株式会社シーユーシーシーユーシー

株式会社シーユーシー

東証一部上場エムスリーグループ/医療/コンサルティング/IT
業種 コンサルタント・専門コンサルタント
医療関連・医療機関/各種ビジネスサービス/情報処理/福祉・介護
本社 東京

先輩社員にインタビュー

在宅事業部
Y.H
【出身】立教大学  経済学部 卒
【年収】非公開
これが私の仕事 困っている人の原動力となる存在になりたい
現在は所属するクリニックにおいてメディカルサポーターとして業務を担当しています。具体的な内容としては、訪問診療に行く際にドクターの方に付き添い、訪問する患家のルート設計、スケジュール調整、また、実際に診察や処置の際の診療助手を行っています。
実際に患者様や患者様のご家族と密にコミュニケーションを取ることが多いため、単に医療だけでなく、患者様を取り巻く環境を理解して多職種の方々と連携し、ケアするという役目もあります。
私たちが直接医療行為を行うことはできませんが、患者様の希望を少しでも反映できるよう日々努力しています。
 
だからこの仕事が好き!
一番うれしかったことにまつわるエピソード
ゼロからでも「希望を創る」ことはできる
入社後の配属は、入社とともに開業となった支援先でした。それまで医療に深く関わる原体験もなく、理系でもない、医療の勉強もしていない自分にとって患者様と機械的なコミュニケーションしかとれませんでした。そこで「患者視点」に立ち医師や看護師のコミュニケーションを分析しました。医療専門職でないからこそ、わかりづらい部分を補足する、表情豊かに話す、ただ寄り添う、そんな些細なことから安心感を提供できると気づいたのです。
いまでは「会いたいから早く来てよ~」と待っていて下さる方もいらっしゃいます。さらには診療が評判となり患者様も増え、診療そのものが営業的側面を担うほどです。
医療環境づくりに携わり、その診療先が拡大することは患者様にとっても、地域にとっても「医療という希望を創る。」ことそのものだと感じます。
 
ズバリ!私がこの会社を選んだ理由  ここが好き 負の払拭×成長環境=CUC
私は友人の紹介でCUCと出会い「ここで働きたい!」と思ったきっかけは大きく分けて2つあります。
1つは「負」の解消に関心があったからです。高校時代から、自身の行動・成果により挫折したり、困っている人の希望となり、原動力になりたいと考えていました。医療はまさに負を払拭する領域ですよね。「マイナスをゼロ・プラス」へ変えるために尽力したいです。
2つ目は圧倒的な成長環境を求めたからです。負けず嫌いな性格で「仕事を通じて結果を残したい」と望んでいました。そのためには多くの経験、専門性の習得、激しい競争環境が必要と考えました。CUCは優秀な人材に溢れ、多くの経験を積むことができ、やりたいと思ったことが叶う環境があると感じ、入社を決めました。
挫折することもありますが、毎日貴重な経験をさせてもらっています。
 
これまでのキャリア 2019年に新卒で入職し現在に至ります。

この仕事のポイント

仕事の中身 日常生活や身の回りで欠かせないモノやサービスを扱う仕事
仕事のスタイル 臨機応変な対応力が必要とされる仕事
仕事でかかわる人 その道のプロと呼ばれる人と一緒に進める仕事
仕事で身につくもの 臨機応変な対応力が身につく仕事
特に向いている性格 何事にも粘り強さで勝負する人向きの仕事

先輩からの就職活動アドバイス!

当初は体育会バスケットボール部に所属していたこともあり無計画な就活をしていていました。「先輩たちのように大手に行こう~」程度にしか考えおらず、結果、完敗してしまいました。
そんな中、知識も経験も全くない私も「自分らしく輝ける場所」に出会うことができました!
皆さんも充実感が得られ、尊敬できる先輩社員に出会えることを陰ながら願っています。

株式会社シーユーシーの先輩社員

在宅の現場から医療を支える

在宅事業部
Y.F
中央大学 法学部

ITで医療の「リアル」を支える

システムデザイン室
H.T
筑波大学大学院 システム情報工学科

クリニック経営を支える仕事

在宅事業部
K.K
関西学院大学 文学部

CUCの何でも屋

透析事業部、事業企画部
M.S
東京大学

経営の様々な角度から医療を変えていく

事業企画部
T.S
一橋大学大学院

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になる 気になるリストに追加済
閉じる
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
閉じる