株式会社いすゞ中央研究所イスズチュウオウケンキュウショ

株式会社いすゞ中央研究所

いすゞグループ/研究・開発(機械・電気・電子情報工学)
業種 自動車
輸送機器/機械/半導体・電子部品・その他/情報処理
本社 神奈川
インターンシップ・1day仕事体験の評価(-件)
  • 総合評価
  • -
  • 評価が高い項目
  • -

先輩社員にインタビュー

エネルギー技術研究
矢作(32歳)
【出身】北海道大学大学院  人間機械デザインシステム専攻 卒
【年収】非公開
これが私の仕事 制御技術を燃費向上に活かす
近年,自動車業界は制御技術が求められています.制御技術はアクティブセーフティ等の安全性や燃費向上のため必要となっています.その中で私は,商用車の燃費向上に関わる研究開発をしています.
具体的には,新しいシステムや現在抱えている課題を改善できる制御ロジックや状態推定ロジックを作成し,シミュレーションによる検討から実車試験による検証を行うことで,さらなる燃費効果を得ることを目指しています.
 
だからこの仕事が好き!
一番うれしかったことにまつわるエピソード
考えたことを実行できるところが好き
走行中に自動車がどのような状態であるかを推定するロジックを考え,シミュレーションだけでなく実際に車を動かして仮説どおりにうまくいったときです.
入社1年目のとき,実車試験の準備からデータ計測・解析を行い,その結果に基づいて推定ロジックを何度か修正して最終的に望んだ結果を出せたときのことが印象に残っています.
また,先輩社員やメカニックの方に試験内容や安全に実験を行うためのアドバイスをもらったり,試験準備の協力をしていただきました.
このとき,自動車という比較的規模の大きいシステムを試験するには,一人だけでできることは少ないということを実感しました.
 
ズバリ!私がこの会社を選んだ理由  ここが好き 制御技術を活かした研究開発をしたいため
まず,企業の研究機関を志望した理由として,研究した成果を社会に活かせると思ったからです.
次に,自動車業界を選んだ理由ですが,学生のときからモビリティや制御に関する研究に興味をもっていたことに加え,近年は自動車に制御技術の取り入れが求められており,やりたいことができるのではないかと思いました.
また,商用車は乗用車と比較し,車両重量や重心が変化しやすいことやより厳しい耐久性がある等の課題があると考え,挑戦しがいがあると感じました.
さらに,いすゞ中央研究所は仕事が細かく分業化されていないため業務範囲が広く,やりがいがあると思い志望しました.
 
これまでのキャリア 研修(10カ月)→研究開発(現職:今年で6年目)

この仕事のポイント

職種系統 応用研究・技術開発
仕事の中身 日常生活や身の回りで欠かせないモノやサービスを扱う仕事
仕事でかかわる人 その道のプロと呼ばれる人と一緒に進める仕事
仕事で身につくもの 新しいモノを生み出す力が身につく仕事
特に向いている性格 何事にも粘り強さで勝負する人向きの仕事

先輩からの就職活動アドバイス!

1つの業界に絞らず幅広く検討することで新たな発見ができ,広く検討した中からより興味をもった業界の会社を調べるとよいかと思います.
また,会社のホームページだけでなく,実際にあらゆる業界の先輩社員と話すことではじめてわかることもあります.
悩むこともあるかと思いますが,自分自身が納得できる就職活動になることを応援しています.

株式会社いすゞ中央研究所の先輩社員

将来のディーゼルエンジン性能向上技術の研究開発

エンジンシステム研究
大橋 伸匡
横浜国立大学 工学部 システム統合工学専攻

限定地域自動運転のための要素技術研究

車両研究
吉野 恭司
早稲田大学 先進理工学部 電気・情報生命工学科

AIを駆使したデータ分析で今までにない付加価値を生み出す

エネルギー技術研究
下沢 智啓
九州工業大学大学院 工学部 機械知能工学研究科

実験や数値計算を用いたシミュレーションによるディーゼルエンジンの研究

エンジンシステム研究
三田 拓朗
東海大学 工学研究科

トラックの安全支援装置の研究開発

車両研究
深沢
横浜国立大学 機械システム工学コース

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になる 気になるリストに追加済 インターンシップ・仕事体験エントリー
閉じる
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
閉じる