株式会社SUU・SUU・CHAIYOO
スースーチャイヨー
2022

株式会社SUU・SUU・CHAIYOO

オールドタイランド/クルン・サイアム/タイ料理研究所/
業種
商社(食料品)
食品/外食・レストラン・フードサービス/商社(インテリア)/その他専門店・小売
本社
東京

私たちはこんな事業をしています

【世界No.1のタイ料理チェーンに!】

当社は、社員の約7割が外国人という環境で、「クルン・サイアム」「オールドタイランド」など
4つのブランド名のタイ料理店を国内で13店舗、タイで1店舗展開している企業です。
世界でいちばんお客様や社員に喜ばれるタイ料理チェーンを目指し、
「タイ料理の普及を通じて社会貢献する」という理念のもと、
今後は国内はもとより、アジア、米国を含めた海外出店を進めていきます。

当社の魅力はここ!!

企業理念

我々はタイ料理とタイ文化の普及を通じ成長し世の中に貢献します

はじめまして、代表の川口です。私がなぜこのタイ料理店をはじめたか? それは私がまだ外務省に勤めていた時のこと。色々な国を訪問する中で、タイ人の明るさや優しさとタイ料理の美味しさに魅せられました。自分でも驚きましたが、飲食店で働いたこともなかった自分がその後、一生をタイ料理の普及に捧げることになるとは…タイ料理にはまだまだ無限の可能性が秘められています。年々、タイからの観光客も、タイへの観光客も増えていますが、もっともっと沢山の人に知ってもらいたい魅力がタイには満ち溢れています。私たちは、お客様や従業員に世界一喜ばれるタイ料理チェーンを目指し、今後も成長していきます。

戦略・ビジョン

タイ料理とタイ文化の普及を通じ成長し世の中に貢献する

当社は経営理念に「タイ料理とタイ文化の普及に命を懸けます。社会に貢献します。」を掲げています。たくさんの人に本場のタイ料理を食べて頂きたいという想いで、キッチンは100%タイ人です。また、心地よいタイ文化を楽しんで頂くために、内装やサービスにもこだわっています。今後もタイ料理のファンが増えるように国内だけではく、海外にも店舗展開し、またご来店頂けるような満足のいくサービスを提供し続けていきます。

社風・風土

過去や未来ではなく「今」を一生懸命に生きて楽しんで欲しい

未来や結果を求めてしまうとキリがないので、手の届かない”なにか”ではなく、目の前のことに集中することが大切だと思います。また、他人と比較しないことと、結果ではなくプロセスを重視することに気を付けています。結果で判断してしまうと、出来たら良い、出来なかったらダメ、と評価してしまうからです。私たちは評価するのではなく、一緒に学ぶ、一緒にできるようになって喜べる関係でいたいと思っています。根底にあるのは、従業員全員が幸せになって欲しいという想いです。未来や過去に気が向いてしまったり、他者や評価を気にしてしまうと幸せにはなれないと思っているので、”今”を”主体的”に頑張ってほしいと思います。

会社データ

事業内容 ■タイ料理レストランの経営・プロデュース(国内15店舗・海外1店舗)
■雑貨輸入
社名の由来 タイ語で、SUU・SUUは「頑張れ」、CHAIYOOは「万歳」を意味します。

タイ語のかわいらしい発音と、「頑張れ!!頑張れ!!万歳!!!」という
勇ましい意味がどことなく ミスマッチで面白いですが、
我々の使命や理念をあらわのにふさわしい社名となっています。
設立 2004年9月
資本金 1100万円
従業員数 正社員190名(社員72名)
※約7割は外国人スタッフです
売上高 ◆第16期(2019年)12億2千万円
◆第15期(2018年)9億1千万円
◆第14期(2017年)9億7千万円
◆第13期(2016年)9億1千万円
◆第12期(2015年)7億7千万円
◆第11期(2014年)6億2千万円
代表者 代表取締役 川口 洋

<代表者略歴>
大学在学中に初めて飛行機に乗り、ヒッチハイクでニュージーランドを放浪。
以来旅にはまり、アジア、欧米、中東、アフリカと全世界40ヶ国以上を渡航。
その後、「海外の人と仕事がしてみたい」という理由で外務省に入省。
中東勤務中に現地のタイ大使館職員やコックと知り合い、自身もタイへ渡航。
以来、タイに魅了され、34歳でタイ料理店の開業を決意。
本社 東京都目黒区駒場3-5-18 シャローム駒場203
経営理念 <我々は、タイ料理とタイ文化の普及を通じ、成長し世の中に貢献します。>
◆衛生的で美味しい料理
◆心のこもった笑顔のサービス
◆チームワーク良く、楽しく、誇りをもって働く

