境の整備」

経営管理グループ・総務チーム
三浦英希
城西大学 現代政策学部 経済システム学科

◎生産管理とは、生産プロセスの舵取り役

生産管理グループ・生産管理チーム
伊藤雄基
中京大学 工学部 情報工学科

◎より良い生産のために

技術開発グループ・製品技術チーム
松田侑樹
東京工科大学 コンピューターサイエンス学部 コンピューターサイエンス学科

◎予測を立てて最適な部品を調達する

生産管理グループ・購買チーム
武田達也
東海大学 国際文化学部 地域創造学科

先輩社員をすべて見る

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になる 気になるリストに追加済 インターンシップ・仕事体験エントリー
閉じる
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
閉じる