東京街路株式会社トウキョウガイロ

東京街路株式会社

道づくり 街づくり 舗装工事 土木工事
業種 建設
設備・設備工事関連/安全・セキュリティ産業
本社 東京

先輩社員にインタビュー

埼玉事業所 工事部
下田秀治(35歳)
【出身】西日本工業大学  環境デザイン工学科※土木工学系 卒
【年収】700万円位
これが私の仕事 ONE TEAMで臨む
施工管理職の醍醐味は、多くの人の知識をまとめあげて一つのゴールに向かうところ。これが本当に面白いです。施工スタッフの方々は過去の経験によってそれぞれ違った得意分野を持っていたり、経験則からその人しか知り得ない知識を持っていたりするものです。その知恵を絞りあってみんなで完成に向かいますから、言ってみればチーム戦。同じベクトルを共有しながらも、違うことを考えるプレイヤーたちがそれぞれの方法論を話しあう。その中で施工管理者の仕事は全体を見渡して、品質を把握し、指示を出し、安全を担保します。
 
だからこの仕事が好き!
一番うれしかったことにまつわるエピソード
大切なのは誰と造っているか
年代を超えて、施工スタッフも監督も助け合う。熟練工を頼りながら、若手は新しい知識で貢献したいと努力するなか、一緒にやれるその仲間意識が嬉しいです。何を造っているのかはもちろんですが、大切なのは誰と造っているかですね。
 
ズバリ!私がこの会社を選んだ理由  ここが好き 一緒にやれるその仲間意識が嬉しい
学生時代にスポーツでキャプテンを務め、アルバイトでの接客にやり甲斐を得ていた自分は基本的に人が好きだったんです。だから、チームで頭を働かせて現場をコントロールする仕事は適職だったのかもしれません。それが気持ちよく出来る風通しのよい会社。気質によくあっていたのだと思います。
 
これまでのキャリア 施工管理職12年目 工事部工事課長

この仕事のポイント

職種系統 施工管理
仕事の中身 生活基盤や社会インフラを作り上げる仕事
仕事のスタイル 何人もの人を動かすリーダーシップが問われる仕事
仕事でかかわる人 その道のプロと呼ばれる人と一緒に進める仕事
仕事で身につくもの 臨機応変な対応力が身につく仕事
特に向いている性格 段取り上手な人向きの仕事

先輩からの就職活動アドバイス!

自分がどんな業界や職種に興味があるか分からず不安になっている人が大半かと思います。まずはいろいろな会社の説明会に参加してみるのも良いかも知れません。施工管理という仕事は専門性が高い職種のような感じもしますが、東京街路では文系出身の社員も経験を積み、遜色なく活躍しています。この会社でいいやではなく「ここの会社や人たちと働きたい」と思えるような会社に出会えるまで妥協せずに積極的に活動して欲しい。

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になる 気になるリストに追加済
閉じる
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
閉じる