株式会社シーユーシーシーユーシー

株式会社シーユーシー

東証一部上場エムスリーグループ/医療/コンサルティング/IT
業種 コンサルタント・専門コンサルタント
医療関連・医療機関/各種ビジネスサービス/情報処理/福祉・介護
本社 東京

先輩社員にインタビュー

在宅事業部
K.K
【出身】関西学院大学  文学部 卒
【年収】非公開
これが私の仕事 クリニック経営を支える仕事
メディカルサポーターの業務内容は、医師の診療に同伴して、様々な医師のサポートを通じて業務効率化をすることです。
日本の社会課題に対して一民間の会社としてアプローチし、僕らや、将来の自分たちの子供が安心して暮らせる世の中を創る。そのために僕らは日々現場で働いております。僕ら一人ひとりが出来ることは小さくても、そんな思いを持った人が集まって「医療という希望を創る。」を旗に向かう。そんな業務です。
 
だからこの仕事が好き!
一番うれしかったことにまつわるエピソード
「希望を創る」プロジェクト開始!
10月から異動となりましたがメディカルサポーターの役割は変わりません。支援先の診療スタイルが全く異なるのが訪問診療の現場。新天地でも様々な課題が見つかります。
その一つが患者情報の収集・蓄積についてです。診療前に情報を得ていることが診療の信頼・信用を担保する上で重要になるのですが、細かな情報(お人柄や直近の容態など)の収集に時間がかかっている状況がありました。診療準備の効率化と情報の安定の確立を実現させたい、そんな思いから昨年11月各メディカルサポーターに対して患者様を担当制にするべく新プロジェクトを発足しました。
実際に1月から運用していますが効率・情報の安定に留まらず、患者様から「Kさんは次回いつ来てくれるの?」といった嬉しいお声も頂いており、患者様に安心もお届けできていると感じています。
 
ズバリ!私がこの会社を選んだ理由  ここが好き やりたいことすべてが詰まったCUCへ
「創業数年で急成長しているおもしろい会社があるよ」と友人から紹介されて知りました。僕は当時、将来的にMOOC(インターネットを介した大規模な公開オンライン講座)をやりたいと考えていました。webマーケット系の会社に内定承諾していたのですが、CUCの社員と話し日本の喫緊の課題は高齢化に伴う収入減・支出増だと思い至りました。その中で自分は何をやりたいのか、どんな会社に行きたいのかを再考し入社の決め手に繋がる3つの考えが出来上がりました。1)ここ15~20年が高齢化の一番苦しい中で自分が関われる範囲が大きい会社はどこか。2)教育に通ずる「予防医療」を事業化しやすい企業はどこか。3)成長産業かつ成長企業の伸びているフェーズで優秀な人と働きたい。そして、CUCがこの3点を満たしていると思い、この会社に行くことを決めました。
 
これまでのキャリア 2019年に新卒で入職し現在に至ります。

この仕事のポイント

仕事の中身 生活基盤や社会インフラを作り上げる仕事
仕事のスタイル 自分の仕事を自分で決めていく仕事
仕事でかかわる人 高齢者と接する機会が多い仕事
仕事で身につくもの 交渉力・折衝力が身につく仕事
特に向いている性格 ヒトの気持ちを理解し、相手に合わせた対応がとれる人向きの仕事

先輩からの就職活動アドバイス!

もともとは教育・人材という視点で就活していましたが、違和感が拭えずにいました。改めて少し視点を高くしたとき、CUCに出会うことができました。
大事な人生の選択のときです。ご自身の世界・可能性を広げ、就活だけでなく生き方も含めて考えてみてはどうでしょうか?

株式会社シーユーシーの先輩社員

在宅の現場から医療を支える

在宅事業部
Y.F
中央大学 法学部

ITで医療の「リアル」を支える

システムデザイン室
H.T
筑波大学大学院 システム情報工学科

困っている人の原動力となる存在になりたい

在宅事業部
Y.H
立教大学 経済学部

CUCの何でも屋

透析事業部、事業企画部
M.S
東京大学

経営の様々な角度から医療を変えていく

事業企画部
T.S
一橋大学大学院

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になる 気になるリストに追加済
閉じる
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
閉じる