眞鍋造機株式会社マナベゾウキ

眞鍋造機株式会社

船舶用甲板機械(ウインチ)・荷役クレーンの総合専門メーカー
業種 機械
輸送機器/その他製造/商社(機械)/海運
本社 愛媛
インターンシップ・1day仕事体験の評価(-件)
  • 総合評価
  • -
  • 評価が高い項目
  • -

先輩社員にインタビュー

技術部 クレーングループ
張 托(34歳)
【出身】長崎総合科学大学  工学部 機械工学科 卒
【年収】非公開
これが私の仕事 標準品の設計業務をしています。
クレーンチームに所属し、デッキクレーンやバケットクレーンの設計知識を勉強しながら、標準品の納入図や工事図などを作っています。また、クレーンの部品や形が変わったときの図面修正などを手伝うこともあります。
 
だからこの仕事が好き!
一番うれしかったことにまつわるエピソード
自ら製品を設計すること
まだ、入社して間もないですが、自ら作成したり、修正したりした図面を、工場に行き、図面の通りに製品を作り上げるのは非常にやりがいがあると感じています。
 
ズバリ!私がこの会社を選んだ理由  ここが好き 環境に配慮したものづくり
僕の専攻は機械工学科で、リクナビで「機械」を検索したとき、眞鍋造機を知りました。入社を決めた理由としては、環境に優しい、しかも省エネ、効率の製品をつくってることに、魅力を感じたことと、当時、眞鍋は中国語ができる人も募集していたので、眞鍋に入ったら自分の母語も役に立つと思ったからです。
 
これまでのキャリア 現場研修(半年)→技術部クレーングループ(現職・今年で6年目)

この仕事のポイント

職種系統 機械・電機・電子機器設計
仕事の中身 日常生活や身の回りで欠かせないモノやサービスを扱う仕事
仕事のスタイル 臨機応変な対応力が必要とされる仕事
仕事でかかわる人 海外の人と接することが多い仕事
仕事で身につくもの 臨機応変な対応力が身につく仕事
特に向いている性格 何事にも粘り強さで勝負する人向きの仕事

先輩からの就職活動アドバイス!

どんな仕事が自分にはあっているかを考えるいい機会だと思います。ここで自己分析をしっかりしておけば会社生活でも役立つことがあるはずです。

眞鍋造機株式会社の先輩社員

製造に必要な資材の購入・管理を行う「資材部」です!

資材部
谷口 茜
松山大学 経営学部 経営学科

甲板機械の組立をしています。

組立課
秦 彰吾
高知大学 理学部 応用理学科

主に部品の管理や発注等の業務を行っています!

工務課
阿部 俊輔
島根県立大学 総合政策学部 総合政策学科

技術部クレーングループで配管の担当と設備の補佐をしています

技術部 クレーングループ
山路 友貴
弓削商船高等専門学校 情報工学科

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になる 気になるリストに追加済 インターンシップ・仕事体験エントリー
閉じる
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
閉じる