株式会社タダノタダノ
  • 株式公開
業種 機械
輸送機器/自動車/商社(機械)
本社 香川
インターンシップ・1day仕事体験の評価50件~60件
  • 総合評価
  • 4.83 評価点数の画像
  • 評価が高い項目
  • 人事とのやりとり 4.74

先輩社員にインタビュー

生産技術部 生産技術グループ
近藤 学(31歳)
【出身】愛媛大学大学院  理工学研究科 卒
【年収】非公開
これが私の仕事 安全×品質×効率よくクレーンを製造する生産ラインを設計する仕事
建設用クレーンのブーム(クレーンの腕)の生産ライン設計、設備導入計画、生産準備を担当しています。現場作業者と連携しながら、どうすれば安全に高品質かつ効率よく生産できるかを考え、日々業務に励んでいます。新モデル生産時は、開発段階から生産現場の意見を伝え、より造りやすいクレーンの開発にも貢献しています。仕事をする上では、三現主義(現場・現物・現実)をモットーに日々レベルアップする事を心掛けています。
 
だからこの仕事が好き!
一番うれしかったことにまつわるエピソード
ブラジル新工場の立ち上げ。現地からの「オブリガード」に感動。
入社2年目にブラジル新工場の立ち上げ業務に携わりました。現地でクレーンを生産できるようにするため、最適生産の検討や生産準備、生産時の緊急対応など、知識が無い中で必死に図面を作成し、対応した記憶があります。時には、現地に出張し生産指導をしている作業者から21時頃(ブラジル時間は朝の9時頃)電話が掛かってきて、改善策を打合せすることもありました。それでも、開発担当者や工場スタッフ全員が協力してくれ、無事稼動にこぎつけた時は国を超えた一体感を感じることができました。実際に作業者から電話で「オブリガード(ポルトガル語でありがとう)」という言葉をもらったり、現地で生産したクレーンの写真を見たときの感動は今でも忘れられません。
 
ズバリ!私がこの会社を選んだ理由  ここが好き 人の温かさと、世界・社会に貢献できる製品開発に携わりたい。
社会に役立つものづくりに携わりたいと思い、複数エントリーした企業の1つがタダノでした。エントリーが遅かったにも関わらず、私一人のために説明会を開催していただきました。また、何事にも丁寧に、かつ気さくな説明で、アットホームな温かい会社だと感じました。工場見学で巨大なクレーンを間近に見た時、タダノであれば世界No.1のものづくりに携わることができ、それが世の中の役に立つことができると実感しました。入社前に抱いていたイメージと入社後のイメージにギャップはなく、自分の携わる製品がどこかでお役に立っているというやりがいを感じながら仕事をしています。
 
これまでのキャリア 生産技術(現職・今年で6年目)

この仕事のポイント

職種系統 生産・製造技術開発
仕事の中身 生活基盤や社会インフラを作り上げる仕事
仕事のスタイル 目標をきちんと予定通り進めることが必要な仕事
仕事でかかわる人 その道のプロと呼ばれる人と一緒に進める仕事
仕事で身につくもの 臨機応変な対応力が身につく仕事
特に向いている性格 信念を持って物事に取組むことのできる人向きの仕事

先輩からの就職活動アドバイス!

やりがいを感じられる仕事を見つける為に、興味のある業界にとことんチャレンジしてみて下さい。そうすれば、自分のやりたいことや足りない部分、優れている点が見えてくると思います。やりたいことが見つからない人は、幅広く社会を見れば、きっと興味の持てる仕事に出会えるはずです。とにかく、自分自身と向き合い、納得のいく就職活動にしてください。

株式会社タダノの先輩社員

クレーンのブーム、ジブ、シリンダーの設計を担当。

LE技術部 構造・解析ユニット
久米 香澄
岡山大学 工学部 システム工学科

サービスエンジニアとして、海外の代理店やお客様への技術支援を行う仕事。

海外サービス部 海外サービスG
大野 将志
中部大学 工学部 機械工学科

海外へのクレーンの販売、販促支援を担当しています。

戦略市場部拡販市場グループ
京谷 真伍
法政大学 国際文化学部 国際文化学科

ONE TADANOの実現に向けて。タダノのグローバル化を推進。

グローバル事業推進部 グローバル事業推進グループ
浅井 勇人
米国アラバマ州ジャクソンビル州立大学 コミュニケーション学部 パブリックリレーション学科

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になる 気になるリストに追加済 説明会・イベント予約 インターンシップ・仕事体験エントリー
閉じる
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
閉じる