広栄電設株式会社コウエイデンセツ
業種 電力・電気
建設/設備・設備工事関連/通信/エネルギー
本社 福島
インターンシップ・1day仕事体験の評価(-件)
  • 総合評価
  • -
  • 評価が高い項目
  • -

先輩社員にインタビュー

仙台営業所長兼監理次長
佐藤正一(37歳)
【出身】福島県立福島工業高等学校 電気科  最終学歴は高卒なのですが、意見が貴方(貴女)の参考になればうれしいです。 卒
【年収】非公開
これが私の仕事 電気工事に係る施工監理・施工現場間の人員調整等
会社が受注した建設現場内の電気工事に関する施主や元請建築・他種業者との打合せ・調整会議が月に数回有るのでワード・エクセル等で文書を、CADで図面を作成する等、会議資料の作成をしながら、担当建設現場の日々の進捗に合わせて資機材・人員の手配を行い、現場が円滑に進むよう、無理・無駄が少ない調整を心掛けてます。
又、私以外が担当している現場の人員の推移を他の担当者から聞き取りをして、必要な時期に必要な人員数が必要な現場に行けるように事前の調整を行っています。事務職を除く建設業は、現場によって場所や環境が変わる性質を持っている為、泊りがけ等現場の人員配置は、人員の技量を考慮した上で、子供がまだ小さい・介護等の理由で遠方仕事は難しい等、なるべく家庭環境に沿う配置をするように心がけてます。難しいけどね。
 
だからこの仕事が好き!
一番うれしかったことにまつわるエピソード
苦楽を共にした人たちとの打ち上げ、現場が終わってからも誘われる飲み会
入社して1年目は監理者1人で住宅担当をし、3~5年目も監理者1人で建築下請の官庁工事を経験し、6~9年目は他社の監理者も含め事務所内20人ほどの内の1人として宮城のアウトレット付属施設や駅前ビルの施工の一部を監理した時のプロジェクト成功に向けて進めていく感じはそれまで1人で監理する事が基本となっていた自分の経験からすると衝撃的な物でした。
他社の監理者とも仲良くさせていただき、現場の大きなイベント事が終了した際の打ち上げや工事完了した際の打ち上げ等店を貸し切ってやってみたり、規模が違うなぁ・・・なんて思ったりもしました。他社さんが仙台の業者さんだった為、今でもちょくちょく飲み会のお呼ばれが有るのは、当時いい仕事したな、と思うのと同時に、良い方々と出会えたってことが嬉しいです。
 
ズバリ!私がこの会社を選んだ理由  ここが好き 電気という物は世の中に絶対欠かせない物だと考えたから
高校を選ぶ時に、電気関連の仕事はどんな状況に陥っても絶対に無くならない仕事だと考え、工業高校に入り、第一・二種電気工事士の資格を取った。
就活する時に、大手電気工事会社だと転勤等で地元を離れる事が有ると考え、地元の企業で資格を生かすことのできる電気工事会社、という感じでこの会社を選びました。
最近は沖縄や石垣島等の国内が多くなってきましたが、社員旅行が海外というのも惹かれた所でした。入社して19年になりますが、グアムには4回行きました。ホテル街辺りは地理にもそこそこ詳しくなった気がしてます。
 
これまでのキャリア 設計監理(現職・今年で19年目)

この仕事のポイント

職種系統 施工管理
仕事の中身 生活基盤や社会インフラを作り上げる仕事
仕事のスタイル 臨機応変な対応力が必要とされる仕事
仕事でかかわる人 一般消費者・利用者と接する仕事
仕事で身につくもの 人を動かしたり、管理する能力が身につく仕事
特に向いている性格 使命感に燃えやすい人向きの仕事

先輩からの就職活動アドバイス!

私は高卒入社の為、大学での就職という物を完全に理解している訳ではないのですが、高校の就活は、「学校が」就職先を斡旋する印象、大学の就活は「個人が」自分の力で内定を取り、その中で入社を選択する事が出来る、「自由」という印象を持ちました。成人を超えての「自由」は何でも出来る反面、責任も付きまといますので、じっくり考慮した上で自分の選択に責任を持って入社する会社が貴方(貴女)にとってより良いのではないかと思います。就活頑張ってくださいね。

広栄電設株式会社の先輩社員

会社全体を纏める

代表取締役(元工事部・施工監理部)
Y・K
日本大学 工学部電気工学科

電気工事士 施設内の配線工事

工事二課
渡邉 蓮
東北電子専門学校 電気工事科

建設現場電気設備工事の監理業務

設計監理課
尾形文優
日本大学 工学部電気科

見積・積算業務

設計監理課
I・K
福島学院大学 短期大学部 情報ビジネス科

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になる 気になるリストに追加済 説明会・イベント予約 インターンシップ・仕事体験エントリー
閉じる
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
閉じる