社会福祉法人慈照会ジショウカイ

社会福祉法人慈照会

カルナハウス/介護・福祉/地域サロン運営
業種 福祉・介護
医療関連・医療機関
本社 滋賀

先輩社員にインタビュー

前田 正子
【出身】華頂短期大学 卒
【年収】非公開
これが私の仕事 「また来るよ」が嬉しい仕事です
ショートステイ・短期入所で高齢者の方の食事・入浴・排泄介助など身の回りのサポートを主にしています。ショートステイでは、一人で何人かの担当を持つというよりは、チームで協力しながら仕事をしており、全体で話し合いながら利用者様それぞれに合った対策を考えながら取り組んでいます。ご利用の中で、ご自宅に帰りたくなってしまう利用者様と、ご家族のお話などをして不安を解消することもあります。デイサービスの趣味活動のようなこともしているので、一緒に体を動かしたり、お菓子を作ったり、様々なことを業務の中で行います。私たちの仕事はその人の生活に直結する仕事です。ですから、私は利用者様それぞれに、その人に寄り添い、共感し、同じ目線で仕事をすることを大切にしています。
 
だからこの仕事が好き!
一番うれしかったことにまつわるエピソード
人の優しさに気が付きやすい環境です
利用者様にかけて頂く言葉に日々癒されることが多いです。
「家ではテレビを見てばかりだから、ここに来ると皆にも会えるし、来てよかった」、「一緒にお菓子を作って、自分で動いてできる事が楽しい」と言ってもらえること、他にも、たまにしか来られない利用者様が、私の顔と名前を憶えていて、また来たいと言ってもらえた時。
利用者様にとってはほんの些細な本音かもしれませんが、私にとっては大切な日々の励みになり、より一層この仕事が好きだと胸を張って思えるようになる言葉でもあります。
育休明けで家庭との両立のため、毎日は来られない私に対してもきちんと仕事の質を評価してもらえ、「前田さん、頼りにしてます」と声をかけて頂くこともあり、そんなとても暖かく、居心地が良い職場です。
 
ズバリ!私がこの会社を選んだ理由  ここが好き これ!と思ったなら、第一印象を大切に
決め手になったのは、はじめて見学をしに来た時の職場の雰囲気です。
利用者様と職員が一緒にゲームをしたり、歌を歌ったり、仕事をしている今では当たり前のようにしている業務ですが、当時ほかの色々な施設を見学しに行った際に受けがちだった、どこか閉鎖的な印象とは違い、開放的でのびのびとした、とても明るい印象を受けたことが大きかったです。
きっかけになったのはそんな印象ですが、ほかにも自分のライフスタイルに合わせた勤務ができることや、入社してからも、産休や保育園の時間に合わせてのシフトを相談した際に親身になって一緒に働き方を考えてくれるなど、入居者様だけではなく、一緒に働いている職員にも寄り添ってくれる風土を魅力に感じます。
 
これまでのキャリア 以前の仕事は看護助手、医療系の仕事でした。
不規則な勤務で体を壊し、一度この仕事を離れようと工場勤務を経験しましたが、やはり自分は人と関わる仕事を、と考え経験を活かす事のできる介護職を選びました。

この仕事のポイント

仕事のスタイル 特定のお客様と長いおつきあいが続く仕事

先輩からの就職活動アドバイス!

最初からやりたいことが決まっている、そんな人は多くありません。
きっかけはなんでもいい。友達に誘われた、一緒についてきただけ。
どんな些細なことでもあなたが行動を起こせば、あとから振り返った時には立派なきっかけになっています。
自分から動くことは大変ですが、それで興味を持てることもあります。
そこから新しい自分を発見し、自分を知り、そしてあなたのやりたい事が見つかる。
まずは行動する。私はこれからも、それを大切にしていきたいと思います。

社会福祉法人慈照会の先輩社員

仕事中心掛けていることは、利用者様や家族の気持ち・意見に寄り添うこと。

特養
大西 裕子
滋賀文化短期大学(現びわこ学院大学短期大学部)

事務パートから正社員に。

総務
奥村 真希
佛教大学

7月1日に入社!!生活相談員として羽ばたきます!

生活相談員
黒瀬 遥
龍谷大学

利用者さんとの信頼関係を大切に。

特養、ショートステイ
中村 彩乃
滋賀文化短期大学(現びわこ学院大学短期大学部)

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になる 気になるリストに追加済 インターンシップ・仕事体験エントリー
閉じる
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
閉じる