株式会社スーパーモリナガスーパーモリナガ
業種 スーパー・ストア
本社 佐賀
インターンシップ・1day仕事体験の評価(-件)
  • 総合評価
  • -
  • 評価が高い項目
  • -

先輩社員にインタビュー

ドライグロッサリー部 ドライ課 バイヤー
K.M
【出身】久留米大学  商学部 卒
【年収】非公開
これが私の仕事 商品を見つけ、交渉し、仕入れる。モリナガの司令塔
私の仕事はいわゆるバイヤーというものです。
バイヤーって聞くと、カッコいいイメージがありますか?
自分が「これは売れる!」と思った買いたい商品を買って、それを売れるし、新しい人やモノとの出会いも
けど、事務作業、チラシ作成、商品登録や売上計画策定などやることはたくさんありますし、モリナガの売上は私にかかっているという重責もあります。
カッコいいからという気持ちだけで出来る仕事じゃないです。
けど、商売に興味をもっている学生さんには、とてつもなく楽しく、やりがいのある仕事だと思いますよ。
 
だからこの仕事が好き!
一番うれしかったことにまつわるエピソード
やっぱり“商売”はおもしろい!!
私、もともと商売が好きなんです。
学生時代バイトもコンビニで長く勤めていて、バイトながら役職をもらったぐらいなのでこの仕事の面白さは、この商品をどうやったら売れるか?どんな価格で?どんな配置の仕方で?
それを考えるのがものすごく楽しいんです!しかもそれが売上に繋がったら、もう失神ものです笑
あとこの仕事のやりがいは、新しい商品とお客様を繋げられたときに感じる達成感です。
東京で展示会があって、岩手の秋刀魚の缶詰を見つけたんです。けど、それを佐賀まで引ける問屋がありませんでした。
色々交渉して、最終的に店に陳列できたんですが、それがもうヒット!ヒット!!お客様からも従業員からもいい声!
新しい生活の歓びを自分が作ったという嬉しさを実感した瞬間でした。
 
ズバリ!私がこの会社を選んだ理由  ここが好き 小売業で一旗上げたい!と思ったから
商売、小売業に興味があったのが一番大きな理由です。
就職活動では、「小売業」は片っ端から受けました。
内定も色々もらってたんですが、当社に決めたのは「男なら一旗上げねば!」と考えていたからです。
大手に入るともう成長しきっているし、ライバルも多いのでなかなか上に上がれない、面接も機械的な感じだったので、明るく楽しい雰囲気が好きな自分には合わないと感じました。
そんな中当社はレジの人や先輩たちとの雑談もあり、温かく、人情味溢れる雰囲気でした。
転勤もそんなに遠方はないし、まだまだこれから伸びる会社だと感じました。
ご縁があって内定をもらったら、実は狭き門の中いただいた内定だということがわかり、
「この会社で、俺は一旗あげてみたい!」と感じ入社を決意しました。
 
これまでのキャリア 鹿島店のドライ部 ⇒ 唐津店 ⇒ 鹿島店 ⇒ 牛津店のチーフ ⇒ 空港通り店のチーフ ⇒ バイヤー 5年目

この仕事のポイント

職種系統 バイヤー
仕事の中身 日常生活や身の回りで欠かせないモノやサービスを扱う仕事
仕事のスタイル 臨機応変な対応力が必要とされる仕事
仕事でかかわる人 一般消費者・利用者と接する仕事

先輩からの就職活動アドバイス!

自分が何をしたいのか、何を楽しいと思うのか、分からないという学生さんも多いと思います。
そんな時方法は2つだと思います。
深く突き詰めていくか、今居る環境から離れてみることです。
仲のいい友達といることも大切ですが、そればかりだと、自分のことは見つけにくいと思うのです。
自分で自分の環境をこじ開けて、必死にもがいて、色んな人・世界と触れてみて、自分を発見することができたら、きっと会社選びも面接も自信を持ってできると思いますよ!

株式会社スーパーモリナガの先輩社員

スーパーモリナガの仕掛け人

鹿島店 ドライ部 チーフ
M.K
立命館アジア太平洋大学 アジア太平洋学部

鮮魚部門のスペシャリスト。

N.I
崇城大学 工学部 エコデザイン学科

いうなれば、精肉部門の経営責任者。

本庄店 精肉部
A.I
佐賀大学 文化教育学部 人間環境課程

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になる 気になるリストに追加済 インターンシップ・仕事体験エントリー
閉じる
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
閉じる