輸出入・港湾関連情報処理センター株式会社ユシュツニュウ・コウワンカンレンジョウホウショリセンター

輸出入・港湾関連情報処理センター株式会社

Nippon Automated Cargo And Port Consolidated System, Inc.
業種 公社・官庁
情報処理/航空/海運/倉庫
本社 東京、神奈川

先輩社員にインタビュー

営業企画部 営業推進課
2019年入社
【出身】法学部 法学科 卒
【年収】非公開
これが私の仕事 新サービスの営業活動
現在、私の所属する営業推進課では、昨年新たにスタートした貿易関連書類電子保管業務(NACCS-DMS)の営業活動を行っています。営業活動はサービスの概要や詳細仕様の説明をメインに行っていますが、紙の資料ではイメージしづらいサービスの実際の動きや使い方などに関しては、実際に業務画面などをご覧いただけるよう、デモンストレーション等も行います。
営業活動では、日常的にNACCSをご利用されているお客様を訪問するので、NACCSが日本の物流に欠かせないシステムなのだとより実感することができ、気持ちが引き締まります。
 
だからこの仕事が好き!
一番うれしかったことにまつわるエピソード
お客様に「サービスイメージがよくわかりました」と言っていただけたとき
営業活動でデモンストレーションを行うとき、以前は、決められた動きや決められた値の入力しかできない、説明専用のツールを使用していました。しかしそれではお客様に合わせた柔軟なデモンストレーションができないため、実際に自分でNACCSの接続試験環境を使って貨物情報を作成したり申告したりして申告の情報を作成し、それをもとにデモンストレーションを行いました。
自分で貨物情報を作成し、申告したのは初めてだったので、入社してからの自分の成長を感じました。また、何より接続試験環境を使用したので、お客様からヒアリングした内容をもとに、その場で柔軟にデモンストレーションを行うことができました。お客様からは、資料だけではわからないことも、よくイメージできましたとのお言葉を頂き、やりがいを感じました。
 
ズバリ!私がこの会社を選んだ理由  ここが好き 公益性の高い事業内容と、会社の雰囲気
私は就職活動中、公益性の高い仕事のほうが自分はやりがいを感じ続けられるのではないかと考え、公益性の高い仕事をしたいと考えていました。NACCSセンターでは、NACCSという公益性の高いシステムを運営しているので、日本の国際物流の発展に広く貢献できる仕事ができると考えNACCSセンターへの入社を決めました。
また、会社説明会の際の会社の雰囲気や、休暇がきちんと取れると伺い、長く働ける会社だと感じたことも入社を決めた要因です。
 
これまでのキャリア 営業推進課(現職・今年で1年目)

この仕事のポイント

職種系統 営業(企業向け・得意先中心)
仕事の中身 生活基盤や社会インフラを作り上げる仕事
仕事のスタイル 臨機応変な対応力が必要とされる仕事

先輩からの就職活動アドバイス!

就職活動中は、自分がどんなことに興味があるのか、どのようなことを大切にしたいのか素直になって見直すチャンスです。
自分が入社する会社は自分でしか選べないので、説明会等では事業内容や働いている人の雰囲気などよく吟味することが重要だと思います。

輸出入・港湾関連情報処理センター株式会社の先輩社員

NACCSを利用するお客様へからの問合せ対応、セミナーの開催等

ソリューション事業推進部お客様サポート課
2010年入社
経営情報学部

お客様への請求業務

経理部経理第1課
2012年入社
社会学部 社会学科

基幹システム、社内システムの運用・管理

システム企画部システム運用課
2012年入社
経済学部 現代ビジネス学科

新しく開発する予定のシステムや現在稼働しているシステムに関する調整

システム企画部システム企画第3課
2013年入社
学芸学部 国際関係学科

システム利用者へのセミナー及び利用推進

ソリューション事業推進部九州事務所
2017年入社
言語コミュニケーション英語コミュニケーション学科

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になる 気になるリストに追加済
閉じる
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
閉じる