株式会社マルミヤストア
マルミヤストア
2022

株式会社マルミヤストア

リテールパートナーズグループ/食品/小売/マーケティング
  • 株式公開
業種
スーパー・ストア
食品/その他専門店・小売
本社
大分
インターンシップ・1day仕事体験の評価(-件)
総合評価 - 評価が高い項目 -

私たちはこんな事業をしています

マルミヤストアは大分県に本社を置き、九州内の4県に
食品スーパーマーケットを41店舗、道の駅を1店舗展開しています。

近年では食品スーパーの運営だけでなく、道の駅事業や食品ロスの改善にも挑戦し、
「食」を通じてたくさんの人を笑顔にできる取り組みを行っています!

#創造重視#大分

当社の魅力はここ!!

社風・風土

マルミヤストアは自分を表現できる会社!

当社は、大分を中心に宮崎、熊本、福岡の九州4県に店舗展開をしています。地域のニーズに合わせて商品の仕入れ・加工・陳列等、現場で判断できることが多く、「売りたいものを売る」ことにチャレンジできます。その理由に、創造重視で、若いうちから責任のある仕事を任せる風土が関係しています。お店の売上は、自分次第で良くも悪くも変動。経験を積み上げながらお店にとって価値ある展開を考え、売場で自分を表現しながらファンを増やしていきましょう!たくさんの人との出会いの中で、さまざまな経験を重ね、改善のための道を自ら拓いていく…そんな喜びを実感できます!

戦略・ビジョン

他社との情報共有で視野が広がる!

当社は山口県の丸久、福岡県のマルキョウと経営統合を行い、グループ企業となっています。各社が地域密着型の優良ローカルスーパーマーケットであり、独自性や自主性を尊重した経営を行いながら、グループで生まれるスケールメリットの活用を目指しています。近年、大手チェーンスーパーの地方進出も目立ちますが、地方の食は私たち地方スーパーが支えたいとの思いもあり、このような戦略を取っています。また経営統合により、グループ他社と情報交換を行うことで見聞を広げることも可能になりました。「そんな方法があったのか!」と刺激になることも多く、グループ内でも切磋琢磨できる環境です!

会社データ

事業内容 ●食品スーパーマーケットの経営
大分・宮崎・熊本・福岡に41店舗を展開。

●道の駅事業
2019年4月1日より、大分県佐伯市宇目の「道の駅宇目」を運営しています。

●食品ロス削減事業
店舗で出た食品廃棄物を肥料化し、トウモロコシの生産に活用する「食品リサイクル・ループ」を実施。「おおいた地球温暖化防止推進大会2019」にて大分県知事賞を受賞しました。
設立 1972年5月
資本金 8億円
従業員数 1633名(2020年6月時点)
(社員274名、パート・アルバイト1359名)
売上高 262億円(2020年2月期実績)
代表者 代表取締役社長 池邉 恭行
社是(会社が大切にしていること) 感謝・堅実・信用

常に周囲に感謝し、信用していただけるように努力しています。
また、生活に欠かせない「食」を支えていることを意識し、堅実な経営を目指しています。
事業所 大分県:23店舗
宮崎県:12店舗
熊本県:3店舗
福岡県:4店舗
店舗所在地 ≪スーパーマーケット≫

●大分県
中ノ島店/佐伯市中ノ島東町3-30
弥生店/佐伯市弥生大字井崎1330-1
長島店/佐伯市長島町2丁目3番15号
蒲江店/佐伯市蒲江蒲江浦3361-1
蛇崎店/佐伯市大字池田2136
野田店/臼杵市大字野田六反田160番地
つくみ店/津久見市高洲町3819番地8
野口店/佐伯市大字鶴望2830-1
挾間店/由布市挾間町向原311番地1
庄内店/由布市庄内町大龍1660-1
坂ノ市店/大分市大字坂ノ市中央二丁目5番3号
戸次店/大分市大字中戸次4560-2
三重店/豊後大野市三重町赤嶺字塚田2976-1
竹田店/竹田市大字拝田原731番地
大畑店/別府市大字鶴見字中原2507-1
日田店/日田市大字渡里字大道町53番地5
金池南店/大分市南2丁目2631-1
鶴崎森店/大分市大字森字六反田605
別府駅店/別府市駅前町11番7号
敷戸店/大分市敷戸西町1-1
蛎瀬店/中津市大字蛎瀬字龍頭860-1
湯布院店/由布市湯布院町川上3090-8


