NPO法人W・I・N・G-路をはこぶウイングミチヲハコブ

NPO法人W・I・N・G-路をはこぶ

重症心身障害者への地域生活支援/福祉/国際交流/アート/音楽
業種 福祉・介護
団体・連合会/教育関連/芸能・芸術/その他サービス
本社 大阪

先輩社員にインタビュー

2010年入職
井上 かほり
【出身】京都府立大学  福祉社会学部 卒
【年収】非公開
これが私の仕事 「手足」になるだけじゃダメなんです
重症心身障害を抱える利用者さんの生活を支え、生活を豊かにすることです。重い障害を持つ利用者さんの日常生活を支えるのはもちろんのこと、いろいろなイベントを企画運営し、利用者さんが地域でより豊かに生活できるようサポートしています。なかなか地域の中に出ていきにくい利用者さんの、手となり足となり時には口となって思いを伝えていきたいと思っています。そのためには私たちスタッフ自身が楽しむことも大事だと思っています。
 
だからこの仕事が好き!
一番うれしかったことにまつわるエピソード
新人時代の大舞台
1年目にクリスマス会の企画、運営をして無事イベントを成功させたこと。クリスマス会は当法人で最も大きなイベントで、準備期間も長くイベントの直前の時期は不安と緊張でいっぱいでしたが、何とかスタッフや利用者さんの協力もあり、成功に終えることができました。イベント終了後に「いいクリスマス会だった」とたくさんの人に言ってもらえたことで、大変だったことも吹き飛んでとてもうれしく達成感を感じました。
 
ズバリ!私がこの会社を選んだ理由  ここが好き 若いスタッフでも大きな仕事を任せてもらえる
■同年代のスタッフが多く、活気を感じられたこと。様々なイベントを企画するうえで斬新なアイディアが出たり、同年代の同僚たちと切磋琢磨し合えるのは恵まれた環境だと思っています。辛いことやしんどいことも相談し合えます!
■若いスタッフでも信頼して仕事を任せてくれること。1、2年目のスタッフでも大きなイベントを任せられたり、様々な仕事を任せてもらえます。それは責任も大きいですが、やり甲斐のあることです。またその期待に応えようと意気込みもできます。不安なこともありますが、そんな時は先輩がサポートしてくれたりアドバイスをくれます。
 
これまでのキャリア 2010年入職/生活支援員・常勤ヘルパー → 2013年~/サービス提供責任者(ヘルパー派遣部門)

この仕事のポイント

仕事の中身 日常生活や身の回りで欠かせないモノやサービスを扱う仕事
仕事のスタイル 臨機応変な対応力が必要とされる仕事
仕事でかかわる人 一般消費者・利用者と接する仕事
仕事で身につくもの 新しいモノを生み出す力が身につく仕事
特に向いている性格 大勢の人と協力しながら進めるのが好きな人向きの仕事

先輩からの就職活動アドバイス!

直感を信じてやってみて下さい!! 私はよく説明会に行ったり、面接官と話したりして、「この会社に自分は合うだろうな」ということを直感していました。今思えばかなりずうずうしいやつだったなと思います。就活では辛くてしんどいことも多いと思います。でも「この会社にきっと自分は向いている」と思い、「ここで働いている自分」を想像していると前向きに行動できるのではないかと思います。素直に自分の直感を信じて頑張って下さい!

NPO法人W・I・N・G-路をはこぶの先輩社員

大阪と東北――重症心身障害者への支援は「地域」を越えて…

2013年入職
伊藤 公一
同志社大学 法学部

「何でも屋」の難しさとやり甲斐は表裏一体

2007年入職
田代 健信
大阪大学 文学部

【自分が好きなこと】×【利用者さんの地域生活】→新たな自己表現!

2010年入職
丸谷 正幸
大阪府立大学 人間社会学部

「地域生活支援」と一口に言っても…スタッフの数だけ「切り口」がある!

2013年入職
納富 太郎
立命館大学 文学部

利用者さんにとっての「もう一つの家」づくり

2003年入職
坂山 克也
関西福祉科学大学 社会福祉学部

「施設の企画」ではなく「地域ぐるみの企画」を――「巻き込み」精神!

2005年入職
小山 千恵
関西福祉科学大学 社会福祉学部

先輩社員をすべて見る

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になる 気になるリストに追加済 説明会・イベント予約 インターンシップ・仕事体験エントリー
閉じる
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
閉じる