株式会社中央公論新社
チュウオウコウロンシンシャ
2022

株式会社中央公論新社

出版社/読売グループ
業種
出版
新聞/広告/芸能・芸術/専門店(音楽・書籍・インテリア)
本社
東京

私たちはこんな事業をしています

中央公論新社は読売グループの一員として、創刊130周年を超える総合雑誌『中央公論』、女性に豊かな
生き方を提案する『婦人公論』などの雑誌を発行。「中公新書」「中公文庫」をはじめ、単行本・全集・叢書・選書などの歴史ある刊行物から、ノベルズ・コミックス、そして電子書籍などのデジタル企画まであらゆるジャンルの出版物を刊行している総合出版社です。

当社の魅力はここ!!

事業・商品の特徴

歴史と伝統を堅持しつつ、デジタル等の新規事業へ展開拡大中

『応仁の乱』などベストセラーを刊行する中公新書や「マンガ日本の古典」シリーズが好調の中公文庫など、歴史と伝統に裏打ちされた信頼ある刊行物を世に問う一方で、幅広い年代の女性から支持を得ている女性誌『婦人公論』ではWEB版‘婦人公論.jp’を2019年4月から本格スタート、早くも月間500万PV近くまで伸び、ています。電子書籍・デジタルコンテンツ分野へも積極的に展開し、より多くのお客様に様々な形で当社のコンテンツをお届けする努力を続けていきます。

事業優位性

読売グループ各社との連動、多彩なコンテンツ制作を実現

読売グループとして読売新聞・日本テレビ・読売巨人軍などグループ各社と連動した事業展開をしています。新聞連載小説などの単行本・コミック化をはじめ、読売巨人軍のイヤーブック、箱根駅伝ガイドの刊行、さらには人気作品の映像化での連動など、幅広いジャンルのコンテンツを企画・制作し、グループの相乗効果で企業価値の最大化を図っています。

施設・職場環境

快適な職場環境と施設、福利厚生制度も充実

東京メトロ大手町駅直結の好立地にある読売新聞ビルの19Fワンフロアが職場です。JR東京駅にも近く、5路線が乗り入れている大手町駅はどこへ行くにも至便です。共用の社員食堂を完備し、PCやWi-Fiの設備も整っています。また、福利厚生も充実しており、「育児や介護」と「仕事」の両立のため、育児休業や介護休業をはじめ様々な制度を設けており、性別、年齢問わず、多くの社員が制度を活用しています。

会社データ

事業内容 「中公新書」「中公文庫」をはじめとする書籍、『中央公論』、『婦人公論』などの雑誌の発行および販売。‘婦人公論.jp’などのWebコンテンツ事業、電子書籍の企画販売・展開事業ほか。
設立 1886年(明治19年)
資本金 7000万円
従業員数 148人(2020年1月現在)
売上高 59億(2019年3月実績)
代表者 代表取締役社長 松田陽三
事業所 〒100-8152
東京都千代田区大手町1-7-1
読売新聞ビル19階
気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました

ログイン・会員登録

ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
まだ会員でない方は
会員登録(無料)

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)