NPO法人W・I・N・G-路をはこぶウイングミチヲハコブ

NPO法人W・I・N・G-路をはこぶ

重症心身障害者への地域生活支援/福祉/国際交流/アート/音楽
業種 福祉・介護
団体・連合会/教育関連/芸能・芸術/その他サービス
本社 大阪

先輩社員にインタビュー

2003年入職
坂山 克也
【出身】関西福祉科学大学  社会福祉学部 卒
【年収】非公開
これが私の仕事 利用者さんにとっての「もう一つの家」づくり
現在はグループホームの施設長として、入居者さんの生活支援全般、ホームの運営・管理全般に携わっています。また、通所施設の利用者さんたちの将来の生活について、ご家族も交えて検討・企画・実施していくグループワークにも取り組んでいます。
 
だからこの仕事が好き!
一番うれしかったことにまつわるエピソード
共に笑い共に考え共に学ぶ
利用者さんの将来の生活の「場」や「在り方」について検討していく仕事に長年携わって来ましたが、当然のことながら、人の「人生を支えていく」ということは簡単なことではありません。しかし、利用者さんの一番身近に、そして生活の全体に寄り添える支援が出来るということ、共に笑い共に考え共に学ぶことができるということ、この仕事のそんなところが好きで、やりがいを感じています。
 
ズバリ!私がこの会社を選んだ理由  ここが好き 障害の重さを「言い訳」にしないところ
学生時代は、身体のみに障がいがある方の支援を行っていましたので、同じような場所での就職を希望していました。就職活動中にW・I・N・Gに出会い、ある意味カルチャ―ショックを受けました。これだけ重度な方が地域の中で、尚且つアットホームに暮らしている。障がいが重いから何も出来ないのではなく、障がいが重くてもやり方次第でむしろ何でもできるんだ!!と感じさせられ、ここで働きたいと思いました。
 
これまでのキャリア 2003年入職/生活支援員 → 2012年~/施設長(サービス管理責任者)

この仕事のポイント

仕事の中身 日常生活や身の回りで欠かせないモノやサービスを扱う仕事
仕事のスタイル 臨機応変な対応力が必要とされる仕事
仕事でかかわる人 一般消費者・利用者と接する仕事
仕事で身につくもの 臨機応変な対応力が身につく仕事
特に向いている性格 誰とでも親しくなれる人向きの仕事

先輩からの就職活動アドバイス!

自分の想いやアイデア次第で様々なことに挑戦できる――仕事で「自己表現」ができる――そういう視点で自分の職場を探してみてはいかがでしょうか?あなたの「手持ちのカード」がどんな場面で、どういう形で活きてくるのか――実は意外な職場にそんなチャンスが潜んでいるかもしれないのです。

NPO法人W・I・N・G-路をはこぶの先輩社員

大阪と東北――重症心身障害者への支援は「地域」を越えて…

2013年入職
伊藤 公一
同志社大学 法学部

「何でも屋」の難しさとやり甲斐は表裏一体

2007年入職
田代 健信
大阪大学 文学部

【自分が好きなこと】×【利用者さんの地域生活】→新たな自己表現!

2010年入職
丸谷 正幸
大阪府立大学 人間社会学部

「地域生活支援」と一口に言っても…スタッフの数だけ「切り口」がある!

2013年入職
納富 太郎
立命館大学 文学部

「手足」になるだけじゃダメなんです

2010年入職
井上 かほり
京都府立大学 福祉社会学部

「施設の企画」ではなく「地域ぐるみの企画」を――「巻き込み」精神!

2005年入職
小山 千恵
関西福祉科学大学 社会福祉学部

先輩社員をすべて見る

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になる 気になるリストに追加済
閉じる
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
閉じる