株式会社マルハチマルハチ

株式会社マルハチ

漬物(若もぎ小茄子/山形のだし/雪ん娘) 食品メーカー/商品開発
業種 食品
商社(食料品)
本社 山形

先輩社員にインタビュー

研究開発部
鐙谷 未来(26歳)
【出身】宮城学院女子大学  学芸学部食品栄養学科 卒
【年収】非公開
これが私の仕事 新商品開発および既存商品の改良
私が担当している商品は、山形特産の「おみ漬」や、やわらかな食感がおいしい「やわらか菜」という商品です。新商品の開発では、コンセプトに沿って使用する素材や味を選び、初めは料理感覚で少量の試作をします。試作品は週に1度行なわれる会議に出品し、メンバーで意見を出し合ってより良いものへと改良を重ねます。そして、「これは自信をもって世に送り出せる!」という形に仕上がったら、いよいよ発売です。当社の商品開発は、メンバー全員で作り上げていくというスタイルです。1人で悩んで壁にぶつかる、ということはなく、みんなの意見を参考に開発を進めます。自分のアイディアと多方面からのアイディアを合致させ、商品という形にするのが私の仕事です。
 
だからこの仕事が好き!
一番うれしかったことにまつわるエピソード
自分が作った商品を「おいしい!」と言って喜んで食べてもらえたとき
この仕事をしていて嬉しいことは、やはり自分の作った商品を「おいしい」と言って喜んで食べてもらえることです。お客様はもちろん、社員や、家族、友達など、身近な存在の人たちが喜んでくれる姿を目の当たりにすると、本当に嬉しい気持ちでいっぱいになります。私が初めてそのような体験をしたのは、開発業務に当たり数ヶ月が経った頃でした。はじめはわからないことだらけで、商品化に向けてただひたむきに取り組んでいました。開発業務は様々な課題があり大変なこともありますが、自分の育てた商品が店頭に並び、多くの方から「おいしい」の言葉をいただくと、本当に嬉しいです。また、課題を乗り越え商品化に到達すると、大きな達成感が得られます。このような経験を重ね、今では楽しく充実した日々を送っています。
 
ズバリ!私がこの会社を選んだ理由  ここが好き こだわりのある商品作りに魅力を感じたため
私が就職活動をする上で重要視していたのは、「自信をもっておすすめできるものを作っていること」でした。大量生産で安価な商品が多く出回る世の中ですが、私には高品質なものを作りたいという思いがありました。当社は、原料へのこだわり、商品開発へのこだわり、品質へのこだわり等、たくさんのこだわりがあります。この思いに強く共感し、「私もこの会社の一員となって働きたい!」と入社を決めました。また、当社では一人一人が主人公となり、責任をもって仕事に取り組みます。例えば、開発業務では各自が担当の商品をもち、その商品に関する業務は基本的に一人で行ないます。もちろん、上司や仲間からの協力もありますが、担当する商品に関しては自ずと担当者が一番詳しくなり、責任感と同時に商品への愛着をもって仕事に取り組むことができます。
 
これまでのキャリア 研究開発(現職・今年で4年目)

この仕事のポイント

職種系統 商品企画・プランニング
仕事の中身 生活にプラスアルファな喜びや潤いを提供していく仕事
仕事のスタイル 多少のリスクにも果敢にチャレンジする精神が必要とされる仕事
仕事でかかわる人 経営者と接する仕事
仕事で身につくもの 新しいモノを生み出す力が身につく仕事
特に向いている性格 信念を持って物事に取組むことのできる人向きの仕事

先輩からの就職活動アドバイス!

就職活動は自分との戦いです。思うように上手くいかず落ち込むこともあるかもしれませんが、「それはひとつの経験で、成功へと続く道だ」と前向きに捉えてみてください。前向きにがんばる姿は周囲にも自分にもプラスに働くと思います。気負いせずに、自分と向き合うと良い方向に進みます。社会人になったらやりたいこと等、楽しいことを思い浮かべるとモチベーションも上がりますよ。

株式会社マルハチの先輩社員

漬物の改良開発と新商品開発です。

研究開発部
門間隆志
山形大学 農学部 生物資源学科

浅漬けの原料となる野菜作りを地元の契約農家さんと二人三脚で行っています

原料課
東海林 敬子
筑波大学 第二学群 生物資源学類

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になる 気になるリストに追加済
閉じる
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
閉じる