敷島製パン株式会社
シキシマセイパン
2022

敷島製パン株式会社

パスコ(Pasco)
業種
食品
その他製造
本社
愛知

私たちはこんな事業をしています

1920年の創業以来、『パンづくりで社会に貢献する』という創業精神を守り、事業を展開してきました。
歴史と伝統は、本質を磨く努力や絶えざる革新によって積み重ねるもの。
チャレンジを忘れては、その先の発展はありません。
2003年、企業ブランドをPascoに統合し、“第二の創業”を迎え、
Always(いつでも、これからもずっと)、食のBasics(基本・基準)に立ち返り、創業の原点を忘れず明日へ大胆に挑戦していきます。

当社の魅力はここ!!

事業・商品の特徴

食パン市場シェアNo.1の大ヒット商品「超熟」

1998年の発売以来、超熟は「おいしさ」にこだわってきました。超熟のめざす「おいしさ」とは、日本人の主食であるごはんのように「毎日食べても飽きない味」のことです。おいしさのために極力シンプルな素材でつくることにこだわり、イーストフードや乳化剤を使っていません。また、安心してご購入いただけるよう、パッケージの裏面表示をわかりやすく工夫しています。「毎日食べるものだから、おいしくてあんしん」超熟はこの考え方を元に、みなさまの食卓に新たなおいしさや楽しさをお届けしてまいります。

戦略・ビジョン

パンづくりを通して社会に貢献。

当社は「金儲けは結果であり目的ではない、事業は社会に貢献するところがあればこそ発展する。」という創業の理念をこれからも変わることなく守るべきものと考え、事業を展開しています。日本の食料自給率は年々低下しており、食料自給率向上に向けての当社の取り組みのひとつとして、国産小麦「ゆめちから」を使用した食パンを開発しました。2015年2月からは主力製品の一部にも「ゆめちから」を使用しています。生産者と連携して、お客さまに安心して美味しく召し上がっていただけるパンをつくる、つくり続ける。こうした取り組みの積み重ねが食料自給率向上に役立つと考えています。

施設・職場環境

パンは生き物であり、奥が深い。

パンは生き物と一緒。同じ食パンでも、種類が違えば焼成の温度や時間も違ってきます。また、その日の気温や湿度、生地の状態にも左右されるので、パンづくりは奥が深く、ロングセラーのヒット商品を生み出すためには、パンづくりにおける経験や知識が不可欠です。また、パンを作るための生産設備も重要です。パンの製造は時間との勝負。そのため生産設備の保守・保全はスピードが求められます。また、新製品開発や効率化UPのため、新しい機械を開発することもあります。さまざまな技術や知識が融合して、美味しいパンがお客さまの食卓に並びます。

会社データ

事業内容 パン、和洋菓子の製造、販売
設立 1920年6月(大正9年6月)
資本金 17億9,900万円(2018年8月末実績)
従業員数 4,104名(2018年8月末実績)
売上高 1,565億1,300万円(2018年8月末実績)
代表者 代表取締役社長  盛田 淳夫
事業所 【本社】
愛知(名古屋)

【カンパニー】
東京、大阪、兵庫(神戸)

【工場】
国内に14工場(グループ企業4工場含む)
・東日本地区(千葉、東京、神奈川、埼玉)
・中部地区(愛知2工場)
・関西地区(大阪、奈良、兵庫2工場)

【事業所】
国内40事業所
主力製品(シリーズ) 超熟
MY BAGEL
十勝バタースティック
イングリッシュマフィン
サンドロール
スナックパン
なごやん
関連企業 (株)四国シキシマパン
(株)信州シキシマ
第一食品(株)
(株)イレブンフーズ
(株)レアールパスコベーカリーズ
愛知ミタカ運輸(株)
パスコ・ロジスティクス(株)
(株)パスコ・エクスプレス 
Panash Limited
気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました

ログイン・会員登録

ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
まだ会員でない方は
会員登録(無料)

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)