日本臓器製薬株式会社ニッポンゾウキセイヤク
業種 医薬品
本社 大阪
インターンシップ・1day仕事体験の評価(-件)
  • 総合評価
  • -
  • 評価が高い項目
  • -

先輩社員にインタビュー

製剤研究所第三研究室
番場 宏和
【出身】星薬科大学大学院  薬学研究科 卒
【年収】非公開
これが私の仕事 薬効成分の製剤化検討から治験薬製造まで
一般的に私達が目にする薬剤は薬効成分だけではなく医薬品添加剤が含まれています。薬効成分と医薬品添加剤を組み合わせて、優れた薬剤を創作するための処方設計をしています。さらには、新医療用医薬品として承認するための治験薬の製造、承認申請も行っており、製剤の川上から川下まで幅広い仕事内容となっています。良いアイディアがあれば提案し、採用されればテーマを立ち上げることもできます。そのため、製剤に対する深い知識や臨床現場でのニーズ・医薬品業界の方向性を把握しておく必要があります。私自身、学ぶべきことが多いので、少しずつですが製剤に関して知識を深めていることに喜びを感じています。
 
だからこの仕事が好き!
一番うれしかったことにまつわるエピソード
独創的な製剤を生み出すプロフェッショナルに!!
製剤研究所ではベテランだけではなく若手でも自分のテーマを持っています。そのため部分的な歯車として製剤開発に関わるのではなく、自分自身で仕事を進めていかなければいけません。また、承認申請までは、社内・社外とも連携をとることが多く、製剤全般に対する知識や経験が培われテーマに対する責任感も生まれます。製剤研究所は所内の風通しも良く、頼れる先輩方がサポートしてくれるため、安心して仕事ができることに感謝しています。
 
ズバリ!私がこの会社を選んだ理由  ここが好き 自分の可能性・視野を広げることができる
最初にMRを経験することに対して不安はありましたが、逆に、この会社に入ればMRを経験することができると考えて入社しました。MRを経験することで臨床現場の声、医薬品業界の流れ、営業の苦労や努力を知ることができました。もしも最初から研究をしていたとすれば気づかなかったことも多いと思います。また、各部門が機能することで会社が成り立っていることも実感できました。現在、製剤研究所の研究員として、臨床現場のニーズ・営業的視点を考えて創作しなければいけないと考えて仕事をしています。また、MRの時もそうでしたが、仕事をサポートしてくれる上司、先輩、後輩がいることは大変心強い支えとなっています。
 
これまでのキャリア 2012年入社、本社研修後名古屋支店に配属され、3年間MRとして勤務。
2015年10月から製剤研究所第三研究室で勤務。

この仕事のポイント

職種系統 応用研究・技術開発
仕事の中身 ヒトの美容や健康を支える仕事
仕事のスタイル 目標をきちんと予定通り進めることが必要な仕事
仕事でかかわる人 その道のプロと呼ばれる人と一緒に進める仕事
仕事で身につくもの 客観的に整理・分析する能力が身につく仕事
特に向いている性格 何事にも粘り強さで勝負する人向きの仕事

先輩からの就職活動アドバイス!

先のことを考えて不安や心配もあると思いますが、何がしたいのか自分に正直になって選択してしてください!

日本臓器製薬株式会社の先輩社員

製品の品質をトータルで考える

生産本部 品質管理課
影山 浩史
徳島文理大学 薬学部・衛生薬学科

医薬品の種を創り出す仕事

生物活性科学研究所 探索研究部 合成研究室
安田 幸司
東京大学大学院 薬学系研究科

医療用医薬品の開発。治験の計画書作成から承認申請まで

開発本部 臨床開発部
岡田 玲奈
京都産業大学 工学部 生物工学科

営業チームリーダーとして大阪府泉州・南河内~和歌山県のエリアを担当

大阪支店 医専営業2課 5チーム
津守 博夫
愛媛大学 農学部 生物資源学科

「薬」を通して人の役に立つ

福岡支店 北九州分室
古澤 貴大
福岡大学 スポーツ科学部・スポーツ科学科

創薬の初期段階~薬の種を探索する仕事~

生物活性科学研究所 薬理研究部 分子薬理研究室
出口 恵
岡山大学大学院 医歯薬学総合研究科

先輩社員をすべて見る

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になる 気になるリストに追加済
閉じる
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
閉じる