株式会社ガンバリオン ガンバリオン
業種 ゲームソフト
ソフトウェア/情報処理/ゲーム・アミューズメント機器
本社 福岡

先輩社員にインタビュー

開発部 プランナー
猪口 裕香
【出身】九州大学  芸術工学部 芸術情報設計学科 卒
【年収】非公開
これが私の仕事 スマートフォン向けゲームアプリのプランニングチーフを担当。
原作が人気漫画のスマートフォン向けゲームアプリのプランニングチーフを担当。運営スケジュールの管理からキャラクターの詳細を考え仕様化するなど業務は多岐に渡ります。いかに飽きずに長く遊んでもらえるか、スマホゲームはそれが顕著に表れます。「お客様であるユーザーにもっと喜んでもらうため、より面白くするためにどうするべきか」を考え、ブラッシュアップするのがプランナーの役目。プロデューサーやディレクター、各セクションの意見を吸い上げてゲームのクオリティアップに取り組んでいます。
 
だからこの仕事が好き!
一番うれしかったことにまつわるエピソード
自分のアイディアや好きなことを作品に織り込めることが仕事の面白さ。
原作者の先生も遊んでくださってて、ゲームへのコメントを読んだときは感動しました!ちゃんと見てくださっていることが嬉しかったです。
この仕事の面白さは、自分の考えているアイディアや面白いと思っていることを、やらなければいけない“制限”の中にいかに織り込んで作るのかを考え、実現できるところです。
また、「色んな人が遊べるように手軽な遊び方にしたい」というゲームに対する気持ちと「原作の世界観を守りたい、ゲームでも原作の良さを伝えたい」という想いをマッチさせることが難しさでもあり、この仕事の醍醐味だと思っています。
 
ズバリ!私がこの会社を選んだ理由  ここが好き 立場は関係なく、やりたいことや意見を尊重し合う社風。
就活ではゲーム会社だけではなく様々な業種の会社説明会に行き、面接を受けましたが、ガンバリオンの面接が一番話しやすく、素の自分を見せることができました。私が好きなキャラクターの話を熱心に聞いてくださったり、おススメのゲームを教えて下さるなど雑談も盛り込んだ面接で、ぜひこの会社に入りたいと思いました。
立場は関係なく社員のやりたいことや意見を尊重し合う社風で、意見に対して頭ごなしに否定はせず、どうすればできるのかを一緒に考えアドバイスをくれる…そこがガンバリオンの好きなところです。意見をちゃんと伝えたいタイプの私にはすごく合っているんだと思います。
 
これまでのキャリア 開発部 プランナー(現職:8年目)

この仕事のポイント

職種系統 ゲームクリエイター
仕事の中身 趣味・プライベートシーンを楽しくする仕事
仕事のスタイル ひとつのプロジェクトを長期間かけて進める仕事
仕事でかかわる人 その道のプロと呼ばれる人と一緒に進める仕事
仕事で身につくもの 人を動かしたり、管理する能力が身につく仕事
特に向いている性格 信念を持って物事に取組むことのできる人向きの仕事

先輩からの就職活動アドバイス!

今は自分の好きなことやこだわりを決めつけずに、色んなことに興味を持ってほしいと思います。
ゲーム会社はたくさんあり、またゲームの種類もコントローラーで遊ぶものだけではなく、自分自身がプレイヤーになる「脱出ゲーム」など色んな遊び方があるので、足を踏み出して視野を広げてほしいと思います。その上で自分のやりたいこと、こだわりたいことを持って就活ができると良いと思います。

株式会社ガンバリオン の先輩社員

初オリジナルタイトル『パンドラの塔 君のもとへ帰るまで』のデザイン担当

開発部 アーティスト
竹内 業
日本デザイナー学院 デザイン学科

『ワンピース 超グランドバトル!X』のプログラミングを担当

開発部 プログラマー
菅生 賢悟
ECCコンピューター専門学校 ゲーム開発プログラムコース

スマホ向けゲームアプリ『ゴロンディア(GOLONDIA)』のデザインを担当。

開発部 アーティスト
三浦 佳奈恵
金沢美術工芸大学大学院 美術工芸研究科 修士課程絵画専攻

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になる 気になるリストに追加済 説明会・イベント予約 インターンシップ・仕事体験エントリー
閉じる
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
閉じる