●宮崎県
一ヶ岡店/延岡市伊形町5066
松山店/延岡市松山町1221-268
富高店/日向市北町2丁目34番地
出北店/延岡市出北4丁目2461-1
鶴町店/日向市鶴町3丁目115番地
愛宕店/延岡市古城町4丁目768番地
住吉店/宮崎市大字島の内野入7025番地
吉村店/宮崎市吉村町寺ノ下甲2266番地
郡司分店/宮崎市大字郡司分字樋掛甲1052-2
清武店/宮崎郡清武町大字加納甲1337-1
大塚店/宮崎市大塚町横立1354番地
小林店/小林市大字水流迫231-3


●熊本県
東町店/熊本市東町4丁目2番52号
秋津店/熊本市秋津町秋田3446-28
小国店/阿蘇郡小国町宮原字柿ノ木1746番地2


●福岡県
大牟田店/大牟田市大字橘185-1
大牟田西店/大牟田市大字唐船字塩浜87番地1
大牟田南店/大牟田市小川町20番地
吉富店/吉富町大字今吉20番地3


≪道の駅≫

道の駅宇目店/大分県佐伯市宇目大字南田原2513-5
関連会社 株式会社 アタックスマート
株式会社 マルミヤ水産 
株式会社 新鮮マーケット

株式会社 リテールパートナーズ  
株式会社 丸久
株式会社 マルキョウ
リテールパートナーズについて ~志を同じくする企業同士が地域を越えて手を携えました~
■リテールパートナーズグループとは?
山口県の丸久、大分県のマルミヤストア、福岡県のマルキョウの3つの地域に根差したローカルスーパーマーケットが手を携えた持株会社です。

■リテールパートナーズグループの方針
丸久の田中社長が発起人となり立ち上げた『(株)リテールパートナーズ』
各社独自性を生かした経営を行う中で、仕入・オペレーション・コスト削減・人材教育などグループとしてのシナジー効果が生まれるよう、スケールメリットを活かした運営を行っています。

現在、連結売上高は2,300億円と、全国のスーパーの中でも上位10社に入る規模となり、業界中でも地方スーパーの新たな新勢力として注目を集めています!
沿革 1972年5月  
現会長 宮野雅良が大分県佐伯市に(有)マルミヤを設立
佐伯市を中心に大分県南地域に食品スーパーを出店

1991年3月  
宮崎県延岡市に柚の木田店を開店 宮崎県に進出

1995年5月  
大分県大分市に畑中店を開店 大分市に進出

1996年3月  
福岡証券取引所に株式上場

1998年11月  
熊本県熊本市を中心にドラッグストアを営む下川薬品(株)と合併し、
(株)マルミヤ下川と商号変更

2000年7月  
熊本県熊本市に東町店を開店 食品スーパーとして熊本県に進出

2002年10月 
(株)マルミヤストアに商号変更

2003年8月  
福岡県大牟田市に大牟田店を開店 福岡市に進出

2006年6月  
ドラッグ事業を(株)下川薬局へ会社分割
食品スーパー事業に注力

2015年6月  
福岡証券取引所の上場廃止

2015年7月  
(株)丸久と経営統合 持株会社リテールパートナーズを設立
リテールパートナーズ事業会社となる

2017年3月  
(株)マルキョウが株式交換により、リテールパートナーズと経営統合
(株)丸久、(株)マルミヤストア、(株)マルキョウの3社がリテールパートナーズの事業会社となる

2018年12月 
(株)リテールパートナーズ、(株)アークス、(株)バローホールディングスが業務資本提携 
「新日本スーパーマーケット同盟」を設立

2019年4月
大分県佐伯市からの業務受託により、道の駅宇目店をオープン
道の駅という新規事業に挑戦
気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました

ログイン・会員登録

ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
まだ会員でない方は
会員登録(無料)

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)