NPO法人W・I・N・G-路をはこぶウイングミチヲハコブ

NPO法人W・I・N・G-路をはこぶ

重症心身障害者への地域生活支援/福祉/国際交流/アート/音楽
業種 福祉・介護
団体・連合会/教育関連/芸能・芸術/その他サービス
本社 大阪
インターンシップ・1day仕事体験の評価(-件)
  • 総合評価
  • -
  • 評価が高い項目
  • -

先輩社員にインタビュー

2010年入職
丸谷 正幸
【出身】大阪府立大学  人間社会学部 卒
【年収】非公開
これが私の仕事 【自分が好きなこと】×【利用者さんの地域生活】→新たな自己表現!
メインの仕事は、日常的なケアを通して利用者さんの生活を支えることです。また、野球観戦のイベントやクリスマス会の企画・運営などを通して、利用者さんがより生活を楽しめるような支援を行っています。その他には、送迎関係のスタッフのシフトを組むなどといった業務も行っています。
 
だからこの仕事が好き!
一番うれしかったことにまつわるエピソード
笑顔を見つけていく
利用者さんの生活に寄り添うわけですから、楽しい時ばかりではなく、辛い時も多くあります。入院でしんどい状態の利用者さんがいたり、中には亡くなる利用者さんもいたりします。しかし、そんな中だからこそ、「今」という時間を大切にしたいとより強く思えるようになりました。ただの散歩やお喋りといったことでも、楽しく笑ってくれる利用者さんの笑顔が本当に心に残ります。利用者さんに寄り添い、辛い時も楽しい時も利用者さんと一緒に共有できることにやりがいを感じています。
 
ズバリ!私がこの会社を選んだ理由  ここが好き 近い関係性
最初はただ「人の役にたちたい」と思いながら、福祉系の大学に進み、ボランティアで障がい者に関わっていました。しかし、こちらの施設を見学した時、スタッフも利用者さんも本当に身近な関係で、一緒に生活をしているという印象を受け、何というか安心感のようなものを感じました。そして、そういう関係の中で私も働きたいと思いました。なかなか家や病院以外で生活できない重度の障がい者でも、安心して通える居場所を作っていきたい、傍にいるだけでも皆に安心してもらえるような存在になっていきたいと私は考えています。
 
これまでのキャリア 2010年入職/生活支援員

この仕事のポイント

仕事の中身 日常生活や身の回りで欠かせないモノやサービスを扱う仕事
仕事のスタイル 臨機応変な対応力が必要とされる仕事
仕事でかかわる人 一般消費者・利用者と接する仕事
仕事で身につくもの 臨機応変な対応力が身につく仕事
特に向いている性格 何事にも粘り強さで勝負する人向きの仕事

先輩からの就職活動アドバイス!

私は、今の仕事をしていてしんどいと思うこともありますが、続けられているのは楽しいと思える瞬間があるからだと思います。就活となると内定をもらうことに必死になってしまうこともありましたが、この仕事をやりたい・楽しいと思えるかどうか…働く姿を想像しながら就活をしてもらえたらなと思います。

NPO法人W・I・N・G-路をはこぶの先輩社員

大阪と東北――重症心身障害者への支援は「地域」を越えて…

2013年入職
伊藤 公一
同志社大学 法学部

「何でも屋」の難しさとやり甲斐は表裏一体

2007年入職
田代 健信
大阪大学 文学部

「地域生活支援」と一口に言っても…スタッフの数だけ「切り口」がある!

2013年入職
納富 太郎
立命館大学 文学部

利用者さんにとっての「もう一つの家」づくり

2003年入職
坂山 克也
関西福祉科学大学 社会福祉学部

「手足」になるだけじゃダメなんです

2010年入職
井上 かほり
京都府立大学 福祉社会学部

「施設の企画」ではなく「地域ぐるみの企画」を――「巻き込み」精神!

2005年入職
小山 千恵
関西福祉科学大学 社会福祉学部

先輩社員をすべて見る

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になる 気になるリストに追加済
閉じる
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
閉じる