東洋炭素株式会社
トウヨウタンソ

プレエントリーとは、「御社に興味があります」という意思表示です。エントリーシートの提出締切や説明会・面接開催情報を企業から受け取ることができます。

  • OpenES
  • 正社員
業種
化学
半導体・電子部品・その他/プラント・エンジニアリング/機械/その他製造
本社
大阪

私たちはこんな事業をしています

当社は1941年に創業し、カーボンブラシの製造から事業をスタートした歴史のある企業です。
創業以来、「どこにもないモノを創る」というパイオニア精神を持ち続け、
常に世界最先端の技術を追求しながら創造的で革新的なカーボン製品の製造に関わってきました。
特に世界に先駆けて開発に成功した「大型等方性黒鉛」の量産化では、
時代のニーズに対応したさまざまな製品へと応用され、私たちの生活を豊かにしています。

当社の魅力はここ!!

戦略・ビジョン

カーボンのパイオニアとして「真のグローバル企業」をめざす

創業以来取り組んできた「カーボン」をベースにした高機能製品は時代のニーズを受け、現在幅広い産業で活用されています。自動車・家電・半導体から原子炉まで、日本だけでなく世界中の重要な産業、エネルギー分野でなくてはならないものとなってきました。ワールドワイドに広がる需要に応え、タイムリーに製品を供給する体制を整えるべく、現在では世界各地に拠点を展開しながらグローバル企業としてのさらなる成長戦略に基づく積極的な取り組みをおこなっています。より一層の品質向上と世界のスピードに対応するグローバルレベルでの経営管理体制を構築し、21世紀を通じてさらなるイノベーションを続ける企業として活躍していきます。

企業理念

カーボンの可能性を追求し続けることで世界に貢献する企業として

当社は長きにわたりカーボンの可能性を追求し続け、独自の技術開発で世界に先駆けた製品を数多く送り出しています。カーボンは有史以来、人類にとって重要な素材として活用されてきました。20世紀後半にカーボンナノチューブなどの新たな組成による可能性が発見されるなど、いまだに進化を続けているユニークな素材です。特に宇宙開発・半導体分野・エネルギー分野など、現代の最先端産業においてなくてはならないものであり、重要性はますます高まっています。私たちは、長年蓄積してきたノウハウと技術力を駆使しながら、カーボンの新たな可能性を追求し続けることで、この分野で世界をリードする企業となることをめざしています。

社風・風土

働きやすい職場環境の整備をめざした取り組み

ワーク・ライフ・バランスの推進を目標に掲げ、性別にかかわらず社員一人ひとりがその実力を遺憾なく発揮し、仕事と家庭を両立させながらいきいきと活躍できるよう、職場環境の充実に取り組んでいます。この目標を達成するため、具体的な推進計画を策定することで見える化し、着実に制度設計を進めながら、周知徹底をはかっています。2010年からの取り組みによって、ワーク・ライフ・バランスの推進が一定の成果を達成したことを受けて、現在ではさらに次のステップとして、「仕事と生活の調和」を目標とした新たな取り組みを進めています。時短勤務や有給の積立制度など積極的な制度の導入を進めながら、働きやすい職場の実現をめざしています。

