東洋自動機株式会社トウヨウジドウキ
業種 機械
本社 山口、東京

先輩社員にインタビュー

技術開発部・電気設計課
永井 宏明(27歳)
【出身】広島工業大学  工学部 電子・光システム工学科 卒
【年収】非公開
これが私の仕事 包装機械の電気回路図やプログラムの作成
私の仕事は、包装機械の電気回路図の作図からプログラムの作成です。回路図やプログラムはある程度のベースはあるのですが、オプションがあって、その部分がスキルの問われる部分です。たとえば、包装機はレトルト袋などの対象物を1枚ずつピックアップしなければなりませんが、もしも2枚ピックアップしたときは挟み込んだ厚さを検知してエラーを表示させるわけですね。そうしたプログラムを書いて、次工程でチェックすると、きちんとエラーが出る確認をしたり、たったこれだけのことでも自分の考えたとおりに機械が動作するとうれしいですよね。
 
だからこの仕事が好き!
一番うれしかったことにまつわるエピソード
3機連動で動く包装機の仕事を任された1年目の冬
入社して1年目の冬に、包装機・缶投入機・充填機の連動を作成したのですが、この時の経験では多くのことを学べました。複数の機械が連携して動くことが課題で、当時の自分の力だけでは無理でした。そこで、生産課の方々や当課の課長、先輩に協力してもらいやっと課題の解決に至りました。この時、課題に取り組んでいく中で、一人ではできないこともさまざまな方々に協力をいただくことで、不可能が可能になるプロセスを経験できましたし、何より新人の自分に3機連動の仕事を任されたこと自体もうれしく思いました。
 
ズバリ!私がこの会社を選んだ理由  ここが好き 電気関係の業界を探す中で、巡り会いました!
就職活動の時期には、電気関係の業界を訪問していました。特に先輩の方々と話ができる場には積極的に参加してさまざまなお話を聞いていました。この会社に決めたのは、私自身が電気関係の中でもプログラムを書くことに魅力を感じたからです。さまざまな商品を包装する機械のプログラムを私が書き、それで機械が動作するのがうれしいですよね。プログラミングは大好きで、いろいろな会社を調べたのですが、うちの会社がシーケンスプログラムで、これはC言語よりわかりやすくモニターもしやすいですから、その点にも魅力を感じましたね。それと、もうひとつ、自分の大学の先輩たちもたくさん入社していましたから。それも安心材料でしたね。
 
これまでのキャリア 電気設計課一筋に、今年で4年目です。

この仕事のポイント

職種系統 機械・電機・電子機器設計
仕事の中身 快適なオフィスづくりを支える仕事

先輩からの就職活動アドバイス!

自分の中で明確にやりたいことがある人はそれに向かって進んでください。できるだけ妥協せずに、納得がいくまで人事の方やOBの方に話を聞くことが大切だと思います。私自身もそうでしたが、今、自分としてやりがいをもって仕事ができています。皆さんも「ここに入って良かった。」と思える職場に就職できるよう祈っています。がんばってください。

東洋自動機株式会社の先輩社員

自動包装機械の改造・機能追加。発想力が大切な設計業務

技術開発部 機械設計課
四方田 哲明
愛媛大学大学院 理工学研究所 生産環境工学専攻 機械工学コース

ほぼオーダーメイドの機械設計。時には思いもよらない開発も!

技術開発部 機械設計課
中川 晃一
愛媛大学 工学部 機械工学科

可能と不可能をジャッジする、お客様との技術的バイプ役。

営業技術課
森本 翔太
近畿大学 工学部 機械工学科

製品出荷前の各種テストを担当しています

営業技術課
松村 啓史
徳山工業高等専門学校 機械・電気工学科

回路やプログラムの標準化を進めています

BPR推進室
山本 和徳
国立豊橋技術科大学 電気・電子工学科

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になる 気になるリストに追加済
閉じる
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
閉じる