経営ビジョン 「世界No.1タイ料理チェーンとなる」

私たちは、挑戦と創造でSUU・SUU・CHAIYOOを
世界でいちばんのタイ料理チェーンにします。
※「いちばん」=「いちばんお客様に喜ばれる」
店舗 <タイの食卓 オールドタイランド>
19世紀末の首都バンコクに建てられた貴族の家をイメージ。
東洋文化と西洋文化が絶妙に溶け合った落ち着いた雰囲気の中、
本場そのままの本格的なタイ料理を楽しめるタイ料理レストラン。
◆飯田橋店…東京都千代田区富士見 2-3-8 横江ビル2F
◆新橋店・ネスト店…東京都港区新橋2-15-3 1F&2F
◆市ヶ谷店…東京都千代田区六番町4-3 GEMS市ヶ谷3F


<タイの食卓 クルン・サイアム>
20世紀初頭のバンコクに立てられた西洋風の店内をイメージした
おしゃれな雰囲気の中、本格的なタイ料理を味わえるレストラン。
◆自由が丘店…東京都目黒区自由が丘2-11-16 エクセレンスビル2F
◆吉祥寺店…東京都武蔵野市吉祥寺本町1-8-24 小島ビルB1
◆六本木店…東京都港区六本木7-10-4
◆中目黒店…東京都目黒区上目黒1-6-5 森ビル2F202
◆アティック店…東京都目黒区自由が丘1-13-13 KAWABE BLD4F
◆大井町店…東京都品川区東大井5-1-14 K-52
◆渋谷文化村通り店…東京都渋谷区道玄坂2-22-2 渋谷道玄坂1956 2F
◆GEMS神宮前店・・・東京都渋谷区神宮前6-19-17 GEMS神宮前6F
◆プロンポン店・・・20/11, Sukhumvit Soi 39,
Sukhumvit Road, Klongton nua, Wattana, Bangkok 10110
◆東京ドーム店・・・東京都文京区後楽1-3-61

<タイ料理研究所>
クルンサイアムやオールドタイランドから生まれた、
本格的なタイ料理をリーズナブルな価格で提供する新たなブランド。
◆渋谷店…東京都渋谷区桜丘町24-8 新南平台マンション102
◆東京ドームシティー店・・・東京都文京区後楽1-3-61 黄色いビル1F
◆下北沢店…東京都世田谷区北沢2-24-2 シモキタエキウエ 2F

<THAI STREET FOOD>
微笑みの国、タイの雰囲気を感じながら、異国情緒溢れる店内で、
日常の憩いの場として食事を楽しめるタイ料理レストラン。
◆池袋店・・・東京都豊島区西池袋1-1-25  B1東武イケチカDining
◆六本木ヒルズ店・・・東京都港区六本木6丁目2番31号六本木ヒルズノースタワー地下1階
沿革 ◆2004年09月…前身の有限会社設立
◆2004年11月…クルン・サイアム自由が丘店オープン
◆2007年04月…オールドタイランド飯田橋店オープン
◆2008年06月…クルン・サイアム吉祥店オープン
◆2009年11月…クルン・サイアム六本木店オープン
◆2010年02月…株式会社SUU・SUU・CHAIYOO(略(株)S.S.C.)に商号変更
◆2010年10月…クルン・サイアムアティック店オープン
◆2010年12月…クルン・サイアム中目黒店オープン
◆2012年05月…オールドタイランド新橋店オープン
◆2013年08月…クルン・サイアム大井町店オープン
◆2014年06月…タイ料理研究所駒場東大前店オープン
◆2014年11月…オールドタイランド市ヶ谷店オープン
◆2015年03月…タイ料理研究所渋谷店オープン
◆2016年 4月…オールドタイランド 新橋ネスト店オープン
◆2016年 5月…タイストリートフード 池袋店オープン
◆2017年 7月…クルン・サイアム 渋谷文化村通り店オープン
◆2018年4月・・・クルン・サイアム GEMS神宮前店オープン
◆2019年3月・・・クルン・サイアム 東京ドーム店
◆2019年3月・・・タイ料理研究所 東京ドームシティー店
◆2019年11月…タイ料理研究所 下北沢店オープン
HP http://www.sscy.co.jp/
【新型コロナウイルス感染症への対応】 ・説明会会場にアルコール消毒薬を用意します。
・予定どおり自社にて説明会を実施します。
 来社に不安のある方は、個別に電話にて面談等の相談に応じます。
気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました

ログイン・会員登録

ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
まだ会員でない方は
会員登録(無料)

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)