株式会社アクトメント
アクトメント
2022
業種
医療機器
金属製品
本社
埼玉

私たちはこんな事業をしています

弊社は金属加工(Nitinol 形状記憶合金を含む)の技術を応用して、国内外の医療機器メーカーより特殊な加工品の開発・製造を受託しています。
金型加工から最終組立まで社内で一貫して開発・生産をする事ができるのが当社の強みです。
国内だけでなく海外からも最先端の加工機や材料を輸入しており、独自の技術を用いた製品を提供しています。

当社の魅力はここ!!

企業理念

◆Nitinolの加工技術は国内だけでなく海外でも需要が高いです

私達の得意技術でもあるNitinol(形状記憶合金)の加工は他社では真似出来ない技術になります。これからも唯一無二の技術確立を目指して国内外問わず様々なお客様の要望に対応します。

技術力・開発力

◆金属加工の技術を医療機器へ

身体の中の血管や腸は細長く出来ています。この管の中を通るためには細く・長く・耐久性の高いモノが求められます。そこで、弊社の得意技術である微細金属加工の技術が製品実現に大きく貢献しています。

事業・商品の特徴

◆人の役に立つモノを作る

細かい加工はとても難しいですが、医療機器部品製造は社会貢献度の高い仕事です。人の役に立つモノを作っているというやりがいを持って仕事に望んでいます。

会社データ

事業内容 金属加工の技術を応用した医療機器の製造・開発を受託しています。
1. 形状記憶合金(Nitinol合金)を用いた応用製品の加工(医療・その他含む)
2. カテーテル及びガイドワイヤーの製造・開発
3. 医療器具・処置具の製造・開発(鉗子、内視鏡部品等)
設立 1960年3月
資本金 6,000万円
従業員数 50名(パート・派遣社員を含む)
売上高 50,000万円
代表者 代表取締役社長 小川 明
事業所 ■本社
〒344-0057 埼玉県春日部市南栄町7-15
沿革 1960年 小川スプリング製作所としてばねの製造販売を開始
1993年 形状記憶合金の加工を始める
1998年 春日部市新方袋に開発センター開設
1999年 二方向ステントの海外特許出願  人工臓器学会オリジナル賞受賞
2000年 経営革新支援法の承認企業となる  株式会社 アクトメントへ社名変更
2003年 ISO14001環境マネジメントシステム認証取得
2004年 ISO9001品質マネジメントシステム認証取得  戦略的基盤技術力強化事業に採択。
2006年 ベータチタンのばねが採用された人工衛星きく8号の打ち上げ成功
2011年 MD&M WEST(アメリカ)展示会出展  まき爪矯正具ネイル・エイド 医療機器クラス1承認
2012年 MEDICA(ドイツ)展示会出展
2013年~ 2月 MD&M west 2016、 11月 MEDICA 2016 毎年出展
2018年 2月 MD&M west 2018 出展、 11月 MEDICA 2018 出展
2019年 2月 MD&M west 2019 出展、 11月 MEDICA 2019 出展
2020年 2月 MD&M west 2020 出展、 11月 COMPAMED 2020 出展予定
ホームページ http://www.actment.co.jp/
気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました

ログイン・会員登録

ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
まだ会員でない方は
会員登録(無料)

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)