株式会社スーパーモリナガスーパーモリナガ
業種 スーパー・ストア
本社 佐賀
インターンシップ・1day仕事体験の評価(-件)
  • 総合評価
  • -
  • 評価が高い項目
  • -

先輩社員にインタビュー

鹿島店 ドライ部 チーフ
M.K
【出身】立命館アジア太平洋大学  アジア太平洋学部 卒
【年収】非公開
これが私の仕事 スーパーモリナガの仕掛け人
この仕事の面白さは「自分の仕掛けたアイデアが当たったときの快感」、
この仕事の喜びは「お客様との触れ合いから生まれる楽しい時間」ですね。
私はドライ部門という売上の大部分を占めている食品関係のチーフをしています。
具体的には、発注や商品管理や季節ごとの商品提案、企画ものなどを店舗で実施する仕事です。
各部門の担当からの話や日々の売れ筋などから、バイヤーが決めてきた商品をどう魅力的に、多くのお客様に知ってもらい買ってもらうか?を考えます。
売れる商品は各店舗によって変わります。だからこそ、ディスプレイをどうするか?
POPをどうつくるか?など、試行錯誤が必要です。
接客業のバイトにやりがいを感じていた、ディスプレイなどお店作りに興味がある学生はぜひ説明会に来てください。
 
だからこの仕事が好き!
一番うれしかったことにまつわるエピソード
好きなところはたくさんあります!ぜひ説明会に来て感じてください!
色んなアイデアを試すことができ、多くの人たちとの出会いがある仕事です。
もちろん接客業なので、自分のよかれと思ってやったことがうまく受け入れられず、悔しい思いをすることもあります。けれど、いつも来てくれるお客様に「お兄ちゃん」ではなく「古賀さん」と名前を覚えてもらったときの嬉しさは今でも忘れません。
夏にバイヤーが新しい商品としてサイダーを持ってきたとき、直感的に「売れる!」と感じました。普通に置くのではなく、氷を入れた容器に突っ込んでいかにも夏!をイメージした展示にし、試飲もしたら、これがなんと全店舗内で一番売れたんです!他のお店もこのディスプレイになったのは自慢ですね!
ルーティンな仕事ではなく、自分でやりたいようにでき、それを喜んでくれるお客様がいる、だから私はこの仕事が好きなんです。
 
ズバリ!私がこの会社を選んだ理由  ここが好き 地元・佐賀で人と接する仕事をしたいと思ったから
就活では「地元:佐賀」を軸に探していました。
もともと家の近くにスーパーモリナガがありましたが、就職先として意識したことはありませんでした。
ある会社のインターンシップに参加したとき、2週間缶詰めになって事務処理の仕事を体験し、「事務系の仕事は合ってないな。人と接する仕事がしたい」と感じたのです。
「地元」の他に「サービス業」という軸が出来て、出会ったのが当社・スーパーモリナガ。
佐賀には企業が少ない中で、当社は売上が伸び、成長している会社でした。
説明会に行き、先輩社員と話し、聞きたいことをたくさん聞き、それにちゃんと答えてくれる、そんな先輩たちと働きたいなと感じたところが、入社したいと思う決め手になりました。
 
これまでのキャリア 吉野ヶ里店ドライ部門(3ヶ月) ⇒ 唐津店(2年半) ⇒ 空港通り店生鮮部門 (4年目)

この仕事のポイント

仕事の中身 日常生活や身の回りで欠かせないモノやサービスを扱う仕事
仕事のスタイル 臨機応変な対応力が必要とされる仕事
仕事でかかわる人 一般消費者・利用者と接する仕事

先輩からの就職活動アドバイス!

ぜひ、先輩社員と会ってください!そして遠慮なく質問をするのがいいと思います。
私は先輩に質問したときのリアクションをシビアに見ていました。
不安を払拭しておいたほうが入社してからのミスマッチが起こらないと思います。
HPやパンフレットからでは分からないことも多いです。
やっぱり相性は会って話してみるべきだと思います!
就活上、嫌がられそうなことを聞いてもちゃんと答えてくれるか、などのリアルな声を感じてみてください。

株式会社スーパーモリナガの先輩社員

商品を見つけ、交渉し、仕入れる。モリナガの司令塔

ドライグロッサリー部 ドライ課 バイヤー
K.M
久留米大学 商学部

鮮魚部門のスペシャリスト。

N.I
崇城大学 工学部 エコデザイン学科

いうなれば、精肉部門の経営責任者。

本庄店 精肉部
A.I
佐賀大学 文化教育学部 人間環境課程

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になる 気になるリストに追加済 インターンシップ・仕事体験エントリー
閉じる
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
閉じる