コトブキ製紙株式会社コトブキセイシ

コトブキ製紙株式会社

製紙メーカー/製紙製造/リサイクル/環境/環境保全/環境分析
業種 その他製造
紙・パルプ/化学/繊維/商社(紙)
本社 佐賀
インターンシップ・1day仕事体験の評価(-件)
  • 総合評価
  • -
  • 評価が高い項目
  • -

先輩社員にインタビュー

営業部 お客様サービスチーム
阿久根 徹也(31歳)
【出身】佐賀大学  農学部生物環境科学科 卒
【年収】非公開
これが私の仕事 お客様に確実に商品をお届けします!佐賀のメーカーで働く!
私の仕事は、お客様が欲しい商品を欲しい時に確実にお届けすることです。といっても、直接お客様に販売したり、製品を作ったりお届けするわけではありません。
営業がお客様から注文を取り、注文状況に合わせて製造の計画を立てます。立てた計画をもとに製造部が生産します。この生産の計画と作るための材料の購入が主な仕事です。私一人では何もできませんが、協力することで、お客様に喜んでいただけます!生産の管理、ご注文の受注。生産する資材の仕入れを通して、広く会社に貢献することができています。
佐賀で働きたい人、メーカーで働きたい人、製造業に興味がある人、お待ちしています!
 
だからこの仕事が好き!
一番うれしかったことにまつわるエピソード
仕事を"点"でなく、"線"ですることが大切です!
私が失敗すると、営業にも迷惑をかけることになりますし、ひいてはお客様に迷惑をかけることになります。また私の生産計画や仕入れの不手際で製造部も生産ができないことになったり生産効率が落ちることにもなります。実際に迷惑かけたこともたくさんありました。だからこそ責任ある仕事だとやりがいを感じています。
仕事は1人でしているように感じますが、多くの人の仕事でできています。それを強く実感できるのが今の仕事のいいところだと感じます。大学からお世話になった佐賀県に貢献できるメーカーだということ、古紙のリサイクルを通して環境に貢献できることもこの仕事の良いところです。
 
ズバリ!私がこの会社を選んだ理由  ここが好き よいところも悪いところも包み隠さない会社です。
佐賀県の大学で環境系の勉強をしていたことと、何となくメーカーを探していました。メーカーの中でも製紙業というあまり聞かない業種にも興味を持ちました。ただ一番の決め手はありのままの姿を見せてくれた会社だったことです。新卒採用を始めたのが私が入社した時からでした。当時説明会に来ていた社員は学生の前で話すのは初めて。決して上手なプレゼンではありませんでした。そこがいいなと思ったのがきっかけでした。同じように上手でなかった私の面接の様子を見ても、変な奴だと思わずに採用してくれたのではないかと思います。
 
これまでのキャリア コトブキ製紙の新卒採用1期生として入社。入社後は製造部に6年ほど所属し製造の知識や技術を学びました。入社9年目の現在は生産管理や購買業務を担当し知識や経験を積んでいます。人を育てる事が今後の課題です。

この仕事のポイント

職種系統 生産管理・品質管理・メンテナンス
仕事の中身 日常生活や身の回りで欠かせないモノやサービスを扱う仕事
仕事のスタイル 臨機応変な対応力が必要とされる仕事
仕事でかかわる人 企業を相手に商談を行う仕事
仕事で身につくもの 人を動かしたり、管理する能力が身につく仕事
特に向いている性格 大勢の人と協力しながら進めるのが好きな人向きの仕事

先輩からの就職活動アドバイス!

どんな仕事があるか?やりたい仕事かどうか?ばかり考えるのでなく、生きていく中で何を成し遂げたいか?や、どうなりたいかをまず考えて欲しいと思います。仕事は目の前にあることですが、成し遂げたその先を見れないとやりがいをもって働けないと思います。仕事は人から指示されてやるのではなく、自分からやるものです。そういった生き方ができる職場を是非見つけてください。

コトブキ製紙株式会社の先輩社員

人と人が繋がっていることを肌で実感できる仕事です!佐賀からはばたけ!

営業本部第一営業G
広瀬 翔也
佐賀 経済学部 経済システム課程

お客様のお困り事解決のお役に立つこと!メーカーの誇りをもって活動!

営業本部 第1営業G
山口 真史
長崎総合科学大学 人間環境学部環境文化学科

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になる 気になるリストに追加済 説明会・イベント予約
閉じる
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
閉じる