基礎地盤コンサルタンツ株式会社
キソジバンコンサルタンツ
2022

基礎地盤コンサルタンツ株式会社

「建設コンサル/地質調査/土木設計/防災/環境/ソ フト」
業種
建設コンサルタント
コンサルタント・専門コンサルタント
本社
東京

私たちはこんな事業をしています

■地盤コンサルティングのスペシャリスト

昭和28年の設立以来、総合的な地盤コンサルティングを提供し、
成長を続けてきた当社。

明石海峡大橋をはじめ、
大規模なプロジェクトを手掛けてきました。

現在では、シンガポールやジャカルタ、クアラルンプール、ハノイなどに、
事務所を開設し、日本全国のみならず国外での事業も手掛けています。

当社の魅力はここ!!

企業理念

地盤工学のパイオニアとして、業界をリードし続ける。

当社は我が国における地盤工学のパイオニアコンサルタントとして、長く土木建設の分野で社会資本の充実に寄与してきました。創業以来業容も着実に拡大し、従来の土質、地質の分野はもとより、設計、施工管理から、環境、防災、保全にいたるまで市場のニーズに応えながら、幅広いサービスを展開。業績も確かに成長し続けています。今後も地盤関連業務を会社の核としながら新しい業務分野の開拓にも力を注ぎ、総合的な建設コンサルタントを目指して行く予定。多くの人の安全と生活を支える地盤事業。これまで築いた実績と培ってきた技術で、多くの人々の豊かな生活に貢献していきます。

施設・職場環境

あらゆるニーズに応えることができる先進の設備。

例えば、写真でご紹介している『環境ラボ』。環境調査においては現地で採取したサンプルを迅速に観察・試験する必要があるため、当社では自前で生物・化学試験室を備え専門のスタッフを配置しています。さらに海底着座式地盤調査装置「マリン100」やコンピュータを利用した室内試験場など、先進の設備を完備。あらゆるニーズに応えることができます。世界最大の吊り橋となる「明石海峡大橋」の建設においては、海底の地質調査に参加。まさに、地盤調査技術の粋を結集した歴史的な事業となりました。

技術力・開発力

人間と自然との調和をめざした技術とノウハウを目指しています。

自然の象徴とも言える大地と関わる当社の事業。だからこそ、自然と調和する技術や地球環境への貢献を常に目指してきました。例えば、火山国ならで はの地震や噴火、異常気象など様々な災害から人命や構造物を守り、自然の力に逆らわずに被害を最小限に留める技術とノウハウの提供。また、発展途上国で緊急の課題となっている廃棄物処理への取り組み。他にも、池や湖の水質浄化や地下水のモニタリング、土壌汚染状況調査、自然環境への影響を考えたバイオトープ(=野生生物の生息する自然環境)の導入など、様々な取り組みを行っています。

会社データ

事業内容 ■地盤に関する総合コンサルティング
・調査試験 ・解析技術相談 ・設計 ・施工管理 ・防災 ・保全 ・環境 ・ソフト販売 ・研究 ・開発

<詳しくは・・・>
■道路・鉄道/橋梁、切土、盛土、トンネル、シールド、のり面対策、設計
■建築/ビル、工場、住宅  
■エネルギー関連/電力・ガス・石油(ダム、発電・送電施設、管路、タンク、高圧ガス施設 他)
■港湾・空港/岸壁、防波堤、滑走路及び誘導路他施設
■漁港/漁港施設の調査・設計
■河川・砂防/堤防、樋門、樋管、ダム、土石流、急傾斜地  
■通信/管路(開削、シールド)、通信施設
■農林/揚排水機場、水路、頭首工、ダム
■上下水道/管渠、上下水処理場、ダム
■環境対策/地盤・地下水汚染に関する調査及び対策
■再開発事業/市街地再開発、区画整理
設立 昭和28年8月28日
資本金 1億円
従業員数 577名(令和元年10月1日時点)
売上高 126億円(令和元年9月期)
代表者 代表取締役 柳浦 良行
事業所 ■本社(東京都江東区亀戸1-5-7 錦糸町プライムタワー12階)
■北海道支社(北海道札幌市白石区菊水7条2丁目7-1 S・Eビル)
■東北支社(宮城県仙台市宮城野区五輪2-9-23)
■関東支社(東京都江東区東陽3-22-6 東陽町AXISビル)
■中部支社(愛知県名古屋市西区菊井2-14-24)
■関西支社(大阪市西区阿波座1-11-14)
■中国支社(広島市安佐南区長束4-13-25)
■九州支社(福岡市早良区原2-16-7)
■海外事業部(東京都江東区亀戸1-5-7 錦糸町プライムタワー12階)
沿革 昭和28年 合資会社 土質基礎調査所設立 (新宿区四谷)
昭和32年 本社移転(新宿区市ヶ谷田町)
昭和32年 株式会社 土質調査所を設立し、土質基礎調査所より業務及び社員を移管
昭和39年 株式会社 土質調査所を基礎地盤コンサルタンツ株式会社に社名変更
        資本金1,550万円
昭和41年 本社移転(千代田区飯田橋) 大阪出張所を支社に改称
昭和44年 福岡出張所を支社に改称
昭和48年 札幌出張所を支社に改称 技術センター(旧 東京研究所)ビル完成
昭和49年 資本金7,600万円 シンガポール支社開設
昭和52年 本社移転 (千代田区九段北)
昭和57年 東京事業部を支社に改称 仙台・名古屋・広島出張所を支社に改称
        クアラルンプール事務所開設
昭和58年 資本金11,400万円
昭和59年 ジャカルタ事務所開設
昭和61年 資本金13,680万円
平成4年  森研二 代表取締役社長就任 資本金27,360万円
平成5年  札幌・仙台・東京・名古屋・大阪・広島・福岡の支社名を、それぞれ
        北海道、東北、関東、中部、関西、中国、九州に変更
平成7年  中国、武漢基華電脳系統有限公司開設
平成9年  ハノイ連絡事務所開設
平成18年 小林精二 代表取締役社長就任 資本金10,000万円
平成20年 本社移転(江東区亀戸一丁目)
平成24年 岩崎公俊 代表取締役社長就任
平成25年 創立60周年
平成30年 創立65周年
令和元年  柳浦良行 代表取締役社長就任
【新型コロナウイルス感染症への対応】 ・リクナビに掲載の日程にて、自社会場で会社説明会を実施します。
・説明会会場にアルコール消毒薬を用意します。
・学生の皆さまにおかれましては、各自マスクの着用をお願いいたします。
気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました

ログイン・会員登録

ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
まだ会員でない方は
会員登録(無料)

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)