株式会社栄電子サカエデンシ

株式会社栄電子

JASDAQ上場/電子部品総合商社/半導体・電子・電気部品・機械系
  • 株式公開
業種 商社(電機・電子・半導体)
商社(機械)/商社(医療機器)/商社(自動車・輸送機器)/商社(事務機器・OA関連)
本社 東京

先輩社員にインタビュー

首都圏営業部
実川 隼登(28歳)
【出身】二松学舎大学  国際政治経済学部 卒
【年収】非公開
これが私の仕事 450社以上に及ぶメーカーの電子部品を提案する営業
顧客訪問の外勤と、オフィスでの内勤業務を行います。外勤では、継続してお取引いただいている顧客に訪問し、新しい部品のPRを行ったり、お困り事をお伺いします。内勤では、営業資料作成、見積書の作成、顧客から頂いたお困り事(=宿題)解決のために調べ物や、製造元のメーカーとやり取りをします。

私は、顧客の困り事が解消して、感謝してもらえることにやりがいを感じます。どうしても納期を間に合わせるために、部品を直ぐに入手したい、でも普通にやっていたら、何ヶ月も待たなければならない。そうした際に我々商社が仲立ちとなり、製造元との談判や、特別ルートで調達したりと、あらゆる手段を講じます。問題が解消して、助かった!といってもらえること、そうした事が次の仕事に繋がっていく所が面白いです。
 
だからこの仕事が好き!
一番うれしかったことにまつわるエピソード
ピンチを乗り越えて信頼向上!顧客との信頼関係が築けた。
営業部に配属後、1年目の私はその道20年のベテランから担当顧客を引き継ぎました。周囲のサポートがあったものの、実力的に大きく劣り、顧客に中々振り向いてもらえませんでした。そうした状況下で、頂いた注文の納期トラブルが発生。結果的には上司、関係部署の協力で、顧客に納得して頂けたのですが、非常に悔しい思いをしました。自分がもっと早く相談をしていれば、より良い解決が出来たのに。

この経験で、まず自分が精一杯動いてみるとこと、駄目なのであれば、こちらから周囲に働きかけること。立ち止まってしまわないことが教訓となりました。時間は掛かりましたが、そうした姿勢で顧客と向き合うことで、顧客から商談をいただける関係となり、嬉しかったことを記憶しています。
 
ズバリ!私がこの会社を選んだ理由  ここが好き 老舗の商社として蓄積された手法を次の世代へ。若手尊重の姿勢に惹かれた。
私が初めてこの会社に訪れたのは、今にも雪が降らんかという寒さの1月でした。そんな気候の中、当時の社長室長と採用担当者が玄関で出迎えをしてくれていたんです!寒さに肩を震わせながら、学生を待っている会社なんて、多くの会社を訪れて初めてのことでした。

その日、社長とも話す機会があり、若手に大変期待を寄せていることを、言葉と態度で示してくれました。どういう会社に入れば良いのか、悩みながら就職活動をしていた自分にとって、その言葉と態度が悩みの解決となったことが入社の決め手です。
 
これまでのキャリア 2014年新卒入社→総務配属(内部・外部研修 倉庫業務研修)→本社営業部配属(現職7年目)

この仕事のポイント

職種系統 営業(企業向け・得意先中心)
仕事の中身 生活基盤や社会インフラを作り上げる仕事
仕事のスタイル 機敏なフットワークと行動力が必要な仕事
仕事でかかわる人 企業を相手に商談を行う仕事
仕事で身につくもの 臨機応変な対応力が身につく仕事
特に向いている性格 ヒトの気持ちを理解し、相手に合わせた対応がとれる人向きの仕事

先輩からの就職活動アドバイス!

皆さんにとって就職活動は初めての連続だと思います。だからこそ、立ち止まって悩みもするし、失敗もするし、時として落ち込む事も当然です。私も就職活動で大いに悩みましたが、この会社に出会ってみて、感覚的にしっくりきたことを覚えています。1人ひとり個性はイロイロ、企業もイロイロ。現時点の自分が納得いくまで多くの企業に出会ってみてはいかがでしょうか。

皆さんの健闘をお祈りいたします!

株式会社栄電子の先輩社員

電子部品の営業。お客様は同業の商社。

首都圏営業部
増田 燎
明治大学 商学部

総務部/社員の皆さんが快適に仕事ができるよう、様々な面からサポート。

総務部
原 雅穂子
中央大学 文学部 社会情報学専攻

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になる 気になるリストに追加済
閉じる
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
閉じる