日和山観光株式会社ヒヨリヤマカンコウ

日和山観光株式会社

ホテル金波楼
業種 ホテル
外食・レストラン・フードサービス/レジャー・アミューズメント・パチンコ/ブライダル・冠婚葬祭
本社 兵庫
インターンシップ・1day仕事体験の評価(-件)
  • 総合評価
  • -
  • 評価が高い項目
  • -

先輩社員にインタビュー

ホテル金波楼
吉田 名保美
【出身】近畿大学豊岡短期大学 卒
【年収】非公開
これが私の仕事 自慢の食事を通じて、お客様をおもてなし。
いくつかの勤務シフトがありますが、一番早い出勤を例にあげると、6時半出勤⇒朝食の準備・片付けが終了するのが11時頃。その後、中休みを挟んで、次は15時から夕食の準備がスタート。大体、21時頃には食事の片付けが終わるので、21時半頃には退社しています。中休みはたっぷり時間があるので、寮の部屋に戻ってくつろぐ人もいれば、ホテル内の休憩室で仮眠をとる人もいます。一番遅い出勤のシフトは、お昼の12時45分から。このシフトの場合は中休みがなく、食事のほかにチェックイン業務も担当します。接客に関しては、一人あたり2~3組のお客様を担当。じっくりと接客できる組数なので、お客様との会話がはずむことも多いですね。
 
だからこの仕事が好き!
一番うれしかったことにまつわるエピソード
「吉田ちゃん、昨日はありがとうね!」
お客様がお部屋に入られる際、お部屋の担当として、自分の名前を名乗りご挨拶をします。ほとんどのお客様が、一泊という短い時間ですが、その間に名前を呼んでいただけた時は本当に嬉しいですね。特に印象に残っているのは、大阪から来られたご家族。とてもおしゃべりな方で、食事のご用意をしている間もたくさん話しかけて下さいました。おもてなしをする側の私も、とても楽しい時間を過ごすことができました。翌朝、そのお客様をお見送りする時、「吉田ちゃん、昨日はありがとうね!」と言っていただけた時は、本当に嬉しかったですね。
 
ズバリ!私がこの会社を選んだ理由  ここが好き イキイキとした顔で、接客をしている。それに付きます。
就職活動を始めた頃、自分は何がしたいのか分からず、悩んでいました。そんな時、金波楼で働いている大学の先輩から、職場の雰囲気や仕事の内容を聞き、興味を持つようになりました。人間関係が良いことや、お客様とじっくり向き合って接客することの楽しさを聞いているうちに、「私も金波楼で働きたい」という気持ちが強くなってきました。また、高校時代の友達も、別の旅館で仲居をしていたのですが、仕事のことを話している表情が、やっぱり楽しそうで。私も仲居の仕事がしたい、と思うようになりました。金波楼に見学に来た時の第一印象は、とにかくみんながイキイキした表情で仕事をしているということ。いつしか、金波楼の仲居に憧れを抱くようになっていました。
 
これまでのキャリア 入社後1週間は、社会人としてのマナーや挨拶などを学ぶ研修を受けました。その後、4月いっぱいは教育担当(通称:姉さん)のそばで仕事を見学。5月頃から、本格的に接客がスタート。9月~10月頃に独り立ちしました。

この仕事のポイント

職種系統 販売・サービススタッフ
仕事の中身 趣味・プライベートシーンを楽しくする仕事
仕事のスタイル 毎日違うお客様とお会いしていく仕事
仕事でかかわる人 一般消費者・利用者と接する仕事
仕事で身につくもの 臨機応変な対応力が身につく仕事
特に向いている性格 誰とでも親しくなれる人向きの仕事

先輩からの就職活動アドバイス!

接客は、お客様とのやりとりが大切な仕事です。よって、会社に足を運び、社員の方々のやりとりや表情を見て決めるのが良いと思います。HPなどでも情報収集できますが、働く人たちの表情をリアルに見るには、見学が一番。自分が働きたい、と思える会社に出会えることを祈っています。

日和山観光株式会社の先輩社員

記憶に残る接客を目指して。

河見 泰子

お一人おひとりのお客様とかかわる時間が長い仕事。

ホテル金波楼
長谷川 杏奈

料理をお出しするタイミングは、姉さんから盗む。

土江 愛海

一瞬の接客じゃない。お客様とは一日を通した長い接客です。

ホテル金波楼
田嶋 千晃
関西外国語大学

朝食準備から、お客様のお見送りまで幅広い仕事をしています。

ホテル金波楼
川瀬 千佳
島根県立大学 総合政策学部 総合政策学科

お食事のご提供から、お見送りまで。お客様との時間を大切にしています。

ホテル金波楼
岡森 友美
大阪経済大学 経済学部経済学科

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になる 気になるリストに追加済 インターンシップ・仕事体験エントリー
閉じる
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
閉じる