金杉建設株式会社カナスギケンセツ
業種 建設
建設コンサルタント
本社 埼玉

先輩社員にインタビュー

工事部
F・U(46歳)
【出身】中央工学校 卒
【年収】非公開
これが私の仕事 工事(プロジェクト)を完成(遂行)させる
建設業は現地屋外生産であり、工事目的物(堤防、橋、道路など)を造るうえで、地盤の状態や作業環境などが違うことから同じものはふたつとありません。
これは、現場ごとに施工するうえで条件が違うことをしっかりと理解したうえで、臨機応変な対応が必要となります。
例えるなら、学校教育では与えられた課題を解決することが求められますが、工事に置き換えると、自ら課題(施工上の問題点)を導き出すことが要求されます。
課題を見つけ、解決し、工事を完成させる事、これが私の仕事です。
 
だからこの仕事が好き!
一番うれしかったことにまつわるエピソード
目標に向かってみんなで
仕事は一人ではできません、多くの方が現場に携わっているため、違った方向を向いている人がいると現場がまとまらないといった問題が起きます。
工事現場で起きる問題は、人的要因に限らず施工上の問題などが山積しています。
この状況を一つ一つ、問題提起から解決方法までをみんなで考えながら仮説を立てて、試行錯誤しながら同じ方向(工事の完成)に向かって現場を進めていき、無事完成した時の達成感は心地良いものでした。
この仕事の醍醐味ではないでしょうか。
 
ズバリ!私がこの会社を選んだ理由  ここが好き やはり健康
会社を選ぶ上で、長く勤める事を考えた時、身体と頭を半分づつ使う仕事を探しました。
その理由は、健康です。
当時、仕事のストレスで健康を害するといったニュースをよく耳にしており、生活をするために働いた結果、身体を壊すこといったことに疑問を感じていました。
それであれば、明るい太陽の下で気持ちよく身体を動かして、施工方法を考えながら仕事をして、楽しく一日一日を過ごせればと思いこの会社を選びました。
気が付けば20年以上も勤める事ができ、生活も安定して、病気やケガもなく今も元気に働けています。
 
これまでのキャリア 施工管理職(25年)

この仕事のポイント

職種系統 施工管理
仕事のスタイル ひとつのプロジェクトを長期間かけて進める仕事
仕事でかかわる人 その道のプロと呼ばれる人と一緒に進める仕事
仕事で身につくもの 人を動かしたり、管理する能力が身につく仕事

先輩からの就職活動アドバイス!

冒頭(これが私の仕事)でも説明した通り、自ら課題(施工上の問題点)を探す能力は経験値と比例しますので、若手の方にはぜひ仕事での貴重な経験を積んでほしいです。
私の場合『ミスを責めずにチャレンジを誉めろ!』といった考えで仕事をしていますので、一緒に仕事をして自信をつけて欲しいと思います。
経験は財産ですので、就職活動 楽しんでください!

金杉建設株式会社の先輩社員

土木工事における施工管理

工事部
上原 義理
日本大学 生産工学部 土木工学科

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になる 気になるリストに追加済 説明会・イベント予約 インターンシップ・仕事体験エントリー
閉じる
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
閉じる