株式会社 タネトネタネトネ

株式会社 タネトネ

学習塾/教育/子ども/勉強/英語/企画/イベント/人材/ベンチャー
業種 教育関連
商社(教育関連)/印刷関連
本社 東京

先輩社員にインタビュー

佐藤直紀
【出身】法政大学  国際文化学部 国際文化学科 卒
【年収】非公開
これが私の仕事 ”教”えて”育”てる
僕の仕事は、”教”えて”育”てること。
勉強を教えることは、(少々極端ですが)誰でもできるんじゃないか?と思います。

でも、素直な気持ちで自らの成長を欲しがらせ、理解させ、成長に導くことは簡単なことじゃない。まず自らが素直に欲しがり、理解し、成長していくこと。その姿勢を相手に映し、背中を押してあげること。これが僕の仕事だと思っています。

成長の気持ちよさを”教”え、主体性を”育”てる。(またまた極端ですが)僕の仕事は、僕自身が成長することだと思います。
 
だからこの仕事が好き!
一番うれしかったことにまつわるエピソード
生徒が自分の気持ちに素直になる瞬間が大好き
生徒が自分の気持ちに素直になる瞬間が大好きです。
例えば、普段から自分を応援してくれる人に、お礼を言うこと。毎日起こしてくれてありがとう。心配してくれてありがとう。応援し続けてくれてありがとう。・・・『まぁ、なんて素直な子!』じゃないんです。
これ、生徒みんな、思ってます。が、恥ずかしさや、ある一時の苛立ちに邪魔されて感謝できない。そこまではみんな一緒。突然現れた第三者の私たちが、そこにラインを引いてあげると…何かに阻まれていた感謝が飛び出す瞬間があります。応援してくれる存在と素直に向き合ったとき、心のど真ん中に感謝が残った。だから『ありがとう』を口にする。その瞬間は、たとえば私のやりがいです。
 
ズバリ!私がこの会社を選んだ理由  ここが好き 私を喚起してくれる環境
社会に飛び出すときに、自分は大人になったのだろうかと自問しました。明確なイエスにたどり着けずにいた時、素直な気持ちで成長を望みました。成長して、自立すること。これが社会人ステージの課題だと思ったとき、自分の成長によって一番効果があがることは何か考えました。そして、自分の成長に対する姿勢をみせて周りの成長を促すことなのではないか。私の成長を見て、周りがモチベーションを上げ、更なる成長でもって私を喚起してくれる環境。そこを職場としたいと思い、選びました。大学卒業をもって自分を完全体としなかった、むしろ強く否定した。だからこそ、成長にこだわることができる弊社を立ち上げました。
 
これまでのキャリア 平成23年 某ベンチャー企業第2期生として入社   
平成27年 (株)タネトネ設立。講師として、授業・カリキュラム作成に従事
独創的な発想や文才、型にハマらないアイディアを提案。4号店の講師責任者を務める。

この仕事のポイント

職種系統 教師
仕事の中身 イキイキした地域社会をつくっていく仕事
仕事のスタイル 何人もの人を動かすリーダーシップが問われる仕事
仕事でかかわる人 子供と接する機会が多い仕事
仕事で身につくもの 上質のサービスや商品に接し、知識・教養が深まる仕事
特に向いている性格 自分の個性やセンスを活かしたい人向きの仕事

先輩からの就職活動アドバイス!

素直になってください。
社会には仲間がいて、助けて、助けてもらって、ゴールに向かう。
長い社会人生活の中で、何かを教えてくれるのは、業務内容ではなく、そこにいる人だと思います。何をするか?によって大きく羽ばたくのではなく、誰とするか?によって大きく羽ばたく。そして、アナタが理由で人が大きく羽ばたくようになる。『アナタがいたから大きく飛べた。』と言われたら。
そのために、素直に成長を欲しがりませんか。

株式会社 タネトネの先輩社員

変わるきっかけを与える仕事

高ヶ内真子
東京学芸大学 教育学部

子どもたちの可能性をつくる仕事

大出絵美
創価大学 文学部

『唯一無二のもの』

竹ノ内亮介
日本大学 商学部商業学科

インフルエンサー

石橋澪
関西外国語大学 外国語学部英文語学科

きっかけを与える仕事

遠藤あかり
日本大学 文理学部国文学科

「わからない」 「できない」 「どうせ、無理だし」

田所侑衣
早稲田大学 教育学部英語英文学科

先輩社員をすべて見る

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になる 気になるリストに追加済 インターンシップ・仕事体験エントリー
閉じる
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
閉じる