みなさんにはこんな仕事をしていただきます

技術系総合職もしくは営業系総合職にて活躍していただきます。

■技術系総合職
1)製品や加工技術の開発職
2)製品、設備の技術的改良を担う生産技術職
3)営業職の技術的フォローを担うセールスエンジニアリング

■営業系総合職

会社データ

事業内容 高機能カーボン製品の製造、販売及び関連する加工事業
設立 1947年7月
資本金 79億円 (2019年12月31日時点)
従業員数 単体 832名(2019年12月期)
売上高 266億円(単体 2019年12月期)
代表者 代表取締役会長兼社長兼CEO 近藤 尚孝
事業所 ■本社
〒555-0011 大阪府大阪市西淀川区竹島5-7-12
■営業所
東京営業所・東北営業所・北陸営業所・名古屋営業所・広島営業所・四国営業所・九州営業所
■研究センター
東洋炭素総合開発センター(大阪)、東洋炭素生産技術センター(香川県)
■工場
詫間事業所(香川県)、萩原工場(香川県)、いわき工場(福島県)
■海外子会社・関連会社 16社
(アメリカ、イタリア、フランス、ドイツ、中国、台湾、韓国、タイ、シンガポール、インドネシア、メキシコ)
沿革 1941年2月「近藤カーボン工業所」を創設 カーボンブラシの製造を開始
1947年7月「近藤カーボン工業株式会社」を設立 資本金198,000円
1949年11月「東洋炭素株式会社」に社名変更 資本金1,000,000円
1980年5月 四国工場を分離し、「東炭化工株式会社」とする
1987年4月「TTA,INC」設立(アメリカ)
1988年8月「GRAPHITES TECHNOLOGIE et INDUSTRIE S.A.」設立(フランス)
1991年4月「GRAPHITE TECHNOLOGY APPLICATIONS S.R.L.」設立(イタリア)
19915月「GTD GRAPHIT TECHNOLOGIE GmbH」設立(ドイツ)
199111月「Seiko Tanso Co., Ltd.」の株式を取得(台湾)「TOYO TANSO USA,INC」設立(アメリカ)
1994年3月 大野原工場を「大野原技術開発センター」に改組
1994年8月「上海東洋炭素有限公司」設立(中国)
1995年2月 詫間工場を「詫間事業所」に改組
1997年1月「ROGNONI S.p.A.」の全株式を取得(イタリア)「TOYO TANSO EUROPE S.p.A」に社名変更(イタリア)
1998年2月 近藤興産と合併、資本金を1,090,075,648円とする
1998年9月「大和田カーボン工業株式会社」の全株式を取得
2000年4月「上海永信東洋炭素有限公司」設立(中国)
2003年9月「上海東洋炭素工業有限公司」設立(中国)
2005年4月「嘉祥東洋炭素有限公司」設立(中国)
2006年3月 東京証券取引所市場第一部に株式を上場
2006年9月 「TOYO TANSO KOREA CO.,LTD.」設立(韓国)
2007年12月 本社を大阪市北区梅田に移転 旧本社を「近藤照久記念東洋炭素総合開発センター」に改組 大野原技術開発センターを「東洋炭素生産技術センター」に改組
2008年3月「TOYO TANSO (THAILAND) CO., LTD.」設立(タイ)
2010年8月「TOYO TANSO SINGAPORE PTE. LTD.」設立(シンガポール)
2011年3月「TOYO TANSO INDIA PRIVATE LIMITED」設立(インド)
2013年4月「TOYO TANSO GRAFIT VE KARBON URUNLERI SAN. VE TIC. A.S. (TOYO TANSO GRAPHITE AND CARBON PRODUCTS INDUSTRY AND COMMERCIAL A.S)」設立(トルコ)
2013年11月 本社を大阪市西淀川区竹島に移転
2014年9月「東洋炭素(浙江)有限公司」設立(中国)
2015年5月「PT. TOYO TANSO INDONESIA」設立(インドネシア)
2015年12月「TOYO TANSO MEXICO S.A. DE C.V.」設立(メキシコ)
2019年6月 成都東洋炭素工業有限公司を設立 (中国)
ホームページ https://www.toyotanso.co.jp/

連絡先

〒555-0011 大阪市西淀川区竹島5-7-12
東洋炭素株式会社 総務人事部 総務人事課
光島 将毅
TEL:06-7177-0982
E-mail:saiyo@toyotanso.co.jp
掲載開始:2021/03/18

東洋炭素株式会社に注目した人は、他にこんな企業を注目しています

東洋炭素株式会社に注目した人は、他にこんな条件から企業を探しています

プレエントリー候補数が多い企業ランキング

あなたの学校のランキング

さらにログインすると…

あなたの学校の学生が注目している
企業ランキングが見られます!

※リクナビ2022における「プレエントリー候補」に追加された件数をもとに集計し、プレエントリーまたは説明会・面接予約受付中の企業をランキングの選出対象としております。

リクナビTOPへ

プレエントリー候補に追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
プレエントリー候補の追加に失敗しました

ログイン・会員登録

ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
まだ会員でない方は
会員登録(無料)
プレエントリーとは「御社に興味があります」という意思表示のことです。プレエントリーをすると説明会・面接予約などの選考情報を企業から受け取ることができます。
プレエントリー候補に追加プレエントリー候補に追加済
プレエントリー候補に追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
プレエントリー候補の追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)